スーパーフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパーフォーミュラ
カテゴリ シングルシーター
国・地域 日本の旗日本
開始年 2013年
ドライバー 19
チーム 11
エンジン
サプライヤー
トヨタ · ホンダ
タイヤ
サプライヤー

Y

横浜ゴム
ドライバーズ
チャンピオン
日本の旗 山本尚貴
チーム
チャンピオン
日本の旗 KONDO Racing
公式サイト Japanese Championship SUPER FORMULA official website
Motorsport current event.svg 現在のシーズン

スーパーフォーミュラSUPER FORMULA)は、2013年から日本で開催されている自動車レースの1カテゴリー(格式は国際)。略称は「SF」。

2013年から2015年は“全日本選手権スーパーフォーミュラ”、2016年から“全日本スーパーフォーミュラ選手権”として開催されている[1][2]

概要[編集]

2014年もてぎラウンド

フォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースで、日本レースプロモーション(JRP)を運営母体とし、日本自動車連盟(JAF)公認の下、フォーミュラ・ニッポンを引き継ぐ形で2013年にスタートした。

『日本一速い男 決定戦』とも呼ばれ日本最高峰のカテゴリーであったフォーミュラ・ニッポンを、アジアのスタンダードフォーミュラを目指しアジアを中心にグローバル展開を進めるにあたり、シリーズ名称の変更が行なわれた。2015年の概要発表会では、当時のJRP社長である白井裕の口から「名実ともに世界の三大フォーミュラカーレースのひとつとして、F1インディカーと並び称されるカテゴリーにまで発展させることを目標」と述べており、国内という枠からの脱却を目指している[3]

一方でSUPER GTとは異なり海外展開はされていない。初年度の2013年に韓国インジェ・スピーディウムでの開催が予定されたが、結局開催されることなく中止された[4]

車両[編集]

SF14(シェイクダウンテストにて)

2013年度はフォーミュラ・ニッポンからの引き継ぎの関係上、フォーミュラ・ニッポンのスウィフト・017.n(SF13)に、3.4L V8エンジンのトヨタ・RV8Kまたはホンダ・HR12Eを搭載したものであったが、2014年度からダラーラ社のSF14[5]に、SUPER GT・GT500クラス用と基本設計が共通のNRE(Nippon Race Engine)[6] 2.0L 直4 直噴 ターボエンジン[7]であるトヨタ・RI4Aまたはホンダ・HR-414Eを使用する。

シリーズ発足当初よりハイブリッドシステム「System-E」を搭載する計画があり、テストは何回か行われているものの、結局立ち消えとなっている。なおエンジンについてはトヨタが、System-Eについてはホンダがそれぞれ基礎開発を担当していた[8]

タイヤはブリヂストンワンメイクであったが、2015年シーズンをもってタイヤ供給を終了[9]。2016年シーズンからは横浜ゴムが供給することになり、タイヤも2スペック開発されるようになった[1][10]

2014〜2016年の規定のF1マシンが従来よりスピードが低下していたこともあり、ドライバーの感想や走行データの比較では「スーパーフォーミュラのコーナリングスピードはF1よりも速い」と言われていた[11][12][13]

2019年からは同じダラーラが製作する「SF19」にマシンを移行する予定で、安全基準の変更による見直し以外に車両性能そのものには大きな変更はないものの、2021年からいわゆる第5世代移動通信システム(5G)を導入し全車のオンボード映像をネットでライブ配信することを前提に、そのための機材を搭載できるようなスペースを設ける予定[14]

歴代チャンピオン[編集]

ドライバー・チームタイトル[編集]

ドライバーチャンピオン
(所属チーム/エンジン)
チームチャンピオン
(エンジン)
2013年 日本の旗 山本尚貴
TEAM MUGEN/ホンダ
PETRONAS TEAM TOM'Sトヨタ
2014年 日本の旗 中嶋一貴
(PETRONAS TEAM TOM'S/トヨタ)
PETRONAS TEAM TOM'S(トヨタ)
2015年 日本の旗 石浦宏明
P.MU/CERUMOINGING/トヨタ)
PETRONAS TEAM TOM'S(トヨタ)
2016年 日本の旗 国本雄資
(P.MU/CERUMO・INGING/トヨタ)
P.MU/CERUMO・INGING(トヨタ)
2017年 日本の旗 石浦宏明
(P.MU/CERUMO・INGING/トヨタ)
P.MU/CERUMO・INGING(トヨタ)
2018年 日本の旗 山本尚貴
(TEAM MUGEN/ホンダ)
KONDO Racing(トヨタ)

ルーキー・オブ・ザ・イヤー[編集]

ルーキー・オブ・ザ・イヤー
(所属チーム/エンジン)
2013年 not held
2014年 日本の旗 野尻智紀
DOCOMO TEAM DANDELION RACING/ホンダ)
2015年 日本の旗 小林可夢偉
KYGNUS SUNOCO TEAM LEMANS/トヨタ)
2016年 not held
2017年 フランスの旗 ピエール・ガスリー
TEAM MUGEN/ホンダ)
2018年 日本の旗 松下信治
(DOCOMO TEAM DANDELION RACING/ホンダ)

