ズィーナトゥンニサー・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ズィーナトゥンニサー・ベーグム(Zinat-un-Nissa Begum, 1643年10月5日 - 1721年5月7日)は、北インドムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの次女。母はディルラース・バーヌー・ベーグム

生涯[編集]

1643年10月5日ムガル帝国の第6代皇帝アウラングゼーブとその妃ディルラース・バーヌー・ベーグムの娘としてアウランガーバードで生まれた[1]

1707年3月に父アウラングゼーブが死ぬまで、その面倒を妃のウダイプリー・マハルとともに見ていた[2]。一方、アウラングゼーブもまた彼女に対しては深く親愛の情を抱いており、死に際してアーザム皇子に送った手紙にもそれはあらわれている[3]

1721年5月7日、ズィーナトゥンニサー・ベーグムはデリーで死亡した[4]

脚注[編集]

  1. ^ Delhi 7
  2. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.246
  3. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.246
  4. ^ Delhi 7

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社2009年 

関連項目[編集]