スンガイコーロック駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スンガイコーロック駅
スンガイコーロック駅
スンガイコーロック駅
สุไหงโก-ลก
Sungai Kolok
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
ナラーティワート県
スンガイコーロック郡
駅番号 4432
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
電報略号 โล.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1921年9月17日
乗入路線 2 路線
所属路線 南本線
キロ程 1142.99km(旧トンブリー起点)
コックサヤ (5.85km)
所属路線 マレー鉄道スンガイ・コーロック支線*
キロ程 0.00km(スンガイコーロック起点)
(?km) ランタウ・パンジャン
備考 * 封鎖中
テンプレートを表示

スンガイコーロック駅(スンガイコーロックえき、タイ語:สถานีรถไฟสุไหงโก-ลก)は、タイ王国南部ナラーティワート県スンガイコーロック郡にある、タイ国有鉄道南本線である。

概要[編集]

スンガイコーロック駅は、タイ王国南部ナラーティワート県の、人口約7万5千人が暮らすスンガイコーロック郡にあるタイ国有鉄道南本線終着駅であり、タイ最南端の駅である。旧トンブリー駅より1142.99km地点に位置する。当駅に到着するバンコク発着の列車は全てクルンテープ駅発着であり、その乗車距離は1159.04kmにおよび、タイ国鉄が運行する最長距離列車である。乗車時間は特急列車利用で19時間50である。

一等駅であり、1日に14本(7往復)の列車が発着しその内訳は、特急1往復、快速2往復、普通4往復である。線路は当駅より東方向、すなわちタイ=マレーシア国境に向けて伸びており、さらに国境を越えてマレーシア領内を東に進み、マレー鉄道イースト・コースト線パシール・マス駅まで繋がっている。かつては国境を超え、タイとマレーシアを結ぶ列車も運行されていたが、現在では国境を跨いで運行される国際列車は旅客・貨物ともに存在しない。そのため鉄道での国境は封鎖されているが、タイ側の路盤は良好に整備されている。一方、マレーシア側の路盤は雑草や潅木が生い茂り、荒廃を極めている。 列車での越境はできなくなったが、道路を使用してのそれは可能でありマレーシアとの貿易でにぎわっている。当駅は町の中心部にあるため、交通の利便性は良い。

歴史[編集]

1921年9月17日南本線最後の開業区間であるタンヨンマット駅 - 当駅間の開業により南本線の完成を見た[1]

  • 1921年9月17日 【開業】タンヨンマット駅 - スンガイコーロック駅 (43.49km)

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

主要列車[編集]

上り[編集]

  • スンガイコーロック駅 - クルンテープ駅(1159.04km): 第38寝台特急列車(全行程19時間50分)(表定速度58.4km/h
  • スンガイコーロック駅 - クルンテープ駅(1159.04km): 第172快速列車(全行程21時間45分)(表定速度53.3km/h)

下り[編集]

  • クルンテープ駅 - スンガイコーロック駅(1159.04km): 第37寝台特急列車(全行程20時間10分)(表定速度57.5km/h)
  • クルンテープ駅 - スンガイコーロック駅(1159.04km): 第171快速列車(全行程21時間45分)(表定速度53.3km/h)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)p.80

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 杉本聖一 『魅惑のタイ鉄道』 (玉川新聞社、2000年)ISBN 4-924882-29-1
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]