※ルーキーが3人以上いる場合のみ成立

シリーズ参戦したF1ドライバー[編集]

ドライバー 参戦年 SFでの年間成績 F1参戦歴
日本の旗 佐藤琢磨 2013 2013年 18位 2002-2008(ジョーダンBARスーパーアグリ
インドの旗 ナレイン・カーティケヤン 2014- 2014年 13位、2015年 11位、2016年 14位、2017年 19位 2005, 2011-2012(ジョーダン、HRT
イタリアの旗 ヴィタントニオ・リウッツィ 2014 2014年 16位 2005-2007, 2009-2011(レッドブルトロ・ロッソフォース・インディア、HRT)
日本の旗 中嶋一貴 2013- 2013年 4位、2014年 1位、2015年 2位、2016年 4位、2017年 5位 2007-2009(ウィリアムズ
日本の旗 小林可夢偉 2015- 2015年 6位、2016年 17位、2017年 7位 2009-2012, 2014(トヨタザウバーケータハム
ドイツの旗 アンドレ・ロッテラー 2013-2017 2013年 2位、2014年 3位、2015年 3位、2016年 2位、2017年 6位 2014(ケータハム)
ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン 2016 2016年 4位 2016-(マクラーレン
フランスの旗 ピエール・ガスリー 2017 2017年 2位 2017-(トロ・ロッソ)

テレビ放送[編集]

J SPORTSが決勝全戦を生中継しており、2014年からは予選の生中継も行っている。2017年からはBSフジでも決勝の生中継(J SPORTSの実況と映像を使用)を行っている[15]。2018年にはTAKUROGLAY)の『流転』がテーマ曲となった[16]

他に、1戦毎に予選・決勝をダイジェストで伝えるBSフジの『スーパーフォーミュラGoOn!』、関係者をゲストに迎えてのトークとレースハイライトで構成されるフジテレビNEXTの『スーパーフォーミュラTV』が放送されている。また、BSフジのバラエティ番組カンニングのDAI安☆吉日!』で本シリーズを取り上げている。2016年にはフジテレビ関西テレビでも専門番組として『超速GO音』が放送され、フジテレビ On Demandでも視聴可能である[17]

またGYAO!インターネットでレース映像の無料配信を行っている。

スポンサー[編集]

シリーズパートナー[編集]

シリーズサポーター[編集]

  • ブリヂストン(2013年 - 2015年)
  • 横浜ゴム(2016年 - )

プロモーションパートナー[編集]

ブロードキャストパートナー[編集]

  • BSフジ(2017年 - )
  • J SPORTS(2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ヨコハマ、Sフォーミュラへのタイヤ供給を発表 - オートスポーツ・2015年10月29日
  2. ^ 2016年以降の使用タイヤについて - スーパーフォーミュラ公式サイト・2015年10月29日
  3. ^ シリーズ20周年。SF概要発表会がフジテレビで開催 - オートスポーツ・2015年3月18日
  4. ^ スーパーフォーミュラ第5戦インジェ、中止決定 - オートスポーツ・2013年7月24日
  5. ^ JRP、2014年からの新シャシーをダラーラに決定 - オートスポーツ・2012年9月22日
  6. ^ スーパーフォーミュラ、ダラーラ製の2014年型レーシングカー「SF14」を初実走 - CAR Watch・2013年7月10日
  7. ^ Fニッポンの次期エンジンは2リッター直4ターボに - オートスポーツ・2012年10月15日
  8. ^ FNテスト:2日目午後はJP首位。開発面での報告も - オートスポーツ・2012年11月20日
  9. ^ ブリヂストン、今年限りでSフォーミュラから撤退 - オートスポーツ・2015年9月25日
  10. ^ 横浜ゴム、アジア最高峰のフォーミュラレースに「ADVAN」レーシングタイヤをワンメイク供給 - 横浜ゴム・2015年10月29日
  11. ^ "ロッテラー「SF14は世界最高のフォーミュラカー」 (page4/5) ". AUTOSPORT Web. (2014年9月13日)
  12. ^ "第2戦岡山国際サーキット・プレビュー:マシン編". スーパーフォーミュラ公式サイト. (2015年)
  13. ^ "ファンドールネ「コーナーではスーパーフォーミュラのほうがF1より速い」". TopNews. (2015年11月11日)
  14. ^ ダラーラ社CEOが来日会見、スーパーフォーミュラ次期車両『SF19』のコンセプト発表 - オートスポーツ・2017年10月21日
  15. ^ 『2017シーズンより、日曜決勝レースをBSフジで生中継!』
  16. ^ TAKURO(GLAY)作曲の「流転」がスーパーフォーミュラのテーマソングに! - スーパーフォーミュラ公式サイト・2018年4月20日
  17. ^ 超速GO音、フジテレビオンデマンドで無料配信 - F1-Gate.com・2016年4月29日

関連項目[編集]