スーザン・ヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スーザン・ヒル CBESusan Hill, CBE,、1942年2月5日 - )は、イギリスフィクションおよびノンフィクション作家。ヨークシャー州スカボローで生まれた。キングス・カレッジ・ロンドン在学中から執筆を開始。地方紙の編集などの仕事を経て、1968年から本格的な執筆活動を開始。1975年にシェイクスピア学者の夫と結婚し、ストラトフォード・アポン・エイヴォンに住む。1977年に長女が誕生。翌年にオックスフォード近郊の村に移住し、それまで住んでいたイギリス各地の様子をオックスフォードのひとつの村に場所を置き換えてエッセイ風に綴った"The Magic Apple Tree"(邦題『イングランド田園讃歌』)を発表した。

30代後半になって三度の流産を繰り返し、次に生まれた女児も早産で2ヵ月後に死亡する。1985年に三女を出産し、現在は2児の母である。この間の苦悩や葛藤、そして彼女自身の生い立ち書いた『私は産む -愛と喪失の四年間』("Family")は、イギリス国内で反響を呼んだ。現在はコッツウォルズ在住で、自らの出版社を設立し、年に1作のペースで小説を出版している。 2012年、長年にわたる文学への功績が認められ、大英帝国勲章を受賞した[1][2]

邦訳された主な作品[編集]

  • "The Woman in Black"(1983年) - 『黒衣の女』ハヤカワ文庫NV 河野一郎訳 1987年 早川書房、『黒衣の女-ある亡霊の物語』新装版 河野一郎訳 2012年 早川書房
映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の原作。
  • "I'm the King of the Castle"(1970年) - 『ぼくはお城の王様だ』高儀進訳 1976年 角川書店。幸田敦子訳 2002年 講談社、「城の王」講談社文庫 2018年
1971年サマセット・モーム賞受賞。映画『罪深き天使たち』の原作。
  • "Strange Meeting"(1971年)- 『奇妙な出会い』高儀進訳 1977年 角川文庫
  • "The Magic Apple Tree"(1982年) - 『イングランド田園讃歌』幸田敦子訳 1996年 晶文社
  • "Through the Kitchen Window"(1984年) - 『キッチンの窓から』ウィルヘルム菊江訳 1992年 西村書店
  • "Through the Garden Gate"(1986年) - 『庭の小道から』新倉せいこ訳 1992年 西村書店
  • "Shakespeare Country"(1987年)- 『シェイクスピア・カントリー』 佐治多嘉子,‎ 谷上れい子訳 2001年 南雲堂
  • "Lanterns Across the Snow"(1987年)- 『雪のかなたに』野の水生訳 2004年 パロル社‎
  • "Family"(1989年) - 『私は産む -愛と喪失の四年間-』幸田敦子訳 1999年 河出書房新社
  • "The Glass Angels"(1991年) - 『ガラスの天使』野の水生訳 2004年 パロル社‎
  • "The Various Haunts of Men"(2008年) - 『丘』加藤洋子 訳 2014年 ヴィレッジブックス
  • 『スーザンヒル選集 1 君を守って』ヤマダメディカルシェアリング創流社 今泉瑞枝訳 1999年
  • 『スーザンヒル選集 2 その年の春に』ヤマダメディカルシェアリング創流社 近藤いね子訳 2000年

脚注[編集]

  1. ^ The London Gazette: (Supplement) no. 60173. p. 7. 2012年6月16日
  2. ^ CBE”. 2012年6月15日閲覧。

関連項目[編集]