エスワティニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エスワティニ王国
Umbuso weSwatini (スワジ語)
Kingdom of Eswatini (英語)
エスワティニの国旗 エスワティニの国章
国旗 国章
国の標語:Siyinqaba
(スワジ語: "我々は巨大な要塞なり")
国歌おお神よ、スワジに祝福を与えたまえ
エスワティニの位置
公用語 スワジ語英語
首都 ムババーネ
最大の都市 マンジニ
政府
国王 ムスワティ3世
首相英語版 アンブロセ・マンドゥロ・ドラミニ
面積
総計 17,363km2153位
水面積率 0.9%
人口
総計(2012年 1,070,000人(152位
人口密度 67人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 234億[1]リランゲニ
GDP(MER
合計(2008年 28億[1]ドル(143位
GDP(PPP
合計(2008年57億[1]ドル(145位
1人あたり 5,635[1]ドル
独立
 - 日付
イギリスより
1968年9月6日
通貨 リランゲニSZL
時間帯 UTC +2DST:なし)
ISO 3166-1 SZ / SWZ
ccTLD .sz
国際電話番号 268

エスワティニ王国(エスワティニおうこく)、通称エスワティニは、アフリカ南部に位置する絶対君主制国家イギリス連邦加盟国のひとつで、周囲を南アフリカ共和国モザンビークに囲まれた内陸国[2]。首都はムババーネである。

国名[編集]

正式名称は英語で、Kingdom of Eswatini(キングダム・オブ・エスワティーニ)。通称、Eswatini。国民・形容詞とも Swazi と表記。1968年に独立したがイギリス領時代の国名を変更せずそのまま継続した経緯があった。[2]

日本語の表記はエスワティニ王国、通称はエスワティニ

1968年9月6日にイギリスより独立した際の国名はスワジランド王国 (Kingdom of Swaziland) で、これは「スワジ人の国」という意味から付けられた。しかし現地語である「スワジ」と英語の「ランド」を掛け合わせた言葉であるために一部の国民からの不満があったことを受けて[2]、2015年からスワジ議会でも国名変更について審議された[2]。2018年4月19日、国王のムスワティ3世マンジニで執り行った独立50周年記念式典での演説に於いて「私はこの国の名前を元に戻す」として、国名を現地語に則り「エスワティニ王国(Kingdom of Eswatini)」と改めることを宣言した。これはスワジ語で「スワジ人の場所」という意味になる[2]

日本国の法令上の変更については、2019年2月12日に閣議決定し、国会に提出された法案[3]により「エスワティニ」で変更されることになった[4]

歴史[編集]

独立前[編集]

スワジ人は18世紀までングニ人から分化しておらず、現在のナタール地方に居住しており、ングワネ人と名乗っていた。しかし19世紀初頭に南のンドゥワンドウェ人に敗れるとソブーザ族長は北上を決断し、現在のエスワティニの地に定着した。エスワティニは肥沃で降雨の多い土地であり、さらに南のズールー王国によるムフェカネ(大壊乱)と呼ばれる侵略戦争をやり過ごすことに成功したため、ングワネ人は勢力を拡大していった。ソブーザの息子であるムスワティの代にングワネは全盛期を迎え、この時期に民族名もムスワティの名を取ってスワジ人と名乗るようになった[5]。この時期、スワジ王国はズールー王国を共通の敵とするボーア人トランスヴァール共和国とも、イギリス人のナタール植民地とも友好関係を維持していた。しかし1875年にムスワティが死去してムバンゼニ王の代となり、さらにズールー王国が1879年のズールー戦争によって消滅すると、対抗勢力の存在が不要となったため、白人が急速に進出してあらゆる利権を抑え、独立は有名無実となった。1895年にはトランスヴァールがスワジランドを保護国としたものの、まもなく第二次ボーア戦争によってトランスヴァールが消滅すると、1902年にスワジランドはイギリスの保護国となった[6]

イギリスの保護領としてのスワジランドは、常に隣国である南アフリカ連邦の脅威にさらされていた。1910年にイギリス自治領として成立した南アフリカは、憲法においてスワジランドをはじめとする近隣区域の連邦編入を可能とする条項が存在しており[7]、保護領期を通じてスワジランドの編入をイギリスに求め続けた[8]。一方、内政面では王政は維持され、間接統治が行われていた。イギリス統治期のスワジランド国王は、1899年に生後4ヶ月で即位したソブーザ2世だった。ソブーザの在位は1982年までの82年間にもおよび[9]、当初は摂政が政治を執っていたものの、成人すると自らが政治を執るようになった。ソブーザは国内の白人利権、特に鉱業利権の奪回を目指したものの成功せず[10]、独立直前の1960年代でも国土の62%が白人の土地となっていた[11]。1960年代に入ると独立に向けた動きが始まり、1964年には議会選挙が行われたが[12]、ソブーザは王党派政党であるインボコドボ国民運動(INM)を組織して選挙で圧勝し、全議席を獲得して政治に強い影響を及ぼすようになった[13]

