スヴャトスラフ・グレボヴィチ (ブリャンスク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スヴャトスラフ・グレボヴィチ
Святослав Глебович
モジャイスク
ブリャンスク公
在位 モジャイスク公:? - 1303年
ブリャンスク公1309年 - 1310年

死去 1310年
子女 グレプ
ドミトリー
フョードル
ユーリー
家名 リューリク家
父親 スモレンスク公グレプ
テンプレートを表示

スヴャトスラフ・グレボヴィチロシア語: Святослав Глебович、? - 1310年)は、スモレンスク公グレプの子である。モジャイスク公(在位:? - 1303年)、ブリャンスク公(在位:1309年 - 1310年)。

生涯[編集]

1303年、スヴャトスラフの統治するモジャイスク公国は、ダニールの統治するモスクワ大公国の支配下に入った。

1309年、初代ブリャンスク公ロマンの子孫が死亡した後、甥であるスモレンスク・ロスチスラフ家のヴァシリーがブリャンスク公位を得ると、スヴャトスラフはこれを追放し、ブリャンスク公位を獲得した。

しかし1310年、ヴァシリーがジョチ・ウルスの助成を得て攻め寄せた。スヴャトスラフは自ら軍の戦闘に立って野戦に応じたが、戦死し、ブリャンスク公位は再びヴァシリーのものとなった。

子女[編集]

出典[編集]

  1. ^ Фёдор Святославич, князь Вяземский и Дорогобужский // Все монархии мира

参考文献[編集]

  • Войтович Л. Ольговичі. Чернігівські і сіверські князі // Князівські династії Східної Європи (кінець IX — початок XVI ст.): склад, суспільна і політична роль. Історико-генеалогічне дослідження. — Львів: Інститут українознавства ім. І.Крип’якевича, 2000.
  • Веселовский С. Б. Исследования по истории класса служилых землевладельцев. — М.: Наука, 1969.
先代:
ヴァシリー
ブリャンスク公
1309年 - 1310年
次代:
ドミトリー