スーラジ・バルジャーティヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーラジ・バルジャーティヤ
Sooraj Barjatya
Sooraj Barjatya
本名 Sooraj R. Barjatya
生年月日 (1965-02-22) 1965年2月22日(55歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家映画配給者
活動期間 1979年-
配偶者 ヴィニータ・バルジャーティヤ(1986年-)
著名な家族 ターラーチャンド・バルジャーティヤ英語版(祖父)
ラージクマール・バルジャーティヤ英語版(父)
カヴィタ・K・バルジャーティヤ英語版(従妹)
テンプレートを表示

スーラジ・バルジャーティヤ(Sooraj Barjatya、1965年2月22日 - )は、インドボリウッドで活動する映画監督映画プロデューサー脚本家映画配給者。メディア・コングロマリット企業ラージシュリー・プロダクション英語版の会長も務めている。

生い立ち[編集]

ムンバイマルワーリー英語版家庭に生まれ[1]セント・メアリー・スクール英語版シンディア・スクール英語版で教育を受ける。1986年にヴィニータ・バルジャーティヤと結婚し、3人の子供をもうけた。

キャリア[編集]

マヘーシュ・バット英語版の助監督としてキャリアをスタートさせる。24歳の時に祖父ターラーチャンド・バルジャーティヤ英語版に勧められ、彼が経営するラージシュリー・プロダクションで『私は愛を知った英語版』を監督する。同作は興行的な成功を収め、バルジャーティヤは同作で俳優デビューしたサルマン・カーンと共に高い評価を受けた。バルジャーティヤは同作でフィルムフェア賞 最優秀監督賞英語版にノミネートされ、サルマンはフィルムフェア賞 最優秀新人男優賞英語版を受賞した[2]。2人は1994年の『Hum Aapke Hain Koun..!』、1999年の『Hum Saath-Saath Hain』でコンビを組み、両作とも興行的な成功を収めている。2003年にリティク・ローシャンカリーナ・カプール英語版アビシェーク・バッチャンを起用して『Main Prem Ki Diwani Hoon』を監督し、2006年にはシャーヒド・カプールアムリタ・ラオ英語版を起用して『Vivah』を監督し、両作ともヒットを記録した[3]。2015年にサルマン・カーンと組んで『プレーム兄貴、王になる』を監督し、同年のボリウッド映画興行成績第2位を記録するヒット作となった。

バルジャーティヤは全ての製作作品で「プレーム」という名前のキャラクターを登場させている[4]。また、彼は作風について「私たちはマルワーリーの一員であり、壮大な儀式や結婚式を見て育ちました。私の映画で見られる豪華さは、子供のころに感じた印象が根底にあるのです」と語っている[1]

フィルモグラフィ[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Divya Vasisht (2003年6月29日). “Sooraj Barjatya: The big picture”. The Times of India. TNN. https://timesofindia.indiatimes.com/city/delhi-times/Sooraj-Barjatya-The-big-picture/articleshow/49316.cms 2018年7月20日閲覧。 
  2. ^ Did Salman Khan Won The Best Debute[sic Filmfare Award 1989]”. YouTube (2012年4月22日). 2018年7月20日閲覧。
  3. ^ Top Lifetime Grossers 1995-1999 (Figures in Ind Rs). Box Office India.
  4. ^ Taran Adarsh (2012年10月1日). “Box Office Top 5”. Bollywood Hungama. 2012年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月26日閲覧。