独立後[編集]

1968年、スワジランド王国は立憲王国として独立した[14]。立憲制とはいえ議会を掌握するソブーザは意のままに政治を動かしたものの、1972年5月の総選挙ではインボコドボ国民運動が勝利したが立憲主義のングワネ民族解放会議(NNLC)も議席を獲得したため、翌1973年にソブーザは議会を解散し、憲法廃止の上で政党活動を禁止して絶対君主制を敷いた[15]。1978年には新憲法が公布されるものの議会は形式的なものにとどまり、政党も禁止され、王の強い権力は維持された[16]。一方、ソブーザの統治下では白人からの土地の回収や工業開発が進み経済は向上を見せた。1982年2月には南アフリカとの間で秘密協定が結ばれ、国内のアフリカ民族会議(ANC)構成員を追放する代わりに、スワジ人のホームランドであるカングワネ・ホームランド全域、およびクワズールー・ホームランドの一部を割譲して[17]内陸国スワジランドが海岸部まで領土を拡張することが取り決められた[18]。これを受けてスワジランド国内で取り締まりが行われたものの[19]、領土割譲はホームランド側の強硬な反対によって立ち消えとなった[20][21]

1982年8月にソブーザが死去すると王位継承を巡る争いが起き、翌年にヌトンビ王妃が勝利して息子のマホセティベ王子が皇太子となり、1986年にムスワティ3世として即位した[22]

ムスワティは1993年に議会公選制を復活させ総選挙を行ったものの、政党は依然として禁止されていた。このため1990年代には民主化を求める声が高まり数度のゼネストが行われ、2006年には新憲法が発布されたものの政党禁止は維持された[23]。2018年には国号をスワジランドからエスワティニへと変更した。

政治[編集]

第8代国王ムスワティ3世

エスワティニは国王国家元首とする君主国で、「アフリカ最後の古王国」と呼ばれることがある[24]ように、形式的には立憲君主制だが実際には憲法で国王の強大な権力が保障されており、政府の要職の多くも王家が占めるなど絶対君主制の様相を呈している。現行憲法は2005年7月に制定され、2006年2月8日に施行されたもの。

国王の位はドラミニ家英語版により世襲されており、司法立法行政三権の上に立ち軍隊統帥権を持つ。国王の輔弼機関として王室諮問評議会が存在し、国王が幼少や病弱などの理由で政務を執る事が出来ない場合は王室の中から摂政が任命され、国王の権限を代行する。現国王ムスワティ3世は1986年に即位した。

行政府たる内閣首相により率いられる。首相は国王が王室諮問評議会の助言をもとに下院議員の中から任命し、閣僚は首相の助言に基づき国王が任命する。首相職はスワジランド独立前年の1967年5月16日より存在する役職だが設置以来、ドラミニ家の人物が就任している(一時的な首相代行者は除く)。政府の要職もドラミニ家の人物か、もしくはそれに極めて近い人物に割り当てられている。

立法権は国王に属している。だが、リバンドラと呼ばれる両院制議会が存在し、国王の立法における諮問機関としての役割が与えられている。リバンドラは上院と下院により構成される。上院は定数30議席で、うち20議席が国王による任命枠、残り10議席は下院による選出枠である。下院は定数82議席だがそのうち12議席は現在空席となっており、実際には70議席で運営されている。55議席は民選枠、残り10議席は国王による任命枠、4議席は女性議員枠、1議席は司法長官の議席である。両院とも任期は5年。

下院選挙55議席の民選枠はエスワティニを構成する4地方(地方行政区分の項目参照)が選挙区割りとなっており、マンジニ地方に16議席、ホホ地方に14議席、シセルウェニ地方に14議席、ルボンボ地方に11議席が割り振られている。同様に女性議員枠も、4地方から各1名ずつが選出される。政党活動は認められておらず[25]、候補者はすべて無所属での立候補となる。

