スーパーカブ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
スーパーカブ
Super Cub logo.svg
テレビアニメ版のタイトルロゴ
ジャンル 日常青春
小説
著者 トネ・コーケン
イラスト
出版社 KADOKAWA
掲載誌 カクヨム
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 2017年5月1日 -
巻数 既刊8巻(2021年3月現在)
漫画
原作・原案など トネ・コーケン(原作)
博(キャラクター原案)
作画 蟹丹
出版社 KADOKAWA
掲載サイト コミックNewtype
レーベル 角川コミックス・エース
発表号 2017年12月29日 -
巻数 既刊5巻(2021年2月現在)
アニメ
原作 トネ・コーケン
監督 藤井俊郎
シリーズ構成 根元歳三
キャラクターデザイン 今西亨
音楽 石川智久ZAQ
アニメーション制作 スタジオKAI
製作 ベアモータース
放送局 AT-Xほか
発表期間 2021年4月7日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学・漫画・アニメ

スーパーカブ』は、トネ・コーケン原作による小説を基にした日本メディアミックス作品である。

概要[編集]

山梨県北杜市(旧武川村地域)を舞台に、何にも興味を持たない没個性的なひとりの少女が一台のホンダ・スーパーカブ50と出会い、スーパーカブとの関わりを通じて成長しながら、自分の世界を広げていく様子を描いた物語。公式サイトや販促ポスターでは『ホンダ・スーパーカブ総生産1億台記念作品』と銘打っている。

メディア展開[編集]

2021年4月時点で小説ライトノベル)および漫画での連載が行われており、テレビアニメの放送が実施されている。

小説
2016年3月より小説投稿サイト「カクヨム」(KADOKAWA)にて掲載が開始され[1]角川スニーカー文庫より2017年5月から単行本が刊行されている。挿絵イラストが担当している。
カクヨム版では礼子が当初自動二輪免許を所持しておらず、スズキ・ハスラー50に乗っているなど、単行本の内容とは一部差異がある。
漫画
2017年12月29日よりWebコミックサイト「コミックNewtype」にて連載を開始。原作はトネ・コーケン、キャラクター原案は博、作画は蟹丹が行なっている。単行本は角川コミックス・エースより2018年5月から刊行。漫画版は小説版より内容の一部変更や独自ストーリーが挿入されているほか、単行本ではトネ・コーケンによる特別寄稿小説も掲載されている。
テレビアニメ

あらすじ[編集]

両親も趣味も友達もない、何もない少女、小熊。小熊は高校に通うためにママチャリ[注 1]を使っていたが、ある日原付が気になり、学校帰りに寄ったバイク屋でいわく付きのスーパーカブ50を破格値で入手する。ガス欠や自転車では出せないスピードなど、カブは小熊にさまざまな未知の経験をさせながら、安穏としているが何もなかった小熊の生活にゆっくりと、しかし確実に変化を与え、小熊もカブに乗ることに楽しさを感じるようになる。そんな小熊の前に、自分もカブに乗っているという少女・礼子が現れ、以降行動を共にする。

冬の足音が確実に大きくなりだした晩秋、小熊の高校では文化祭の準備期間に入っていた。しかし冬場もカブで走り回るための防寒対策に頭を悩ませる小熊と礼子は、文化祭も我関せずを決め込んでいた。しかし文化祭を明後日に控えたある日、クラスの出し物であるカフェの機材運搬でトラブルが発生し、機材が間に合わない可能性が出てくる。そんな中、クラスメイトの『原付じゃ無理だ』の言葉を聞きつけた小熊と礼子は、カブの有用性を証明するため、図らずも実行係の恵庭椎の窮地を救うためにカブで機材の運搬を行うことになる。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

主要人物[編集]

