スヴェトラーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

スヴェトラーナ(スベトラーナ、スヴィェトラーナ)は、スラヴ系女性名前である。「明かり」や「聖なるもの」を意味する。ギリシャ語の名前のスラヴ語訳から作られた。名の日3月11日8月30日20世紀に入ってからロシアウクライナベラルーシブルガリアで大流行している名前である。

  • ウクライナ語ではスヴィトラーナ(Свiтланаスヴィトラーナ)となる。愛称・略称形スヴィータ(Світаスヴィータ)など。 ラテン文字表記は、SvitlanaSwitlanaSvitłanaなど。
  • クロアチア語ボスニア語などではスヴィエトラーナSvjetlana )となる。
  • セルビア語セルビア・クロアチア語ではスヴェトラーナСветланаSvetlana)。愛称はツェツァЦецCeca)など。
  • チェコ語ではスヴィェトラナ(Světlanaスヴィェトラナ)となる。
  • ブルガリア語ではスヴェトラーナ(Светланаスヴェトラーナ)となる。ラテン文字表記は、SvetlanaSwetlanaなど。愛称はツェツァЦеца)など。
  • ベラルーシ語ではスヴャトラーナ(Святланаスヴャトラーナ)となる。ラテン文字表記は、SvyatlanaSvjatlanaSviatlanaSwyatlanaSwjatlanaSwiatlanaなど。
  • ポーランド語ではシフィェトラナ(Świetlanaシフィェトラーナ)またはスフィェトワナ(Swietłanaスフィェトワーナ)となる。
  • ロシア語ではスヴェトラーナ(スヴィェトラーナ;Светланаスヴィトラーナ)となる。愛称・略称形はスヴェータ(スヴィェータ;Светаスヴィェータ)など。ラテン文字表記は、SvetlanaSwetlanaSvietlanaなど。

人物

  • 聖スヴェトラーナ - ロシア正教聖女。別名フォティーナ(Фотинаファチーナ)とも呼ばれるが、これはもとのギリシャ語名Photineから来ている。スヴェトラーナはそのスラヴ語訳。聖フォティーナは、ローマ帝国皇帝ネロの迫害を受けて殉教した聖女である。
  • スヴェータ_(歌手) - ロシアの歌手。
  • ツェツァ - セルビアの歌手。

艦船

その他