司法機関は上級裁判所最高裁判所を頂点としており、両裁判所とも裁判長は国王により任命される。

首都のムババーネには政府機関、上級裁判所、最高裁判所が存在し、王宮とリバンドラはロバンバにある。

地方行政区分[編集]

エスワティニの地図

エスワティニの地方行政区分は、北部のホホ(Hhohho)、中部のマンジニ(Manzini)、南部のルボンボ(Lubombo)、そして東部のシセルウェニ(Shiselweni)の4地方(District)に分けられている。

主要都市[編集]

最大都市は国土のほぼ中央にある交通の要衝で商工業の中心地であるマンジニである。マンジニはミドルベルトに位置し、周囲は農牧地帯となっている。次いでハイベルトにある行政首都のムババーネが大きいが、ムババーネは都市圏人口でも65000人(2014年)程度である[26]。立法の首都であるロバンバには王宮が置かれているものの、人口は10000人程度である。

地理[編集]

エスワティニの風景
エスワティニの標高図

内陸国で、西部には標高1800m以上の山地が広がる。地形は全般に西の高地から東の低地へと傾斜しており、もっとも標高の低い東端地域では標高150m程度にまで高度が下がる。降水量は標高とほぼ比例し、西部は年間降水量が1900mmにのぼる地域があるのに対し、東部の雨量は500mm程度にすぎない[27]

降雨量と標高により、国土は西から東にかけてハイベルト、ミドルベルト、ローベルトの3つに大きく分けられる。西部のハイベルトはドラケンスバーグ山脈の一部であり、標高1000m以上で雨量も1100mm以上と恵まれているものの[27]、気候がほぼ温帯に属するため[28]熱帯植物のプランテーションは開かれず、大規模な植林が進められている地域である[27]。中部のミドルベルトは標高400m以上の地域であり、穀物栽培と畜産が行われ[27]、柑橘類の農園が存在し、亜熱帯性の気候で[29]雨量は750mm以上である[27]。東部のローベルトは降水量が500mm以上と少なく乾燥しており[27]、熱帯性の気候で[30]、主に牧草地となっており牧畜が盛んであるほか、灌漑が行われている地域ではサトウキビなどのプランテーションが開発されている[27]。また東端にはルボンボ山地が南北に走っている。ルボンボ山地西側は急崖をなしており[31]、また気候と降水量はミドルベルトとほぼ同じである[32]。植生は、山地の森林を除いてはほぼ全土で草原が卓越しており、ところどころに低木も存在する[33]

国自体の起伏が激しい上に降水量が多いため、植生が豊かで風景は変化に富んでいる。国土には東西に北からコマチ川ムブルジ川ウスツ川英語版イングワブマ川英語版の4つの大きな河川が流れ、国土を潤している[27]

経済[編集]

エスワティニ経済は各種産業がバランスよく開発され、多角化している。2019年の国内総生産は44億ドル(2019年)[34]、2019年の一人当たり国民所得は3590ドル[35]である。南部アフリカ関税同盟に加盟しているため、南アフリカなど加盟諸国間の貿易は無関税であり、また域外諸国からの関税を共通徴収している。同盟からの分配金はエスワティニ財政にとって非常に重要であり、1999年にはこの分配金が国家歳入の50%を占めた[36]。通貨はリランゲニ(リランジェニ)で、複数形ではエマランゲニ(エマランジェニ)と呼ばれるが、南アフリカ・ランドと等価であり[37]、事実上ランド通貨圏に含まれている。

農業[編集]

農業分野で最も重要なものはサトウキビであり、砂糖の輸出は総輸出の15.8%(2007年)を占めている[38]。かつて、エスワティニのサトウキビ生産は1997年には総農業生産の86.6%を占め、単一作物による輸出偏重農業となっていたが、この時期でも農産品輸出は総輸出の31.2%にすぎず、モノカルチャー経済というわけではなかった[39]。さらにその後、柑橘類などほかの商品作物栽培の成長によってサトウキビの重要性は減少傾向にある。サトウキビは低地にあるプランテーションで主に栽培されている。これに対し、グレープフルーツオレンジレモンといった柑橘類やパイナップルはミドルベルトの産物である[40]。大農園で行われるこうした輸出農業に対し、農民の多くは自給農業を営んでいる。トウモロコシが全土で栽培される一方、ミドルベルトではソルガムも栽培され、またタバコ綿花も栽培される[41]牧畜も全土で行われている。また林業も盛んで、ハイベルトを中心に世界有数の植林による森林が広がっており、ユーカリが主に産出される[42]

