スヴァルトアールヴヘイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スヴァルトアールヴヘイムスヴァルトアルフヘイム[1]スヴァルトアールヴァヘイム[2]スヴァルタールヴァヘイム[3]とも。古ノルド語: Svartálfaheimr)とは、北欧神話で、スヴァルトアールヴ(またはドヴェルグ)たちが住むとされている世界である。

スヴァルトアールヴヘイムは、しばしば、北欧神話の世界観である「九つの世界」の1つに数えられる[1]スノッリの『散文のエッダ』第34章に登場する。アース神族が狼のフェンリルを縛るための足枷グレイプニルを入手するためにフレイの召使いのスキールニルをスヴァルトアールヴヘイムに送っている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『北欧の神話』26頁。
  2. ^ 『北欧神話・宇宙論の基礎構造 巫女の予言の秘文を解く』(尾崎和彦著、白凰社〈明治大学人文科学研究所叢書〉、1994年、ISBN 978-4-8262-0077-6)などにみられる表記。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』249頁。
  4. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』249-250頁。

参考文献[編集]

  • V.G.ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年、ISBN 978-4-10-313701-6。
  • 山室静『北欧の神話 神々と巨人のたたかい』筑摩書房〈世界の神話 8〉、1982年、ISBN 978-4-480-32908-0。