スーパーナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパーナイト
SUPER NIGHT
ジャンル 情報番組
出演者 森本毅郎
小島奈津子
梅津弥英子ほか
オープニング 本間勇輔 『THE THEME FROM SUPERNIGHT』
製作
プロデューサー 田中信之、時澤正(フジテレビ)
山口泰弘、永井靖(関西テレビ)
制作 フジテレビ関西テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1997年10月5日 - 2001年3月25日
放送時間 毎週日曜 22:00 - 23:00
放送枠 フジテレビ・関西テレビ制作日曜夜の情報番組枠
放送分 60分

スーパーナイト』(SUPER NIGHT)は、1997年10月5日から2001年3月25日までフジテレビ系列局で放送されていた情報番組関西テレビフジテレビの共同制作。放送時間は毎週日曜日22:00 - 23:00(JST)(テレビ大分テレビ宮崎を除く)。

概要[編集]

社会情報局が関わる情報番組(ワイドショー)として制作された。重要ニュースや密着ドキュメント等、硬軟織り混ぜたVTR特集2つが番組の核となる。中盤に芸能情報「ワイドショー一番だし」を放送。日曜夜という条件を活かして、統一地方選挙東京都議会議員選挙の開票速報を番組の全編にわたり行った。この縁で、森本毅郎は1度FNN選挙特別番組のキャスターに起用されている。なお、字幕はフジテレビ制作ワイドショー番組と同一である。

1984年3月のNHK退職後、TBS専属契約していた森本は本番組がフジテレビ系列での初のレギュラー番組担当となった。

前番組となるスポーツニュース番組『Grade-A』から引き続き、フジテレビと関西テレビによる共同制作番組の形をとる。番組のメイン制作とネットワーク配信はフジテレビが行い、スポンサーセールスはフジテレビと関西テレビが共同で行うという形だった。

スポンサーセールスに関して、番組の前半枠は関西テレビが担当、大日本除虫菊(金鳥)をはじめとする複数スポンサー。対して後半枠はフジテレビによるもので、三菱電機(1998年9月まで、日曜19:30の一社提供番組へ移行)とキリンビール(1998年4月に水曜22時台・タモリ枠より移行)をはじめとした複数スポンサー。 本番組終了後(22:58:50頃)に、必ず『ミュージックフェアこのあとすぐ』を放送していた(※ミュージックフェアを放送しないネット局では、CMに差替えていた)。

2001年3月に番組は終了したが、その翌月からはキャストとスタッフをほぼ引き継ぎ、放送時間を2時間15分と大幅に拡大したリニューアル版番組『EZ!TV』がスタート。この流れが現在の「Mr.サンデー」まで続いている。

出演者[編集]

司会[編集]

サブ司会[編集]

  • 梅津弥英子(当時セント・フォース所属。後にフジテレビアナウンサー) - 天気コーナーの初代担当を兼ねて出演していた。当時は大学在籍中だった為「高石百合子」名義で出演していたが、2000年に本名の「梅津弥英子」としてフジテレビアナウンサーとして入社。

レギュラーコメンテーター[編集]

ワイドショー一番出し!担当[編集]

  • 初代 : 前田忠明(フジテレビ芸能デスク・芸能レポーター)
  • 2代目 : 柳沢慎吾(俳優・タレント)
  • 3代目 : 松本雄峰(フジテレビ芸能デスク)

天気担当[編集]

  • 初代 : 高石百合子 - サブ司会との兼務で出演。
  • 2代目 : 水沢はるか

スタッフ[編集]

  • プロデューサー : 田中信之、時澤正(フジテレビ情報番組センター)、山口泰弘、永井靖(関西テレビ)
  • チーフディレクター : 大野貢(フジテレビ情報番組センター)
  • 技術協力 : 共同テレビ八峯テレビ
  • 制作協力 : SJK、フォーティーズ、日本テレワーク、エイムワン
  • 制作 : フジテレビ、関西テレビ

テーマ曲[編集]

関連項目[編集]

  • ニュースの女 - 劇中の架空の番組で、スーパーナイトのOPテーマを使用。

関連番組[編集]

フジテレビ系列 日曜22時台前半枠
前番組 番組名 次番組
Grade-A
※22:00 - 23:00
スーパーナイト
【この番組まで関西テレビとの共同制作枠】
堂本兄弟
【この期間はフジテレビが単独で制作】
フジテレビ系列 日曜22時台後半枠
Grade-A
※22:00 - 23:00
スーパーナイト
EZ!TV
※22:30 - 24:45