エスワティニは植民地時代に白人の経済進出が激しかった地域であり、独立直前の1960年代には国土の62%が白人の土地となっていた[43]ものの、その後王室が徐々に土地の買い戻しを進め、1990年代には31%にまで白人所有地は減少した[44]。主に白人所有地では大規模なプランテーションによる輸出志向農業が行われ、スワジ人の所有地では小規模な自給農業が営まれている[45]

鉱業[編集]

鉱業分野は、以前は大きな割合を占めていたものの、他分野の成長や鉄鉱石資源の枯渇、石綿市場の縮小などからほとんど重要性を失っている。かつて北西部のヌグウェニャ鉄鉱石鉱山があり、最盛期には年間100万から300万tの鉄鉱石を産出して[46]スワジランド経済の柱となっていたが、1970年代末に枯渇して閉山した[47]。また、北西部に石綿の大鉱床が存在し、1959年には総輸出の47%を占めて最大の輸出品となっていたが[48]、健康への影響から世界的に使用が急減したため、産出量も減少した。そのほかは石炭生産が行われている程度である。

工業[編集]

エスワティニの工業分野はアフリカではかなり大きく、第二次産業の従事者は労働人口の27.9%(2005年)を占める[49]。この工業の発展は南アフリカアパルトヘイトが実施されていた時代にさかのぼる。この時期、経済制裁を潜り抜けるために南アフリカの企業が進出し、工業生産や貿易を行っており、アパルトヘイト撤廃後も工業分野は成長を続けた[50]。この時期エスワティニで成立した産業は同国の農業資源に立脚した精糖業などの食品工業とパルプ工業が中心であった[27]。さらにその後、飲料工業や繊維工業も成長した[51]

その他[編集]

旧保護領時代から、南アフリカへの主に鉱山労働者の出稼ぎが行われ、同国への労働力供給源の一つとされてきたものの、自国にいくつかの産業が存在することから近隣諸国に比べ出稼ぎへの依存は少なく[52]、出稼ぎ労働者も減少傾向にある[53]。植生が豊かで風光明媚であることから観光客も多く訪れる[54]

交通[編集]

鉄道は、南アフリカの鉄道と連絡して国土東部ジャネイニからラブミサまで縦断する路線と、途中のムパカからモザンビーク国境へ抜ける路線、それにプズモヤから中央部のマツァパまで伸びる路線からなり、総延長は301㎞である。鉄道利用はエスワティニ国内貨物と関係ない貨物通過輸送が大半を占め、なかでも南北縦断線は南アフリカ北部のトランスヴァール地方から同国の主要貿易港であるダーバン港へと抜ける短絡線となっているため、特に輸送が多い[55]。空運はマンジニ近郊にあるマツァパ国際空港が使用されてきたが、規模が小さかったために、2014年にキング・ムスワティ3世国際空港がマンジニの東に開港した。しかしこの空港建設に関しては、予想される利用量に対し過大かつ無用な投資であるとの批判が起きた[56]

国際関係[編集]

隣国である南アフリカとの関係が非常に重要である。南アフリカを中心とする周辺諸国とは南部アフリカ関税同盟を結んでおり、ここからの収入が財政に大きな比重を占めるほか、経済的にも同国の経済圏に包含されており、南アフリカの企業がアパルトヘイト時代から多数エスワティニに進出し経済的に大きな割合を占めているほか[57]、2007年データでは輸出入ともおよそ8割が対南アフリカとなっている[58]

エスワティニは、2018年時点でアフリカで唯一中華民国台湾)と外交関係を持つ(同時に中華人民共和国と外交関係を持たない)国である[59]

日本との関係[編集]

  • 在留日本人数 - 14名(2017年10月現在、外務省)[60]
  • 在日エスワティニ人数 - 16名(2018年10月現在、法務省)[61]

エスワティニは日本に大使館を有しておらず、在マレーシア大使館が兼摂している。また在エスワティニ日本大使は在南アフリカ大使が兼摂している[62]。貿易はスワジランドの大幅な入超である。日本への輸出品で最も大きなものはグレープフルーツであり、2016年には同国の日本への輸出の21.0%を占めていた[63]

国民[編集]

伝統的なダンスを踊るスワジ人のグループ

人口[編集]

エスワティニの人口は、独立前の1963年に28万3000人だった[64]ものが1986年には67万人[65]、2017年には136万人にまで増加した[66]

民族[編集]

最大民族のスワジ人が82.3%(2000年)占めており、多数派となっている。その他にズールー人や非アフリカ人もわずかにいる[67]

言語[編集]

