スーパーオーガニズム (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパーオーガニズム
Superorganism
出身地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
ジャンル Indie Pop
Art Pop
活動期間 2017年 -
レーベル Domino
公式サイト www.wearesuperorganism.com
メンバー
  • Orono Noguchi
  • Harry
  • Emily
  • Tucan
  • Robert Strange
  • Ruby
  • B
  • Soul

スーパーオーガニズムSUPERORGANISM)は、イギリスロンドンを拠点とする多国籍インディー・ポップバンド。メンバーはリードヴォーカリストのOrono Noguchi、Emily、Harry、Tucan、Robert Strange、Ruby、B、Soulの8人。彼らのセルフタイトルのデビューアルバム『Superorganism』は、2018年3月2日Domino Recording CompanyとHostess Entertainmentを通じてリリースされた。

来歴[編集]

グループ結成のきっかけはメンバーの一部が当時組んでいたバンド、エヴァーソンズ英語版の来日公演だった。エヴァーソンズが2015年のジャパンツアーとして、宇都宮、浜松、名古屋、大阪、東京でギグをやった際、東京公演の1日目にオロノが見に来ていて楽屋まで遊びに行き友達となった。オロノは2日目の公演にも足を運び、翌日にはハードロックカフェでランチを食べ、上野動物園に行った[1]。ツアー終了後も、メンバーたちはフェイスブックを通じたオンライン上でやり取りをしていた[2]

2017年に、「今度新しいプロジェクトを始めるんだけど、一緒にやらない?」とエヴァーソンズが新しく書いた曲のラフコピーをオロノに送ったところ、1時間で歌詞とボーカルをつけて返信し、これがスーパーオーガニズムとしてのデビューシングル“Something for Your M.I.N.D."となった。フランク・オーシャンヴァンパイア・ウィークエンドエズラ・クーニグがアップルミュージック内のラジオでプレイしたことで話題となる[3]後にこの曲はソフトバンク CM Google PixelのCMソングになった[4]

2018年、イギリスのBBCが選ぶ期待の新人「Sound Of 2018」にノミネートされた[5]

3月2日、セルフタイトルのデビューアルバム『Superorganism』をDomino Recording CompanyとHostess Entertainmentを通じてリリースする。

6月27日宇多田ヒカルのアルバム『初恋』収録の『パクチーの歌』のSuperorganismによるリワークが公開された[6]

8月、雑誌Forbes Japanの各界で活躍する30歳未満のイノベーターを表彰するアワード<30under30>にボーカルの野口オロノが選出され、特集号の表紙を飾る[7]

音楽性[編集]

オロノは、Superorganismの歌の創造について,「音楽を聞いて、音楽、芸術、そしてあらゆる種類のものを台所で話すことから始めます。私たちはグループ内でファイルをやりとりして、私たちが持っているランダムなアイデアを加えていくつもりです。」と説明している。

ハリーは、「みんなでキッチンでたむろして、一緒に音楽を聴いて、音楽について語り合うことがすごく多いんだ。また、僕の場合にはこうしたやり取りの中で初めて何かを閃くんだよ。」と話している。

ハリーいわく、日常の音と楽器の音を分けない考え方はラグラッツムービーのテーマを作ったディーヴォマーク・マザーズボウの影響を受けたと言っている。またハリーはドクター・ドレーのファンでGファンクのシンセサイザーの雰囲気を取り入れている。[8]

メンバー[編集]

  • Orono Noguchi - ヴォーカル、作詞、ペインティング。埼玉県出身。
    ファーストネームの"Orono"は本名で、両親が出会った大学が所在する街の名前にちなんでいる[9]
  • Emily  (Mark David Turner) - 作詞、プロダクション、シンセサイザーオーストラリアシドニー出身。
  • Tucan またはDr. Tucan Taylor Michaels  (Timothy "Tim" Shann) - 作詞、プロデュース、ミキシングドラムニュージーランドウェリントン出身。
  • ロバート・ストレンジ  (ブレア・エバーソン) - 視覚芸術、ステージング。
  • ハリー  (クリストファー・ヤング) - 作曲、プロデュース、ギターイギリス北部のバーンリー出身。
  • B  - バックグラウンドボーカル、バックグラウンドダンス、バックグラウンドミュージシャン。ニュージーランドのダニーデン出身[10]
  • Ruby  - バックグラウンドボーカル、バックグラウンドダンス、バックグラウンドミュージシャン。ニュージーランドのワイプ出身。
  • ソウル  (アール・ホー) - バックグラウンド・ボーカル、バックグラウンド・ダンス、バックグラウンド・ミュージシャン。韓国出身。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム

発売日 タイトル 媒体 各国のチャート順位
AUS BEL

(FL)

BEL

(WA)

JPN NLD NZ

Heat

SCO UK US

Heat

1st 2018年

3月2日

Superorganism CD,LP,

ダウンロード

56 86 116 145 89 4 19 25 4

シングル

タイトル 各国のチャート順位 アルバム
BEL

(WA)

JPN JPN

Over.

MEX

Air.

US

Alt

2017 "Something for

Your M.I.N.D,"

Superorganism
"It's All Good"
"Nobody Cares"
2018 "Everybody Wants

to Be Famous"

25 83 6 11 29
"Reflections on the

Screen"

"Night Time" 45
"The Prawn Song"

ミュージックビデオ

タイトル アルバム
2017 "It's All Good" Superorganism
"Nobody Cares"
"Something for Your M.I.N.D,"
2018 "Everybody Wants to Be Famous"
"Reflections on the Screen"
"Night Time"
"The Prawn Song"

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • Oh Wow, Very Cool!(InterFM、2019年4月4日 - )[11]※oronoのみの出演。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

https://www.wearesuperorganism.com/woohoo/