小熊(こぐま)
声 - 夜道雪[2]
本作の主人公で、北杜市の高校に通う高校2年生の少女。
難読な苗字を持つが、苗字自体は明らかにされておらず、周囲からは「小熊さん」「小熊ちゃん」など、ファーストネームで呼ばれている。
中肉中背で黒髪をショートカット(ミディアムボブ)にしており、容姿は非常に地味で学校の成績も中庸。
父は生後間もない頃に事故で他界し、母は高校入学と同時に書置きを残して失踪。頼れる親族もおらず[注 2]天涯孤独な身の上で、奨学金を受給しながら日野春駅前の集合住宅で独り暮らしをしている。テレビアニメ版ではこれらの事情についての説明は無い。
当初は「東京都下の小学校・中学校を卒業し、高校入学時に母親とともに北杜市北部の建売住宅に転居したものの、母親の失踪により奨学金生活を送るため、日野春駅近くにある女性専用アパートに入居した[注 3]」設定になっていたが、後に「埼玉県南部で出生の後、幼少期に転居して以来、ずっと山梨で暮らしている」設定に変更された[注 4]
これといった趣味もなく、他人と関わり合いを持つこともなく、クラスの中で埋もれるように生活していたが、通学用にスーパーカブを購入し、カブと関わることによって、少しずつ変わっていく。カブを手に入れて眺めたり、手入れをしたり、新たなパーツを手に入れて取付けたり、必要品を取得したなどでうれしい事があると顔が自然とほころぶようになる。
人と話すことが苦手なため、少しぶっきらぼうな話し方をする。
朝起きるとシャワーを浴び、朝食には食パンを嗜食し、昼食には白飯のみを詰めた弁当箱とレトルト食品を学校に持って行き、白飯にレトルト食品をかけて冷めたまま食べているのが常である[注 5]。後に弁当箱としてリサイクルショップで購入した小型飯盒のメスティンを使うようになり、その様子はアニメのキービジュアルに採用されている[3]。もともとは1人で昼食をすませていたが、礼子と知り合ってからは彼女と一緒にカブを停めている駐輪場でカブに腰掛けながら食べている。
カブを利用して学校書類を運搬するクーリエアルバイトを行い、貯めたお金でさらに普通自動二輪車運転免許証を取得。さらにシノさんの店でカブのエンジンにブロック修正[注 6]を行い、黄色ナンバー原付二種登録に変更する[注 7]。その後も免許を活かし、バイク便などのアルバイトで貯めたお金で必要がある物を買い足し、高校3年で普通自動車免許も取得した。
小説第7巻で大学に進学し、キャンパスのある南大沢に近い町田市北部の借家で独り暮らしを始める。
礼子(れいこ)
声 - 七瀬彩夏[2]
小熊の同級生で、背が高くスタイルも良い、黒い長髪の少女。
父親は議員、母親は会社社長で東京に住んでいるが、自身は旧武川村地域の別荘地にあるログハウスで独り暮らしをしている。
容姿は地味な小熊とは対照的で、非常に美形で成績も良く、スポーツ万能。それゆえにクラスでは非常に目立つ存在だが、カブのこと以外にはさして興味を示さない。
小熊がカブに乗っていることを知って昼食(大抵は通学路の途中にある椎の父親が営むベーカリーでサンドウィッチを購入している)を共にするようになり、その後もカブを通じていろいろ関わっていくうちに、小熊にとって初めての友人と呼べる存在となる。小熊を時々住んでいる別荘に招き、彼女に食事を作ってもらったり一緒にすごしたりしている。
朝学校には小熊より早く通学し、一人席で文庫本を読んでおり、あとからきた小熊と軽く挨拶を交わしている。
カブに関しての知識はマニアとも呼べる領域にあり、ある程度の改造は自分でこなす。そのため自宅のログハウスにはカブの部品やオプションパーツがたくさん置いてあり、カブの部品確保のためのコネルートも確保している。
愛車は各所に改造を施したMD90(郵政カブ)[4]だが、2年の夏休みにカブで富士山登頂に挑戦して壊してしまい、CT110(ハンターカブ)デッドストックを入手して乗っている。
高校卒業後はカブで世界を放浪することを考えており、その準備のために一旦八王子市の実家に戻る。
恵庭 椎(えにわ しい)
声 - 日岡なつみ[2]
小熊や礼子と同じクラスで、文化祭の実行係。髪はセミロングで小説版や漫画版では青みがかっているが、テレビアニメ版はほぼ灰色。右側に泣きぼくろがあるが、漫画版では第5巻まで省略されていた。
身長は140センチ台と小熊よりも小さく、漫画版では小学生の頃からあまり変わっていないことが記されている。
文化祭で出し物ができなくなるかもしれないピンチを小熊と礼子、そしてカブに助けられて以降、ふたりとカブに興味を抱き、自宅に誘うようになる。
自宅は礼子の通学路の途中にあるスイス風の建物で、両親がドイツ風ベーカリー兼アメリカ風カフェを営んでいるが、自身はいつかこの店をイタリア風バールにすることを目論んでおり、バリスタの勉強をしたり、自分の貯金を使って中古のエスプレッソマシンを購入し、店に置いている。
2年の冬に事故で川に落ちたところを小熊に助けられて以降、小熊とカブに好意を抱くようになる。
礼子によると、けっこう男子生徒から人気で、何度も告白をされているという。
移動手段はアレックス・モールトン小径車だったが前述の事故で壊してしまい、水色のリトルカブを購入している。
高校卒業後は小熊とは別の私立大学に入学し、二子玉川で独り暮らしをしている。

