スーパーJカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SUPER J-CUP(スーパー・ジェイ-カップ)は、プロレスのトーナメント戦及び、その試合を中心としたプロレス興行。トーナメントはジュニアヘビー級のプロレスラーがプロレス団体の枠を超えて参加する勝ち抜き形式の大会。大会毎に主催するプロレス団体が異なっている。

概要[編集]

1990年代以降、インディー団体と呼ばれる小規模なプロレス団体が爆発的に増加してウルティモ・ドラゴンザ・グレート・サスケスペル・デルフィンなどメジャー団体の選手と比べても遜色のない実力を持つジュニアヘビー級のプロレスラーが多く登場。これを受けてプロレス団体の枠を超えた交流を通してジュニアの活性化を目的に新日本プロレス獣神サンダー・ライガーが大会の開催を提案。

1994年4月16日、新日本プロレス主催で第1回大会が開催。当時は知名度の低い若手選手だったハヤブサTAKAみちのくらが大きなインパクトを残した。大会の成功を受けて新日本プロレス、WARみちのくプロレスWCWとの間でジュニアの交流が活発に行なわれるようになりジュニア8冠王座の制定などヘビー級に劣らぬ人気を獲得して、その黄金期を築き上げた。

1995年12月13日、ウルティモがプロデューサーとなりWARが主催で開催。それ以降は数年おきに開催されている。

1st STAGE[編集]

参加選手[編集]

2nd STAGE[編集]

参加選手[編集]

その他の参加選手[編集]

3rd STAGE[編集]

参加選手[編集]

その他の参加選手[編集]

4th STAGE[編集]

参加資格がキャリア6年未満として実施された。

参加選手[編集]

その他の参加選手[編集]

5th STAGE[編集]

この大会では優勝者に2010年1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会でIWGPジュニアヘビー級王座(この時点での王者はタイガーマスク)への挑戦権があたえられる。優勝者の丸藤正道はタイガーマスクに挑戦してIWGPジュニアヘビー級王座を獲得している。

参加選手[編集]

6st STAGE[編集]

参加選手[編集]

その他の参加選手[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]