スーパーグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スーパーグループSupergroup)とは、すでに成功した有名ミュージシャンたちが集まって結成した音楽グループバンドのこと[1]スーパーバンドとも言う[2]

1960年後半から70年代前半にかけ、主にロックフュージョンの人気や話題性の高いグループに用いられて一時代を築いた流行語[2]

概要[編集]

スーパーグループという名称が定着する以前から、1950年代のジャズ界では有名なミュージシャンが集まってセッションしたり、1960年代のロック界でもクロスビー・スティルス&ナッシュ[注 1]クリームザ・ダーティー・マックジョン・レノンエリック・クラプトンキース・リチャーズミッチ・ミッチェル)のようにジャズに倣ってプレイヤーの組み合わせから生じるケミストリーを獲得しようとセッションバンドを組んだりしていたが、その呼称は使われなかった[1][2]。実際にその言葉が使われ始めたのは、1968年にアル・クーパーマイク・ブルームフィールドスティーヴン・スティルスを迎えて発表したスタジオ・アルバムSuper Session』からで、最初のスーパーグループとして名前が挙がりやすいのは、クラプトンとスティーヴ・ウィンウッドらが組んだブラインド・フェイスである[1]。彼らを皮切りに、60年代後半〜70年代前半にはエマーソン・レイク・アンド・パーマーベック・ボガート & アピスバッド・カンパニーなど、スーパーバンドの結成がブーム化した[1]。こうした動きに呼応して、日本でもPYGなどのスーパーバンドが結成されるようになった[1]。1980年代にはロバート・パーマーデュラン・デュラン組+シック組のパワー・ステーションジョージ・ハリソンボブ・ディランロイ・オービソンらのトラヴェリング・ウィルベリーズバーナード・サムナー&ジョニー・マーエレクトロニックなどが登場するものの、1990年代にはそのような現象は沈静化していった[1]。しかし2000年代半ば以降、ブラーゴリラズのフロントマンであるデーモン・アルバーンザ・クラッシュポール・シムノンザ・ヴァーヴのサイモン・トング、トニー・アレンによるザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンをはじめ、チキンフットティンテッド・ウィンドウズゼム・クルックド・ヴァルチャーズザ・デッドウェザーなどのスーパーバンドが再び増加するようになった[1][3]

有名なスーパーグループ[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g スーパー・バンドは音楽シーンを救う?”. bounce 336号 (2011年9月25日発行). TOWER RECORDS ONLINE (2011年9月21日). 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ a b c スーパー・バンドがやって来た!!”. 『bounce』 245号(2003/7/25). TOWER RECORDS ONLINE (2003年8月7日). 2019年3月10日閲覧。
  3. ^ デーモン・アルバーン、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作もほぼ完成したと語る”. NME JAPAN. ニュー・ミュージカル・エクスプレス (2018年6月1日). 2019年3月8日閲覧。

AllMusic Review by Al Campbell