エクスプローラー・ドリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エクスプローラー・ドリーム
EXPLORER DREAM 20190505 OSAKA.jpg
エクスプローラー・ドリーム(2019年)
基本情報
船種 クルーズ客船
船籍 パナマの旗 パナマ
バハマの旗 バハマ
運用者 スタークルーズ(1999-2019)
ドリームクルーズ(2019-)
建造所 マイヤー・ヴェルフト
母港 ナッソー
姉妹船 スーパースター・レオ
建造費 3億5千万ドル
信号符字 C6AV6
IMO番号 9141077
MMSI番号 311000165
改名 エクスプローラー・ドリーム(2019-)
経歴
起工 1996年11月18日
進水 1998年12月23日
竣工 1999年8月2日
就航 1999年
現況 就航中
要目
総トン数 75,338 トン
全長 268.6 m
32.2 m
喫水 7.9 m
機関方式 ディーゼル・エレクトリック
最大速力 25.5ノット
航海速力 24.0ノット
旅客定員 1974名(最大 2800名)
乗組員 1300名
テンプレートを表示

エクスプローラー・ドリームExplorer Dream、「探索夢号」)は、ドリームクルーズが運航しているクルーズ客船。 かつての船名はスーパースター・ヴァーゴSuperStar Virgo)。

概要[編集]

スーパースター・レオ級の2番船として、1999年8月2日、ドイツのマイヤー・ヴェルフトで竣工。船価は3億5千万ドル。8月27日-29日に就航記念のマラッカ海峡クルーズを行い、9月4日よりシンガポール起点の南シナ海クルーズに就航した。以降、南シナ海クルーズとマラッカ海峡クルーズを交互に実施。

2003年4月から7月までの間は東南アジアに拡大したSARS(重症急性呼吸器症候群)の影響を避けるため、拠点をシンガポールからオーストラリアに移しパース起点のクルーズを行った。

2019年2月にスタークルーズでの運航を終了し[1]、5600万米ドルを投じ上級客室エリア「パレス」やレストランの増設を含む改装の上同年4月よりスタークルーズと同じくゲンティン香港傘下のドリームクルーズにて「エクスプローラー・ドリーム」として再就航[2]

同型船[編集]

1998年9月竣工。2004年にNCL(ノルウェージャン・クルーズ・ライン)に移籍し、「ノルウェージャン・スピリット(Norwegian Spirit)」と改名。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船 増刊 世界のクルーズ客船 2009-2010』2009年12月号増刊 No.716
  • 海人社『世界の艦船』1999年11月号 No.560
  • 海人社『世界の艦船』2005年2月号 No.638