恵庭家[編集]

恵庭椎の家族。元々は東京に住んでいたが、妹の慧海以外は北杜市に移住し、慧海も椎が高校3年生の時に北杜市へ戻っている。

恵庭 慧海(えにわ えみ)
椎の2歳年下の妹。東京の中学校に通っていたが、高校進学を機に北杜市に戻り、小熊たちが通う高校に入学する。高校1年生。
170センチを超える長身で、オレンジ色の髪を後ろで束ねている。
これから起こるであろう戦火や災害に備え、常日頃から自らの生存能力を高めるための鍛錬と準備に時間を費やしている。
休日はひとりで山や森林に入って過ごすことが多い。
父親
声 - 宮本崇弘[5]
180cmを超える大柄で、ひげを生やしている。元々は東京の会社に勤務していたが、脱サラし北杜市で店を開いている。
ドイツ系が好みで、店にドイツ風ベーカリーを設置しているのは父親の影響である。
椎にアレックス・モールトンを買ってあげたほか、防寒に悩んでいる小熊に殆ど着ていないアブラッシブ・ウール[注 8]のジャケットをあげるなど気前は良い。
母親
声 - 筒井真理子[5]
身長は椎とほぼ同じ大きさで、椎は小熊や礼子に紹介することを恥ずかしがっていた。
アメリカ系が好みで、店にアメリカ風カフェを設置しているのは母親の影響である。
普段はシボレーのトラック(漫画版では初代シボレー・C/Kが描かれている)で外出しており、日中店にいるのは稀である。

高校関係者[編集]

小熊が通う高校およびアルバイトで訪れる高校の関係者。

教頭先生
声 - 星祐樹[5]
小熊が通う高校の教頭先生。
漫画版では小熊の母親が失踪したのを聞き、奨学金の斡旋や手続きの支援を行なっている。
アニメ第3話では以前カブで使っていたという前かごをプレゼントし、アニメ第4話では小熊が2年次の夏休みに入る際、甲府市にある甲府一高[注 9]との学校書類を運搬するクーリエのアルバイトを紹介している[注 10]
国語教師
声 - 茅原実里[5]
小熊がクーリエのアルバイトを始めた際に届け先の甲府の高校に勤務している教師で書類のやりとり相手。 漫画版では林 みのり(はやし みのり)として紹介されている[注 11]
文芸部の顧問であるが、その日焼けした容姿から小熊は当初体育教師か運動部の顧問と思っていた。また椎の窮地を救うため、小熊と礼子が機材を借りに訪れたとき再度登場。小熊や礼子が乗ってきたカブに魅せられて実家に眠っている祖父のカブを整備し、自身もカブ乗りになる。
アニメ第4話では甲府一高の文学部顧問と紹介している。
手芸部顧問
声 - 白須慶子[5]
小熊が通う高校の家庭科教師。漫画版ではボブカットで眼鏡をかけている。
椎の父親から貰ったジャケットをライナーに調製するため小熊たちが訪れ、なかなか目にかかれないアブラッシブ・ウールの生地に驚きながら協力する。
伊藤 史(いとう ふみ)
慧海の同級生で、高校1年生。小熊が高校3年生の時に、小熊たちが通う高校に入学した。
青白い肌と長い黒髪、黒のロングコートというその容姿は幽霊と見まごうほどで、生気が全く感じられない。
慧海は「最小限の力で生きている」と評し、興味を持ちつつも心配している。

病院[編集]

小説5巻にてタクシーとの事故のため入院した小熊と同部屋の入院患者。

中村 良未(なかむら りょうみ)
テレビ局の下請けの映像制作会社に勤務していたが、もらい事故で入院。怪我はほとんど回復しているが、手厚い補償もあって退院に踏み切れない。入院生活は部屋の患者で一番長く、部屋の主的存在。いろいろと面倒見がよい。
桜井 淑江(さくらい よしえ)
清里高原の教会でシスターをしている。愛車のホンダ・NSR250Rで事故を起こし、小熊と同じ大腿骨骨折を受傷している。礼子とは知り合い。日本人だが、姿はアングロサクソン系の長い金髪と澄んだ緑眼を持つ美少女。頭は若干足りない。[注 12]
後藤 治李(ごとう はるり)
転倒で肋骨と胸骨を骨折している。外見は薄幸の女性を装っているが、日がな一日ノートパソコンに張り付き、掲示板SNSで相手とやりあう毎日を送っている。他人の不幸を見て喜ぶ性癖の持ち主。