公用語はスワジ語(シスワティ)と英語である[68]

宗教[編集]

宗教は、プロテスタントが35%、キリスト教と混合した現地宗教が30%、ローマ・カトリックが20%などとなっている[69]

教育[編集]

2015年の識字率は87%である[70]。高等教育機関としては、1976年に設立されたボツワナ・スワジランド大学が1982年に分離して成立した国立エスワティニ大学がある。教育制度は小学校7年・中学校3年・高校2年である[71]

保健[編集]

エイズ蔓延と治安の悪化による影響で2016年の平均寿命は男55.1歳・女59.9歳[72]、2010年の15〜49歳のHIV感染率は約27.4%(25.2%–29.3%)である[73]。詳細についてはスワジランドにおけるHIV/AIDSを参照のこと。

文化[編集]

エスワティニは祭りや伝統衣装などの古い文化習慣をある程度残している[74]。毎年8月から9月にかけて行われるリード・ダンス(スワジ語ではウムランガ(Umhlanga))と呼ばれる祭りは、未婚で子供のいないスワジ人の少女たちがをもって王の元へ歌い踊りながら行進するものであり、一大行事となっている[75][76]

エスワティニでは一夫多妻制が認められていて、現国王のムスワティ3世は2013年時点で14人の妻を娶っている[77]。前代の国王であったソブーザ2世(1899年 - 1982年)も70人の妻を娶り、そこから生まれた王子・王女は210人にもおよんだ[78]

スポーツ[編集]

エスワティニはオリンピックには1972年ミュンヘン大会で初出場し、1984年以降は選手団を連続出場させているものの、メダルを獲得したことはない。サッカーエスワティニ代表はロバンバにあるソムホロロ国立競技場をホームグラウンドとしており、FIFAワールドカップアフリカネイションズカップとも本大会出場経験はない。

