スヴォボードヌイ (駆逐艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベシュシュームヌイ
スヴォボードヌイ
1942年4月、セヴァストーポリにて撮影された
スヴォボードヌイ
艦歴
ベシュシュームヌイ
Бесшумный
起工 1936年8月23日 第200工場
再起工 1938年
進水 1939年2月25日
スヴォボードヌイ
Свободный
改称 1940年9月25日
竣工 1942年1月2日
所属 Red Army flag.svg 赤色海軍黒海艦隊
沈没 1942年6月10日
要目
艦型 7U号計画型
艦種 駆逐艦
工場番号 1074
排水量 基準排水量 1850 t
通常排水量 2150 t
満載排水量 2400 t
全長 112.5 m
全幅 10.2 m
喫水 4.2 m
機関 蒸気タービンGTZA-24 2 基
60000 馬力
ボイラー 4 基
速力 最大速度 39.6 kn
巡航速度 20 kn
航続距離 1400 /20 kn
乗員 士官 15 名
水兵 192 名
武装 50口径130 mm単装B-13-2 4 基
55口径76 mm単装高角砲34K 3 基
46口径45 mm単装高角砲21K 3 基
67.5口径37 mm単装高角砲70K 7 基
12.7 mm連装機銃DShK 4 基
533 mm3連装魚雷発射管1-N 2 基(53-38魚雷を使用)
大型爆雷B-1 10 個
小型爆雷M-1 20 個
爆雷投射機BMB-1 2 基
機雷 KB:58 個
または1926年型:62 個
パラヴェーン 4 基
装甲 なし

スヴォボードヌイ(ロシア語:Свободныйスヴァボードヌィイ)は、ソ連で建造された駆逐艦(艦隊水雷艇Эскадренный миноносец)である。艦名は、「自由な」といった意味のロシア語の形容詞である。

概要[編集]

建造[編集]

スヴォボードヌイは、7号計画によって建造される駆逐艦の1 隻として、1936年8月23日ニコラーエフの第200工場(現在の61コムナール記念造船工場)で起工された。工場番号では第1074艦、当初の名称は「音のしない、雑音のない」という意味のベシュシュームヌイ(Бесшумныйビシュームヌィイ)であった。

しかしながら、7号計画にはトップヘビーなどの性能上の重大な欠陥があり、改設計を経た7U号計画型として再度起工され直すことが決定された。その結果、プロゾルリーヴイは7U号計画型駆逐艦の16番艦として1938年に再起工、1939年2月25日進水した。1940年9月25日には、艦名はスヴォボードヌイに改められた。

大祖国戦争の開戦した1941年6月22日の時点で、工程の83.8 %が完成していた。8月、まだ繋留大索試験が終了しない内に艦はセヴァストーポリへ完成作業のため引き渡された。その際に不十分な仕上げに起因する事故があり、工事はさらに延期された。

1942年1月2日にようやく竣工し、1月8日付けで黒海艦隊に編入された。6月10日早朝から、セヴァストーポリでHe111およびJu 87からなるドイツ空軍爆撃機隊の空襲を受けた。スヴォボードヌイは反撃し、敵機を撃墜し放たれた24 本の魚雷すべてを交わしたが、ついに急降下爆撃による9 発の命中弾を受け、3日後に沈没した。

戦後、1953年になって引き上げられ、解体された。沈没地点の近くには、スヴォボードヌイの勇戦を讃え、犠牲者を追悼する記念碑が立てられた。

関連項目[編集]

  • 駆逐艦スヴォボードヌイ(30-bis号計画型)