スープ・オペラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スープ・オペラ』(Soup Opera)は、阿川佐和子著作の日本の小説、および小説を原作とした日本映画

小説[編集]

小説新潮』で連載された阿川佐和子著作の3人の男女の共同生活をメインにした長編小説。新潮社より2005年11月に単行本が発売(ISBN 978-4104655021)、2008年5月には新潮文庫が発売されている(ISBN 978-4101184531)。

ストーリー[編集]

突然の還暦の恋を迎えた叔母・トバちゃんが旅に出てしまい、一人暮しになった35歳の独身女性・島田ルイ。彼女の家に突然上がり込んだのは、2人の独身男性、初老のトニーさんと年下の康介。唯一の共通点はスープ好きという2人との、家族でも恋人でもない奇妙な共同生活が始まった。

映画[編集]

スープ・オペラ
監督 瀧本智行
脚本 青木研次
原作 阿川佐和子
出演者 坂井真紀
音楽 稲本響
撮影 柴主高秀
編集 高橋信之
製作会社 スープの会
配給 プレノンアッシュ
公開 日本の旗 2010年10月2日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スープ・オペラ』は、瀧本智行の第4回監督作品。主演は坂井真紀。9月26日に『もりおか映画祭』プレイベントとして盛岡ピカデリーで先行上映され、10月2日よりシネスイッチ銀座ほか、全国21館で公開。

ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第4位になるなど好評価されている。

特別鑑賞券特典としてアルディン&オールドマンズテーラー特製の手作りコースタープレゼント。映画のコラボレーションとして劇中のスープを再現した『野菜を食べるスープ』が『Cafe & Meal MUJI』でメニュー化、またフレンチレストラン『ラ・ファランドール』では映画での料理担当の稲元シェフが『スープオペラセット』としてルイのスープを提供された[1]。9月22-24日には日本橋三越本店で『映画スープ・オペラの世界展』が開催された。

キャッチコピーは「きちんとごはんを作ること。だれかと一緒に食べること。」「恋しい人が、帰ってくる。」。

キャスト[編集]

  • 島田ルイ(大学図書館の司書補、独身) - 坂井真紀
  • 林康介(元編集者、肉屋に勤める事に。いつも笑顔) - 西島隆弘AAA
  • トバちゃん(本名、楢崎藤子。ルイの叔母) - 加賀まりこ
  • 井上豪(人気作家) - 平泉成
  • 水谷医師(全国を飛び回る医者、トバちゃんと恋仲) - 萩原聖人
  • 奈々子(ルイの親友、編集者) - 鈴木砂羽
  • 吾妻屋主人(近所の肉屋) - 田山涼成
  • 田中泰子(十二夫の妻) - 余貴美子
  • 図書館長(大学図書館・館長) - 塩見三省
  • 桂木夫人(ルイの家のお隣さん) - 草村礼子
  • 倉木編集長(出版社編集長) - 嶋田久作
  • 石橋教授(大学のフランス語教授) - 菅原大吉
  • バス発車係(深夜バス発車係) - 品川徹
  • 大谷教授(大学教授) - 田村三郎
  • 笹島(ルイの見合い相手) - 森下能幸
  • 笹島の母 - 入江若葉
  • トニーさん(本名、田中十二夫、自称画家) - 藤竜也
  • ルイ(5歳) - 北村海歩
  • クリスチーナ(井上の妻) - コミアーナ鈴木
  • ノラ猫(ルイの家周辺を縄張りとしている野良猫) - リアン

スタッフ[編集]

  • 監督 - 瀧本智行
  • 原作 - 阿川佐和子
  • エグゼクティブプロデューサー - 井上和子、久松猛朗
  • 企画・製作 - 篠原弘子、城戸俊治
  • プロデューサー - 臼井正明
  • 脚本 - 青木研次
  • 音楽 - 稲本響
  • 撮影 - 柴主高秀
  • 美術 - 若松孝市
  • 照明 - 田中利夫
  • 装飾 - 山本信穀
  • 衣装 - 宮本まさ江
  • 録音 - 藤丸和徳
  • 整音 - 瀬川徹夫
  • 編集 - 高橋信之
  • スクリプター - 山下千鶴
  • キャスティング - 空閑由美子
  • 助監督 - 山本亮
  • 製作担当 - 澤井克一
  • 製作 - スープの会(ビー・アイ・ティー、プレノンアッシュ、衛星劇場
  • 製作協力 - シネムーブ
  • 企画協力 - 新潮社
  • 特別協力 - メディアスターフィナンシャルサービス
  • 助成 - 文化芸術復興費補助金
  • 配給 - プレノンアッシュ
  • 宣伝協力 - アステア

ロケ地[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]