スーパーギャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

スーパーギャングSuper Gang)は、1984年10月から1992年3月まで7年半にかけて、TBSラジオキーステーションJRN系全国ネットで放送されていた深夜ラジオ番組

今夜もセレナーデ」を放送していた平日の25:00〜27:00の時間枠で放送開始した(金曜のみ1985年7月8日から)。

1991年7月に大幅なリニューアルを実施し、2時間の放送から2番組を1時間ずつの2部構成化され、事実上の短縮となる。その後、1992年3月で終了となった。

TBSテレビ放送終了時に静止画CMによる番組宣伝を行っていた。

放送時間[編集]

  • 1984年10月〜1985年7月4日 月曜日〜木曜日 25:00(1:00)〜27:00(3:00)
  • 1985年7月8日〜1987年4月3日 月曜日〜金曜日 25:00(1:00)〜27:00(3:00)
    • 『アーチストマガジン〜週刊ファンハウス』(金曜25:00〜27:00、1984年4月〜1985年7月1日)終了に伴い金曜スーパーギャングを新設
  • 1987年4月6日〜1989年4月7日 月曜日〜金曜日 25:00(1:00)〜26:45(2:45)
    • 『風見律子のミッドナイトマガジン』が、26:45(2:45)〜27:00(3:00)の枠でスタートしたため15分短縮
  • 1989年4月10日〜1991年6月28日 月曜日〜金曜日 25:00(1:00)〜27:00(3:00)
    • 『風見律子のミッドナイトマガジン』終了により2時間放送に戻る
  • 1991年7月1日〜1992年4月3日 月曜日〜金曜日 (2部構成)
    • 1部 25:00(1:00)〜26:00(2:00)
    • 2部 26:00(2:00)〜27:00(3:00)

パーソナリティ[編集]

1984年10月〜1991年6月[編集]

月曜日[編集]

火曜日[編集]

4月 9日 16日 大林宣彦(1時台)
原田大二郎(2時台)
23日 春風亭昇太 &
春風亭勢朝(1時台)
河内家菊水丸(2時台)
30日 内海光司(1時台)
広川ひかる(2時台)
5月 7日 Pli:z(1時台)
ヒコーキ(2時台)
14日 スーパーギャング
スペシャル
ディスコティック
高見恭子
21日 アントニオ猪木 28日 忍者
6月 4日 中島らも &
チチ松村
11日 吉田栄作 18日 HIS坂本冬美
忌野清志郎細野晴臣
25日 KATSUMI(1時台)
相沢友子(2時台)

水曜日[編集]

  • 山本晋也 - 1984年10月〜1986年3月 /「山本晋也のアダルト(感)まるかんスタジオ」
  • コサキン<小堺一機関根勤> - 1986年4月9日〜1991年6月26日/「コサキン無理矢理100%

木曜日[編集]

金曜日[編集]

1989年
4月 14日 大江千里 21日 UP-BEAT 28日 桑田佳祐
5月 5日 12日 THE BLUE HEARTS 19日 大友康平 26日 錦織一清[注釈 3]
  • 渡辺美里 - 1989年6月9日〜1991年6月28日(復帰)

1991年7月〜1992年3月[編集]

- は、後継番組「パックインミュージック21」にも続投したパーソナリティ

第1部[編集]

月曜日[編集]
  • 奥居香 - 1991年7月〜1992年3月
火曜日[編集]
水曜日[編集]
  • コサキン - 1991年7月3日〜10月2日 / コサキン無理矢理100%
  • 江口洋介 - 1991年10月9日〜1992年3月
木曜日[編集]
金曜日[編集]
  • TMN - 1991年7月〜1992年3月

第2部[編集]