大学[編集]

小説7巻より小熊が通っている大学の関係者。

竹千代(たけちよ)
経済学部の3年生で、節約研究会(セッケン)の部長。名前は男性風であるが黒髪ストレートロングの女性で、名前が本名であるかも不明。小熊を気に入り、節約研究会に勧誘する。
春目(はるめ)
小熊と同じ人文学部の1年生。容姿は緑色のセミロングに緑色のワンピースを着ている。両親を震災で失い、孤独の身である。小熊が乗っているスーパーカブに嫌悪感を抱く。
ベイジ
小熊と同じ大学の1年生で赤髪の少女。普段はスズキ・ジムニーで東京西部の山中を走行している。

その他[編集]

シノさん
声 - 魚建[5]
北杜市内でバイク店を営むスキンヘッドの初老の男性。小熊にいわく付き[注 13]の中古スーパーカブ50を1万円という破格値で販売し、それ以降もオイル交換やタイヤ交換のやり方を教えたりするなど、小熊のカブのある生活をサポートする。小熊の最初のオイル交換を初回サービス価格にするなど、商売っ気はあまりない。
信用金庫課長
声 - 宮澤正[5]
甲府の信用金庫(アニメでは北杜市内の信用金庫)に勤務する礼子の知り合い[注 14]。営業用に使用しているカブのパーツを小熊に提供してくれる。
山小屋オーナー
声 - 石井康嗣[5]
名称不明。富士山五合目で山小屋を営む。礼子が富士山にて頂上へのブルドーザー運搬の走路確認をするアルバイトをする際、事情を聞いたうえで採用している。
元々は登山家であったが[注 15]、足を負傷しており自力では登れない。礼子がカブで頂上へ登るのに苦難している時にアドバイスを送っている。
杉江 愛(すぎえ あい)[注 11]
漫画版のみに登場。地域医療センターの社長。
林の紹介のため小熊と礼子を即決で採用するが、運搬物が医療検査物のため破損した場合、杉江のクビと患者の命が危うくなると遠回しに警告する。
浮谷 東(うきや あずま)
小熊がアルバイトをしている、甲府のバイク便会社の女性社長。幼さが残る容姿で背も低い。ドーナツが大好物。
愛車は「カラス」と名付けた黒いホンダ・フュージョン

既刊一覧[編集]

小説[編集]

  • トネ・コーケン(著)、KADOKAWA角川スニーカー文庫〉、既刊8巻(2021年3月31日現在)
    • 『スーパーカブ』、2017年5月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-105663-9
    • 『スーパーカブ2』、2017年10月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-105960-9
    • 『スーパーカブ3』、2018年5月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-106466-5
    • 『スーパーカブ4』、2018年12月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-107081-9
    • 『スーパーカブ5』、2019年7月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-107082-6
    • 『スーパーカブ6』、2019年12月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-108919-4
    • 『スーパーカブ reserve』、2020年11月1日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-110871-0
    • 『スーパーカブ7』、2021年3月31日発行(同日発売)、ISBN 978-4-04-110872-7

漫画[編集]

  • トネ・コーケン(原作)、博(キャラクター原案)、蟹丹(漫画) 『スーパーカブ』 KADOKAWA角川コミックス・エース〉、既刊5巻(2021年2月10日現在)
    1. 2018年5月26日発行、ISBN 978-4-04-106961-5
    2. 2018年12月10日発行、ISBN 978-4-04-107852-5
    3. 2019年8月10日発行、ISBN 978-4-04-108468-7
    4. 2020年3月10日発行、ISBN 978-4-04-109032-9
    5. 2021年2月10日発行、ISBN 978-4-04-111087-4

テレビアニメ[編集]

2019年11月にテレビアニメ化が発表され[6]、2020年5月にテレビアニメ公式サイトおよびプロモーションビデオの公開、主要登場人物の声優が決定した[7]

2021年1月に公式Twitterの開設、キービジュアルの公開と共に放送時期が告知された[2]。同年4月よりAT-Xほかにて放送中[2][8]

音声関連はフィルムスコアリングを採用。また、監督の藤井俊郎が音響演出を兼任する[9][10]

