スーパーマリオ 3Dコレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
  • スーパーマリオ 3Dコレクション
  • Super Mario 3D Collection
  • Super Mario 3D All-Stars
ジャンル 3Dアクション対応機種 Nintendo Switch発売元 任天堂シリーズ スーパーマリオシリーズ人数 1 - 2人メディア
  • Nintendo Switchゲームカード
  • ダウンロード販売
発売日 世界の旗 2020年9月18日[1][2][3]対象年齢 売上本数 日本の旗 75万本(2020年9月)[4]
世界の旗 521万本(2020年9月末時点)[4]テンプレートを表示

スーパーマリオ 3Dコレクション』(スーパーマリオ スリーディーコレクション、SUPER MARIO 3D COLLECTION、英名:Super Mario 3D All-Stars)は、2020年9月18日に発売されたNintendo Switch用のアクションゲーム。『スーパーマリオブラザーズ』の発売35周年記念作品として、任天堂から発売された[1]

なお、パッケージ版は2021年3月末までの期間限定生産、ダウンロード版は同年3月31日までの期間限定販売となっている[注釈 1]

概要[編集]

以下のマリオシリーズ3作品をグラフィックはHD画質に対応した他、Nintendo Switchでプレイしやすいようにタイトルごとに若干リニューアルしたリメイク版として収録。ゲーム開始前に言語が選択できるため、外国語版でプレイも可能。また、下記マリオシリーズ3作品のゲーム内楽曲を聴くことが出来る[注釈 2]

かつてはテレビ機器と接続することでテレビ出力で遊べていたゲームが、全て携帯モードでプレイできるようになっており、『スーパーマリオギャラクシー』はオリジナル版の2人プレイも可能でJoy-Conの「おすそわけ」もできる。対応コントローラーについては、当初はゲームキューブコントローラのみ対応していなかったが、 2020年11月17日配信のVer. 1.1.0から『スーパーマリオサンシャイン』プレイ時のみ対応となった(携帯モードの際は使用不可)。

『スーパーマリオサンシャイン』が移植・リメイクなどの形で再度リリースされるのは、今回が初となっている。

なお、移植は古いコンソールのエミュレーションによって達成されたことが明らかになっている[5]

ゲーム内容[編集]

オリジナルからの変更点を記述する。

3作共通[編集]

  • グラフィック及びアスペクト比が変更された。サンシャインとギャラクシーはどちらもTVモードでは1080p、携帯モードでは720pで表示され、『スーパーマリオ64』は両方のモードで720pで4:3のアスペクト比で表示されている[6]。『スーパーマリオサンシャイン』はアスペクト比がオリジナルの4:3比率から16:9となった。
  • サンシャインとギャラクシーのロード時間はディスクメディアの当時は2~3秒くらいの長さであったが本作は1秒に短縮された。
  • ゲーム中にある操作方式に関する台詞が、Switch版のボタンを示す内容に変更されている(例:+ボタンやZLボタンなど。なお、『スーパーマリオサンシャイン』でゲームキューブコントローラを使用した際も表記はSwitch版のもののまま)。また、カメラの移動方向が変更できる更新データが2020年11月17日に配信された[7]

スーパーマリオ64[編集]

  • テクスチャは圧縮前のデータを使用。
  • 振動パック対応バージョンを収録しているが、マリオの顔がある画面の右下に振動パック対応の表示がない。
  • セーブデータ選択画面のサウンドセレクトのオプションのステレオ/モノラル/ヘッドホンの選択肢が無くなった。
  • NPCに話しかけたり看板を読んだりする際に使うボタンが独立した。

スーパーマリオサンシャイン[編集]

