スーパーレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スーパーレールは、玩具メーカー大手のトミー(現在のタカラトミー、該当部門は現在のトミーテック)が昭和後期から平成初期にかけて製造・販売していた鉄道玩具。発売当時のキャッチコピーは「プラレールを卒業したらスーパーレール」。

製品概要[編集]

1972年(昭和47年)に、プラレールよりも高い年齢層を意識したリアル嗜好で、線路も枕木タイプを用いるなど、プラレールに比して大きくHOゲージに近いスケールサイズで発売された。

本格的な鉄道模型並みの自動カプラーを採用(電車などの固定編成前提の製品を除く)し、前後逆転機構[1]により、走行しながらの前進/後進切り替えなども可能にしていた。自動ターンテーブルや警報機付踏切などの高度な製品も存在した。

車両は、ディフォルメ2軸化[2]したタイプと、より実車を忠実に再現したボギー台車形式のタイプとが存在した。アメリカ合衆国スペイン向けの輸出モデルも存在した。

小学生以上をメインターゲットとしたリアルな製品構成であるが故に、プラレールと比べると末端の細かい部品を用いた製品が多く、あまりに小さい子供では取扱いが難しい程の物である為、破損しやすかった。また電動製品が多く、車両以外にも多くの乾電池を必要とした。トミーとしても、リアルな製品構成や前後逆転機構など、工程数がプラレールに比して多くなる割に、ターゲット層の関係からそれほど高い販売価格を設定できなかった。さらに、1976年(昭和51年)にはスーパーレールよりも上の層を対象とする[3]形でNゲージ鉄道模型TOMIXの販売が始まり、これを契機にNゲージが比較的低年齢層にも普及することとなった。スーパーレールは、プラレールとNゲージの間で板挟みになる形となり、製品構成もどっちつかずになってしまい、昭和50年代後半以降は売れ行きは鈍っていった。平成に入った後は補修部品中心の販売となり、1991年(平成3年)にはブランド廃止となった。

商標権のその後[編集]

2019年(令和元年)現在、「スーパーレール」という名称は、別分野でスーパーレール株式会社が、移動棚の名称として商標権を取得している[4] 。同社はスリーライン→インターナショナルシステムを経て商品名と同じ現社名に変更している。

ラインナップ[編集]

車両リスト[編集]

機関車[編集]

  • D51型蒸気機関車
  • クラウス型蒸気機関車
  • ED75型電気機関車 ※1981年生産中止
  • ED75型ブルー電気機関車(ED75型電気機関車の成形色を青に変更しEF65型電気機関車に見立てたもの)
  • EF66型電気機関車
  • DD51型ディーゼル機関車
  • DD20型ディーゼル機関車

電車[編集]

☆印の付いた車両はディフォルメ2軸化されたもの。

客車/貨車[編集]

  • 客車スハ43
  • 寝台車オハネフ25
  • 客車オハ50
  • コンテナ車 コキ5500
  • 車運車 ク5000(トミカを4台積載可能)
  • 有蓋車 ワム80000(茶・白・緑)
  • タンク車 タキ45000(青・黄・白)
  • 無蓋車 トム50000
  • ホッパー車 ホキ2200
  • 長物車 トキ21100
  • 車掌車 ヨ6000
  • 貨車セットA(有蓋車ワム70000(黒)・無蓋車トム50000(黒)・タンク車タキ45000(青)・車掌車ヨ6000・コンテナ車コキ5000(青))

レール・情景パーツ[編集]

  • 直線レール
  • 1/2直線レール
  • 曲線レールC
  • 曲線レールB(カーブを複線にする際に使用するレール)
  • 2/3曲線レールB
  • ふみきりレール
  • 転車台
  • リターンコントロールレール
  • 切り離しレール
  • コントロールレール
  • ポイントレールC
  • ポイントレールB
  • 片渡りポイントレール(左分岐・右分岐が1組ずつ1セットで販売されていた)
  • クロスレール
  • 坂レール
  • 車止め
  • こせん橋
  • 駅ホーム
  • アーチ型鉄橋
  • 橋脚
  • トンネル
  • 架線柱
  • 3灯式信号機
  • スーパー踏切(エレクトロサウンド付)

脚注[編集]

  1. ^ 専用レールと車両を用いる。前後逆転機構は直流モーターの極性転換ではなく、ギアによって行っていた。ギアを中間点で切り離した状態にする事で一時停止状態も可能であったがモーターを無負荷回転させる為、モーターに負荷が掛かり寿命を縮める事に成った。
  2. ^ リアルショーティーデザイン。晩年は実車を忠実に再現(車体のみ)した製品もボギー車では無く2軸に車軸が簡略化された。
  3. ^ トミーテックではTOMIXの対象年齢を15歳以上としている。なおプラレールアドバンスは6歳以上、プラレールは3歳以上となっている。
  4. ^ スーパーレール社企業情報 - 同社ホームページ。

関連項目[編集]