2021年8月25日にはBlu-ray BOX (KAXA-9840)が発売予定[11]

スタッフ[編集]

  • 原作 - トネ・コーケン[2]
  • イラスト - [2]
  • 監督 - 藤井俊郎[2]
  • 助監督 - 相浦和也
  • シリーズ構成 - 根元歳三[2]
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 今西亨[2]
  • 総作画監督 - 齊藤佳子、井上英紀
  • プロップデザイン - 芝田千紗、乙幡忠志、杉村友和
  • 美術監督 - 須江信人[2]
  • 美術設定 - 多田周平[2]、伊良波理沙
  • 美術ボード - 横山敦史
  • 背景 - 草薙
  • 色彩設計 - 大西峰代[2]
  • CGIプロデューサー - 大橋広明、服部豊和
  • CGIディレクター - 檜垣賢一
  • 3DCG制作協力 - タイプゼロ
  • 2Dデザイン・特効効果 - チップチューン[2]
  • 撮影監督 - 浅川茂輝[2]
  • 編集 - 齋藤朱里[2]
  • 音響監督 - 矢野さとし
  • 音楽 - 石川智久ZAQ[2]
  • 音楽プロデューサー - 竹山茂人
  • 音楽制作 - バンダイナムコアーツ[2]
  • 協力・監修 - 本田技研工業株式会社[2]
  • 制作・3DCG制作 - スタジオKAI[2]
  • 制作プロデューサー - 上間康弘
  • 製作 - ベアモータース[2]

主題歌[編集]

「まほうのかぜ」[12][13]
熊田茜音によるオープニングテーマ。作詞はnano.RIPEのきみコ、作曲・編曲は同バンドの佐々木淳。
「春への伝言」[13]
夜道雪七瀬彩夏日岡なつみによるエンディングテーマ。作詞はZAQ、作曲・編曲はAstroNoteS

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督初放送日
第1話ないないの女の子 根元歳三藤井俊郎安部祐二郎齊藤佳子2021年
4月7日
第2話礼子 臼井篤史芝田千紗4月14日
第3話もらったもの 相浦和也
  • 金正男
  • 竹内昭
  • 亀田朋幸
  • 齊藤佳子
  • 木村行隆
4月21日
第4話アルバイト
  • 小川優樹
  • 相浦和也
片岡史旭木曽勇太4月28日
第5話礼子の夏 藤井俊郎にしづきあらた
  • 芝田千紗
  • 平馬浩司
  • 黄凤
  • 李少雷
  • 劉軍
  • 唐遠界
5月5日
第6話私のカブ
相浦和也
  • EverGreen
  • 24FPS
  • 顾金秋
  • 陈玉峰
  • 杭清华
  • 王振业
  • 俞天翔
  • 赵玲
  • 施国平
  • 刘军
  • 朱央
  • 徐闯
  • 芝田千紗
  • 五十川久史
5月12日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [14] 備考
2021年4月7日 - 水曜 23:00 - 23:30 AT-X 日本全域 CS放送 / 字幕放送[15] / リピート放送あり
2021年4月8日 - 木曜 1:35 - 2:05(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
KBS京都 京都府
2021年4月9日 - 金曜 1:30 - 2:00(木曜深夜) サンテレビ 兵庫県
金曜 2:35 - 3:05(木曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2021年4月10日 - 土曜 1:00 - 1:30(金曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2021年4月17日 - 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) 山梨放送 山梨県 舞台地
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[8]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2021年4月7日 水曜 23:30 更新
2021年4月15日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新

コラボレーション[編集]

