スーザン・ハーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

スーザン・ハーク: Susan Haack1945年 - )はイングランド出身のマイアミ大学哲学および法学教授。

これまで論理学言語哲学認識論、そして形而上学について著述を行なってきた。彼女はチャールズ・サンダース・パースプラグマティズムを踏襲している。

経歴[編集]

ハークはオックスフォード大学とケンブリッジ大学を卒業している。オックスフォードでは、セント・ヒルダ・カレッジにて、ジーン・オースティンに哲学の手ほどきを受けた(なお、ジーンはJ.L.オースティンの未亡人である)。学部時代、ハークは哲学・政治学・経済学(PPE)コースを履修した。彼女は自分の専攻について次のように述べる。「最初は、政治学が一番魅力的でした。チューターにも政治学の道へ進むよう勧められていたほどです。それが、いつの間にか哲学にのめり込んでいました。」[1]

ハークは、ギルバート・ライルにプラトンを、マイケル・ダメットに論理学を学ぶ。デイヴィッド・ピアーズがB.Phil.(修士号に相当)課程の指導教員であり、曖昧性についての学位論文を書いた。その後ケンブリッジでティモシー・スマイリーのもと博士号を取得。ケンブリッジ大学ニュー・ホールのフェローや、ウォリック大学哲学教授を経て、現在のマイアミ大学のポストを得た。

ハークは自らの経歴が「非常に独立心の強い」ものだと述べる。

哲学業界の流行を追うことはしません。自分が重要だと信じる問題に、一番結果が出そうなやり方で取り組んでいます。贔屓にしてもらっている批評家はいませんし、仲間内で互いの著作・論文を引用しあう文化にも与していません。どこの大学の哲学科がランキング上位に位置するか、同僚はいつも気にしていますが、私にとってはどうでもいいことです。私は所属大学から1円たりとも旅費や研究支援のお金を受け取っていません。また、著作権を譲り渡すことを要求するような学術誌には投稿しないようにしています。こんな態度をとっていると、当然ながら面倒なこともあります。ですが、自分にとって最高の仕事ができるという自由には代えられません。自分の文章を検閲しないで済みますからね。結果として、たいがいの「ニッチな研究」よりもずっと多くの読者を得られています。[1]

思想[編集]

ハークによる主要な功績は、1993年の『証拠と探求』において展開された「基礎整合説」(foundherentism)[2][3][4]と呼ばれる認識論的立場である。基礎整合説は、純粋な基礎付け主義(無限後退に陥る)と純粋な整合説(循環に陥る)がそれぞれもつ難点を避ける理論として考案された。彼女はこのアイデアをクロスワードの比喩で説明している。単純化すると次のようになる。ヒントを手がかりにして答えとなる単語を探しだすことは、基礎となる根拠を経験によって得ることに類比的だ。また、クロスワードで交差する単語は互いに影響関係にある(mutually sensible)が、これは整合性による正当化と類比的である。これらの性質は両者とも知識の正当化において必要な要素だ、というわけだ。なお、ハークの基礎整合説は、突き詰めていけば結局基礎付け主義に堕してしまうと指摘する研究者もいる。[5]

ハークはリチャード・ローティを強烈に批判している。[6][7]「僕らプラグマティスト:パースとローティの対話」という彼女の書いた戯曲があるが、これは全編パースとローティの引用だけで出来ている。ハークは同著でパース役を演じている。『ニュー・クライテリオン』誌に発表した論文[8]では、ローティの見解、とりわけ彼がある種のプラグマティストであるという主張に強い異議を唱えている。

ハーク(Haack 1998)は、フェミニスト的な観点から論理(学)や科学的真理を扱うという態度に極めて批判的である。科学や哲学を論じるフェミニスト批評家の多くは、「政治的正しさ」(ポリティカル・コレクトネス)に敏感になりすぎだと彼女は述べている。[9]

彼女は『フリー・インクワイアリー』誌や、世俗的ヒューマニズム会議にも寄稿している。また、ハークの論文は学術誌だけでなく、『タイムズ文芸付録』のような一般誌でも書評・引用されている。

メンバーシップ[編集]

ハークはファイ・ベータ・カッパ協会およびファイ・カッパ・ファイの名誉会員である。チャールズ・サンダース・パース協会の会長も務めた。米英教育委員会のメンバー経験もある。

主要著作[編集]

  • 1974. Deviant Logic. Cambridge University Press.
  • 1978. Philosophy of Logics.
  • Haack, Susan; Kolenda, Konstantin (1977). “Two Fallibilists in Search of the Truth”. Proceedings of the Aristotelian Society 51 (Supplementary Volumes): 63–104. JSTOR 4106816.  (Charles Sanders Peirce and Karl Popper have strikingly similar views on the propensity theory of probability and philosophy of science.)
  • 1993, Evidence and Inquiry.
  • 1996, Deviant Logic, Fuzzy Logic: Beyond the Formalism. The University of Chicago Press. (Extends the 1974 Deviant Logic, with some additional essays published between 1973 and 1980, particularly on fuzzy logic, cf The Philosophical Review, 107:3, 468-471 [1])
  • 1997, "Vulgar Rortyism," The New Criterion 16.
  • 1998. Manifesto of a Passionate Moderate: Unfashionable Essays.
  • 2003. Defending Science - Within Reason: Between Scientism and Cynicism. ISBN 1-59102-117-0.
  • 2005, "Trial and Error: The Supreme Court's Philosophy of Science, ," American Journal of Public Health.
  • 2006 (edited with Robert Lane). Pragmatism, Old and New.
  • 2008. Putting Philosophy to Work: Inquiry and Its Place in Culture

参考文献[編集]

  • 伊藤邦武「第三章 これからのプラグマティズム 3 ハークとミサック」『プラグマティズム入門』〈ちくま新書〉、2016年、244-264頁。ISBN 9784480068705。

脚注[編集]

  1. ^ a b Interview with Susan Haack”. Richard Carrier Blogs (2012年5月6日). 2012年5月11日閲覧。
  2. ^ Aune, Bruce (1996). “Haack's Evidence and Inquiry”. Philosophy and Phenomenological Research 56 (3): 627. doi:10.2307/2108389. ISSN 00318205. 
  3. ^ . JSTOR 20129822. 
  4. ^ . JSTOR 2660334. 
  5. ^ . JSTOR 27653658. 
  6. ^ Haack, Susan (1993). “Ch. 9: Vulgar Pragmatism: an Unedifying Prospect”. Evidence and Inquiry. Oxford UK: Blackwell. ISBN 0-631-11851-9. http://openlibrary.org/books/OL1398949M/Evidence_and_inquiry 
  7. ^
  8. ^ Haack, Susan (1997年11月). “Vulgar Rortyism”. The New Criterion. 2013年11月6日閲覧。
  9. ^ Haack, Susan (2000) [1998]. Manifesto of a Passionate Moderate: Unfashionable Essays. University of Chicago Press. ISBN 978-0-226-31137-1. http://books.google.com/books?id=2ezeTXOlQngC