オリジナルの日本語版の後に修正等が加えられ発売された北米版・欧州版と日本の後期版に取り入れている。

  • セーブデータ選択画面のオプションで、オリジナルの北米版と同じようにムービー中の字幕の有無を切り替えられるようになり、ステレオ/サラウンド/モノラルの選択肢が無くなった。
  • セーブ時のメッセージボックスの文字に漢字が使用されるようになった。
  • マンマビーチSTORY2でチュウハナの撃破時及び初回攻撃時にポンプのアドバイスメッセージが出るようになった。
  • ポンプ放水において、Switch本体のRトリガーの仕様がゲームキューブコントローラと異なるため、ZRボタンで歩きながらの放水、Rボタンで固定放水となり、2つのボタンで放水方法を使い分けるようになった。
  • マリオ視点への切り替えはRスティックを押すこと(従来のYボタンの役割)で、ズームなどの視点変更(従来のCスティックの役割)はRスティックを傾けることで、それぞれ可能となった。
  • スティック入力によるカメラや視点の移動方向がオリジナルと逆となっている。
  • A・Bどちらのボタンも、従来のAボタンと同じ役割を基本的に持つようになった。
  • ドルピックタウンに配置されているフルーツの場所が大幅に追加された(後期版と同じ)。
  • 水中で酸素メーターが減少した際の効果音が変更された(後期版と同じ)。
  • STORY等で成功イベントムービーが開始する瞬間に効果音が鳴るようになった。
  • ヨッシーに乗った状態でシャインを取得するとマリオとヨッシーが声を出すようになった(後期版と同じ)。
  • モンテマンレースのスタートとゴールに効果音が加わった他、レース中は専用BGMが流れる(後期版と同じ)。
  • タイマースタートの音が変更されている。
  • ポンプのノズルを初入手した時や別ノズルを装着した際の音に別の音が加わっている(後期版と同じ)。

スーパーマリオギャラクシー[編集]

  • Wiiリモコンでのポインター操作がTVモードまたはテーブルモード時はコントローラーのジャイロでの操作(Proコントローラーの操作でも可能)に、携帯モード時はタッチスクリーンでの操作に変更された。
  • スピンがYボタンもしくはXボタンでも出来るようになった。
  • データファイルのMiiのアイコンが廃止された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ダウンロード版については、ニンテンドーカタログチケットとの引き換えが可能。
  2. ^ 特に、『スーパーマリオサンシャイン』の楽曲については、全曲の音源化は初であると公式サイト及びゲーム内に表記されている。
  3. ^ 振動パック対応バージョン(1997年発売)を収録。日本版はWii及びWii U向けのバーチャルコンソールと同様。なお、外国語版もこのバージョンを基にローカライズされている。振動パック対応バージョンの外国語版リリースはこれが初となる。
  4. ^ 2004年に、ニンテンドーDSシリーズ向けの移植+追加要素のリメイク作「スーパーマリオ64DS」が発売されている。
  5. ^ 2015年に、Wii U向けのダウンロード版ソフトとして配信が開始された。

出典[編集]

  1. ^ a b c スーパーマリオ 3Dコレクション|Nintendo Switch|任天堂”. 任天堂. 2020年9月11日閲覧。
  2. ^ a b Super Mario™ 3D All-Stars for Nintendo Switch - Nintendo Game Details”. Nintendo of America. 2020年9月11日閲覧。
  3. ^ a b Super Mario 3D All-Stars|Nintendo Switch|Games|Nintendo”. Nintendo UK. 2020年9月11日閲覧。
  4. ^ a b 任天堂株式会社 2021年3月期 第2四半期決算発表 決算説明資料 (PDF)”. 任天堂 (2020年11月5日). 2020年11月5日閲覧。}
  5. ^ (英語) Super Mario 3D All-Stars Port Analysis - IGN, https://www.ign.com/articles/super-mario-3d-all-stars-port-analysis 2020年9月20日閲覧。 
  6. ^ Life, Nintendo (2020年9月4日). “Here's The Resolution Of Each Game In Super Mario 3D All-Stars” (英語). Nintendo Life. 2020年9月20日閲覧。
  7. ^ スーパーマリオ35周年公式Twitter” (2020年10月27日). 2020年11月16日閲覧。