山梨県警察北杜警察署
管轄区域である北杜市の公共施設に防犯ポスターを掲出[16]女性警察官姿の小熊の姿の後ろに北杜警察署の建物およびパトカーが描かれている[17]。また、藤井監督に県警から感謝状が送られた[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は「隣町のホームセンターで買った1万円のママチャリ」設定だったが、小説reserve巻では「韮崎のデパートで行われた倒産品即売会で、未使用中古品を1万円少々で購入した(ママチャリではなく、業務用自転車である)パナソニック・レギュラー」に変更されている。
  2. ^ 元々両親の結婚が駆け落ち同然で祖父母とは疎遠だった上、その祖父母も他界しているため。
  3. ^ 間取りはワンルーム。(小説版4巻より)
  4. ^ アニメでの居宅は2DKの世帯向け集合住宅で、男性の住人もいる。
  5. ^ 教室には電子レンジもあるが、他の生徒が順番待ちで並んでいることが多いため、ほとんど利用しない。
  6. ^ シリンダーが真円になるようにボーリングを施し、メーカー純正のオーバーサイズピストンを組み付ける。施工後の排気量は52ccと法的制約をクリアする最低限度にとどまるが、安い費用ででき、施工による悪影響もない。
  7. ^ 50cc原付に課せられている、30km/hの低い法定速度や、二段階右折などの不自由から脱却するため。
  8. ^ 最低限の脱脂のみで臭気やべとつき感はあるが保温性が高く、海外の登山家では愛好されているウール。
  9. ^ モデルは山梨県立甲府第一高等学校。コミックス版では山梨県立甲府東高等学校
  10. ^ アニメ版第4話で書類のサインに「渡邊」とサインしている
  11. ^ a b 名前は漫画5巻p41より。
  12. ^ 本人曰く「うちの教会でも優秀なシスター」だが、その理由として述べているものは聖職者というより葬儀屋の営業マンのそれであり、勘違いをこじらせている模様。
  13. ^ シノさんは人を3人殺していると説明したが、事情を知っている礼子によると、過去のオーナー3人はそれぞれの事情で手放していただけであった
  14. ^ コミックス版第21話の欄外コメントでは「礼子のおじさん」となっている
  15. ^ アニメ版第5話では、山小屋の壁にエベレスト登頂した際の記念写真が貼ってある

出典[編集]

  1. ^ カクヨム投稿作品『スーパーカブ』アニメ化企画進行中!”. カクヨム (2019年11月20日). 2020年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u スーパーカブ:テレビアニメが4月スタート 少女×バイクラノベが原作”. MANTANWEB (2021年1月15日). 2021年1月15日閲覧。
  3. ^ “キービジュアル公開!また、4月から放送開始が決定!TVアニメ「スーパーカブ」公式サイト News(2021年1月15日)”. https://supercub-anime.com/news/index00010000.html 2021年5月12日閲覧。 
  4. ^ カクヨム連載時はスズキのハスラー50。富士山挑戦時には125ccエンジンを換装した。
  5. ^ a b c d e f g h 「スーパーカブ」ソフトクリーム食べる小熊たち描いたビジュアル公開、魚建ら出演”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年4月6日). 2021年4月6日閲覧。
  6. ^ 女子高生×バイクの青春譚、ラノベ「スーパーカブ」がアニメ化決定!”. アキバ総研 (2019年11月20日). 2019年11月20日閲覧。
  7. ^ 【ホンダ動画】女子高生×スーパーカブ! TVアニメ「スーパーカブ」のPV第一弾が公開”. バイクブロス (2020年5月11日). 2020年5月11日閲覧。
  8. ^ a b c 放送情報”. TVアニメ「スーパーカブ」公式. 2021年3月28日閲覧。
  9. ^ 『スーパーカブ』 藤井俊郎(監督)インタビュー【前編】”. スタジオKAI (2021年4月2日). 2021年4月21日閲覧。
  10. ^ 『スーパーカブ』 藤井俊郎(監督)インタビュー【後編】”. スタジオKAI (2021年4月15日). 2021年4月21日閲覧。
  11. ^ “Blu-ray BOX”. TVアニメ「スーパーカブ」公式サイト. https://supercub-anime.com/dbbox/ 2021年4月28日閲覧。 
  12. ^ “熊田茜音|4月クールのTVアニメ2作品のオープニング主題歌を担当!両A面シングル発売決定!”. ランティス. https://www.lantis.jp/artist/nanoripe/news_1612927054.html 2021年2月12日閲覧。 
  13. ^ a b “MUSIC”. TVアニメ「スーパーカブ」公式サイト. https://supercub-anime.com/music/ 2021年2月26日閲覧。 
  14. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  15. ^ 週間番組表 (2021/04/05〜2021/04/11)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2021年3月28日閲覧。
  16. ^ “北杜舞台のアニメ 地域安全に一役”. LINE NEWS (山梨日日新聞). (2021年3月8日). オリジナルの2021年3月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210309102731/https://news.line.me/issue/oa-sannichi/y10qj7on8pp9 2021年3月8日閲覧。 
  17. ^ “スーパーカブ×北杜警察署 コラボビジュアルを公開!”. アニメ「スーパーカブ」公式. (2021年2月18日). https://supercub-anime.com/news/index00020000.html 2021年2月18日閲覧。 
  18. ^ アニメ・スーパーカブとコラボ YouTube山梨県警察公式チャンネル

関連項目[編集]