月曜日[編集]
火曜日[編集]
水曜日[編集]
木曜日[編集]
金曜日[編集]
  • スペシャル<週替わり> - 1991年7月〜1992年3月
1991年
7月 5日 根本要
スターダストレビュー
12日 大塚純子 19日 スーパーギャング
お笑いライブスペシャル
26日 東京パノラママンボボーイズ
8月 2日 星野由妃 9日 国本武春 16日 23日 江口洋介 30日 LL BROTHERS
9月 6日 こんぺいとう 13日 スーパーギャング
お笑いライブ
スペシャル
20日 爆笑問題 27日 立川俊之大事MANブラザーズバンド
10月 4日 稲田錠
G.D.FLICKERS
11日 18日 景山民夫 25日 B'z
11月 1日 十代宣言チャダル党
奥山佳恵 他)
8日 麗蘭 15日 お笑いライブスペシャル 22日 井上陽水 29日 松野大介
12月 6日 13日 Toshl 20日 Toshl 27日 WAHAHA本舗
1992年
1月 3日 十代宣言チャダル党
(奥山佳恵 他)
10日 スーパーギャング
スペシャル
17日 林家こぶ平 24日 SING LIKE TALKING 31日 お笑いシャンテライブ
2月 7日 14日 大事MAN
ブラザーズバンド
21日 大鶴義丹 28日 大竹まこと & YOU
3月 6日 13日 杏子 & 土橋安騎夫 20日 27日 お笑いシャンテライブ 4月3日 十代宣言チャダル党

変遷[編集]

1991年6月まで[編集]

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1984.10 1985.3 景山民夫 チャゲ&飛鳥 山本晋也 長渕剛 (放送なし)
1985.4 1985.6 西川のりお クマさん
ティナ・グレース
1985.7 1985.9 大江千里
1985.10 1986.3 渡辺美里
1986.4 1986.9 米米CLUB コサキン シブがき隊
1986.10 1987.3 ラサール石井 田代まさし カールスモーキー石井
1987.4 1987.5 杏子 笑福亭鶴瓶 石坂啓
1987.6 1988.3 関口誠人
1988.4 1989.3 ナベ・ユカ 島田紳助
1989.4 1989.5 錦織一清 下村健一 浦口直樹 週替わり
1989.6 1989.9 渡辺美里
1989.10 1990.3 北村年子 森脇健児
浦口直樹
1990.4 小林豊 週替わり
1990.5 1991.3 所ジョージ
泉谷しげる
1991.4 1991.6 奥居香 週替わり 小林豊

1991年7月から[編集]

第1部[編集]
期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1991.7 1991.9 奥居香 河内家菊水丸 コサキン 小林豊 TMN
1991.10 1992.3 江口洋介 LLブラザーズ
第2部[編集]
期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1991.7 1991.9 笹野みちる THE BOOM 春風亭昇太 内海光司 週替わり
1991.10 1992.1 ちはる
バカルディ
まじかるず
1992.2 1992.3 相沢友子

ネット局[編集]

全国ネットであったが、本番組をネットした局は少なく、中京広域圏(中京地区はCBCラジオが「オールナイトニッポン」、東海ラジオがローカル番組を放送しているため)をはじめ、多くの地方では放送されなかった。

(1987年4月改編時に「大学受験ラジオ講座」と「百万人の英語」を早朝から深夜に時間枠移動に伴い、ネットを打ち切った。1989年10月改編時に「百万人の英語」をFM沖縄に移動させるなど、夜10時以降の番組の大幅な再編で、ネットを再開した)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 中村繁之もレギュラー出演していた。
  2. ^ 途中に坂上香織『すこし愛して』、星野由妃内包番組を放送していた[1]
  3. ^ 当時当番組で月曜を担当していたため、この週は2曜日掛け持ちだった。

出典[編集]

  1. ^ ラジオパラダイス 1989年7月号「ラジパラ新番組チェーック!!」p.45
TBSラジオ 月曜〜木曜25時〜27時の深夜番組
前番組 番組名 次番組
スーパーギャング
(1984年10月〜1992年3月)
TBSラジオ 金曜25時〜27時の深夜番組
アーチストマガジン・週刊ファンハウス
スーパーギャング
(1985年7月〜1992年3月)
パックインミュージック21
TBSラジオ コサキンシリーズ
コサキンワールド
なんでもねぇんだよゲベロッチョ
進め!おもしろバホバホ隊に内包
ここまで関東ローカル
スーパーギャング
コサキン無理矢理100%