スープ〜生まれ変わりの物語〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スープ〜生まれ変わりの物語〜
監督 大塚祐吉
脚本 大塚祐吉
原作 森田健
『生まれ変わりの村』
製作 二村慈哉
三井昭彦
村瀬博之
柳田和久
製作総指揮 北牧裕幸
三藤守弘
太代眞裕
出演者 生瀬勝久
小西真奈美
音楽 安部潤
主題歌 wacci「会いに行くよ」
撮影 豊田実
編集 米田博之
製作会社 リンクライツ
ティー・オーエンタテインメント
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2012年7月7日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スープ〜生まれ変わりの物語〜』(スープ うまれかわりのものがたり)は、2012年7月7日公開の日本映画

概要[編集]

前世を記憶する人が多く暮らしていると言われる中国奥地の「生まれ変わりの村」を取材した森田健のベストセラー・ノンフィクション『生まれ変わりの村』[注釈 1]を設定のベースとしている[1]

事故で死んであの世に行った主人公と、現世に残された娘を通じて描かれる家族の絆や死生観などがテーマの作品。あの世に行くと渡される、前世の記憶がなくなるというスープを、飲むか飲まないかが物語のキーとなっている。

キャスト[編集]

50歳。インテリア・デザイン会社勤務。仕事ができない。妻と離婚。娘あり。
渋谷健一の上司。できる女で常に前向き。離婚歴あり。
渋谷の娘。
前世の記憶を持つ高校生。
前世の記憶を持つ高校生。直行と同じクラス。
直行と瞳のクラスにやって来た転校生。
17歳で自殺。渋谷と綾瀬に近藤の存在を教える。
美加の親友
美加の母の恋人
天使の羽根をつけた女性
あの世のボランティアの男
前世の記憶を持ったまま3回生まれ変わった男。
渋谷健一の知人の豪腕社長。半年前に糖尿病で亡くなる。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『生まれ変わりの村(1)』(2008年7月、アクセス|河出書房新社)『生まれ変わりの村(2)』(2009年6月、アクセス|河出書房新社)『生まれ変わりの村(3)』(2010年7月、アクセス|河出書房新社)

出典[編集]

  1. ^ イントロダクション”. 映画「スープ〜生まれ変わりの物語〜」公式サイト. 2013年5月19日閲覧。[リンク切れ]