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
9月6日 独立記念日[79]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月18日閲覧([1]
  2. ^ a b c d e "スワジランド、国名を「エスワティニ」に 英語排除し現地語回帰". AFP BB NEWS Japan. 株式会社クリエイティヴ・リンク. 2018-04-20. 2018年4月20日閲覧
  3. ^ 在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の一部を改正する法律案
  4. ^ 第198回国会提出法律案一覧
  5. ^ 「世界の歴史6 黒い大陸の栄光と悲惨」p251-253 山口昌男 講談社 1977年4月20日第1刷発行
  6. ^ 「南アフリカの歴史」p237-238 レナード・トンプソン著、宮本正興・峯陽一・吉国恒雄訳、明石書店 1995年6月20日第1刷発行
  7. ^ 「南アフリカの歴史」p2738 レナード・トンプソン著、宮本正興・峯陽一・吉国恒雄訳、明石書店 1995年6月20日第1刷発行
  8. ^ 「南アフリカの歴史」p372 レナード・トンプソン著、宮本正興・峯陽一・吉国恒雄訳、明石書店 1995年6月20日第1刷発行
  9. ^ https://www.sankei.com/life/news/180816/lif1808160011-n1.html 「【王位継承物語】15人の妃と23人の子供、国民と生活乖離 エスワティニ「象徴」の資質 関東学院大教授・君塚直隆」産経新聞 2018.8.16 2020年4月29日閲覧
  10. ^ 「世界現代史13 アフリカ現代史1」p242 星昭・林晃史 山川出版社 1992年8月20日2版1刷発行
  11. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p396 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  12. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.303、朝倉書店 ISBN 4254166621
  13. ^ 『アフリカを知る事典』p.231 平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷
  14. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.303、朝倉書店 ISBN 4254166621
  15. ^ 「世界現代史13 アフリカ現代史1」p243 星昭・林晃史 山川出版社 1992年8月20日2版1刷発行
  16. ^ 『アフリカを知る事典』p.231 平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷
  17. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、370ページ ISBN 4-7947-0523-9
  18. ^ 「南部アフリカ政治経済論」p134 林晃史 アジア経済研究所 1999年4月15日
  19. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.303、朝倉書店 ISBN 4254166621
  20. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、370ページ ISBN 4-7947-0523-9
  21. ^ 「南部アフリカ政治経済論」p134 林晃史 アジア経済研究所 1999年4月15日
  22. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.303、朝倉書店 ISBN 4254166621
  23. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eswatini/data.html 「エスワティニ王国 基礎データ」日本国外務省 令和2年3月11日 2020年4月28日閲覧
  24. ^ https://mainichi.jp/premier/business/articles/20190308/biz/00m/020/018000c 「最後のアフリカ古王国「エスワティニ」の意外な繁栄」藻谷浩介 毎日新聞 2019年3月11日 2020年4月28日閲覧
  25. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eswatini/data.html 「エスワティニ王国 基礎データ」日本国外務省 令和2年3月11日 2020年4月27日閲覧
  26. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成30年1月10日発行
  27. ^ a b c d e f g h i 「週刊朝日百科世界の地理109 南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」朝日新聞社 1985年11月24日 p11-244
  28. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621
  29. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621
  30. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621
  31. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621
  32. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p136 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  33. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621
  34. ^ [2]
  35. ^ [3]
  36. ^ 「南アフリカとの密接な経済関係」西浦昭雄/池谷和信編著 『ボツワナを知るための52章』 明石書店 2012年 159-160ページ
  37. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621
  38. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成30年1月10日発行
  39. ^ 平野克己 『図説アフリカ経済』日本評論社、2002年4月。32-34頁。ISBN 978-4-535-55230-2
  40. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p137 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  41. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p136 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  42. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.305、朝倉書店 ISBN 4254166621
  43. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p396 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  44. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p136-137 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  45. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.305、朝倉書店 ISBN 4254166621
  46. ^ 「週刊朝日百科世界の地理109 南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」朝日新聞社 昭和60年11月24日 p11-237
  47. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.306、朝倉書店 ISBN 4254166621
  48. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p396 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  49. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成30年1月10日発行
  50. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.306、朝倉書店 ISBN 4254166621
  51. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成30年1月10日発行
  52. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p136-137 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  53. ^ 「移民」佐藤誠/「南アフリカを知るための50章」p325 峯陽一編著 明石書店 2010年4月25日初版第1刷 
  54. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000477793.pdf 「アフリカ各国トピックス エスワティニ」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年4月29日閲覧
  55. ^ 「世界の鉄道」p373 一般社団法人海外鉄道技術協力協会著 ダイヤモンド・ビッグ社 2015年10月2日初版発行
  56. ^ https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/01/post-3168.php 「王様の夢だった空港に飛んでくるのは閑古鳥」ニューズウィーク日本版 2014年1月29日 2020年4月30日閲覧
  57. ^ 「南部アフリカ政治経済論」p209 林晃史 アジア経済研究所 1999年4月15日
  58. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284-285 二宮書店 平成30年1月10日発行
  59. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3176178?cx_part=search 「台湾と断交のブルキナファソ、中国と国交樹立」AFPBB 2018年5月27日 2020年4月27日閲覧
  60. ^ 外務省 エスワティニ基礎データ
  61. ^ 外務省 エスワティニ基礎データ
  62. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/eswatini/data.html 「エスワティニ王国 基礎データ」日本国外務省 令和2年3月11日 2020年4月27日
  63. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p285 二宮書店 平成30年1月10日発行
  64. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p396 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  65. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.230
  66. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成30年1月10日発行
  67. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成30年1月10日発行
  68. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成28年1月10日発行
  69. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成28年1月10日発行
  70. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p284 二宮書店 平成28年1月10日発行
  71. ^ https://openjicareport.jica.go.jp/pdf/11955069.pdf 「レソト王国・スワジランド王国教育プログラム準備調査報告書」p37-38 独立行政法人国際協力機構 2009年4月 2020年4月30日閲覧
  72. ^ WHO Life expectancy and Healthy life expectancy Eswatini Data by country 220年3月26日閲覧 [4]
  73. ^ WHO Swaziland statistics summary (2002 - present)  2020年3月26日閲覧 [5]
  74. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000477793.pdf 「アフリカ各国トピックス エスワティニ」日本国外務省 令和元年8月23日 2020年4月29日閲覧
  75. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2512959?cx_part=search 「南部アフリカ・スワジランドで、処女7万人が国王に捧げるダンス」AFPBB 2008年9月2日 2020年4月28日閲覧
  76. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3058859?cx_part=search 「王の花嫁選びの伝統儀式「リードダンス」、スワジランド」AFPBB 2015年8月31日 2020年4月28日閲覧
  77. ^ 交通事故で王の花嫁候補38人が死亡し、スワジランドafpbb、2016年10月10日閲覧。
  78. ^ Swaziland National Trust Commission. “Succession In Swazi Kingship”. Sntc.org.sz. 2013年11月28日閲覧。
  79. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.301、朝倉書店 ISBN 4254166621

関連項目[編集]

  • エスワティニ関係記事の一覧英語版
政府
日本政府
観光