スローライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スローライフ(Slow Life)とは、生活様式に関する思想の一つである。定義としては現代効率を追求した競争社会に囚われず、慎ましく自分の生きたいように生きること。その性質上農業機械を使わない自家製農業個人経営喫茶店などといった印象がある(世捨て人でなければ経済活動から完全に切り離される必要はない)。定年後の趣味といったイメージもされるが、近年は若くして首都圏から地方への移住も少なくない。

厳密に定義された言葉ではないことに注意が必要である。

スローフードからスローライフへ[編集]

1986年、マクドナルドがイタリアに進出し、ローマのスペイン広場に1号店を開いたが、アメリカ資本のファストフード店に対する反発は大きく、この際に起こった反対運動が、伝統的な食文化を評価するスローフード運動に発展した。やがて食文化のみでなく、生活様式全般やまちづくりを見直す動きに広がった。

日本におけるスローライフ[編集]

日本で「スローライフ」という言葉が使われるようになったのは2001年頃からである。川島正英(地域活性化研究所)や筑紫哲也(ジャーナリスト)らが「スローライフ」について模索していたところ、川島の話を聞いた掛川市榛村純一市長が「スローライフシティー」を公約に掲げて再選を果たした(2001年)。2002年11月、掛川市で「スローライフ月間」が開かれ、12月のシンポジウム「スローライフのまち連合を結成しよう」には、掛川市、湖西市、岐阜市、多治見市(岐阜)、安塚町(新潟)、立川町(山形)、柳井市(山口)が参加した[1]。 その後、「スローライフ月間」は各地で開催されるようになり、「ゆっくり、ゆったり、心ゆたかに」を掲げるスローライフ・ジャパン(川島正英理事長)が設立された。

これをまちづくりに応用した思想は、「ニューアーバニズム」とも言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 筑紫哲也「スローライフ」岩波新書

関連項目[編集]