ズッコケ男道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ズッコケ男道
関ジャニ∞シングル
初出アルバム『KJ2 ズッコケ大脱走
B面 愛に向かって
Explosion(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル インペリアルレコード
作詞・作曲 上中丈弥(#1、作詞)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 2007年4月度月間3位(オリコン)
  • 2007年度年間18位(オリコン)
  • 関ジャニ∞ シングル 年表
    関風ファイティング
    (2006年)
    ズッコケ男道
    (2007年)
    イッツ マイ ソウル
    (2007年)
    テンプレートを表示

    ズッコケ男道』(ズッコケおとこみち)は、関ジャニ∞の楽曲。2007年4月11日にインペリアルレコードから6枚目のシングルとして発売された[2][3]

    概要[編集]

    各形態概要[編集]

    カップリング
    曲名 形態
    初回 通常
    愛に向かって
    Explosion ×
    特典
    特典内容 形態
    コンサートON-OFFショットミニポスター 初回限定盤

    販売形態[編集]

    • 発売日:2007年4月11日
      • 初回限定盤(TECI-801:CD)
        • コンサートON-OFFショットミニポスター封入
      • 通常盤(TECI-802:CD)
    • 発売日:2015年7月1日
    • 発売日:2019年7月12日
      • 通常盤:十五催ハッピープライス盤(JSNC-1506:CD)
        • 自身の配信アプリ『関ジャニ∞アプリ』対応のため、15%オフでの再発売。

    チャート成績[編集]

    • 初週19.7万枚を売り上げ、2007年4月23日付のオリコン「オリコン週間シングルランキング」で週間1位を獲得[1]
    • 演歌・歌謡ランキングにおいて「通算1位数」「連続1位数」「初動売上枚数」で歴代1位の3冠達成となった[1]
    • 2作連続通算3作目となり、通算の1位獲得数で、演歌・歌謡ランキングで歴代1位となった[1]
    • 演歌・歌謡の2作連続総合1位獲得は32年9ヵ月振りであり、演歌・歌謡歴代1位タイ記録となった[1]

    収録曲[編集]

    1. ズッコケ男道 - [5:10]
    2. 愛に向かって - [3:14]
      作詞:MASA
      作曲・編曲:馬飼野康二
    3. Explosion - [4:05]
      • 通常盤のみ収録。
    4. ズッコケ男道 (オリジナル★カラオケ)

    楽曲提供者[編集]

    収録作品[編集]

    アルバム[編集]

    ズッコケ男道
    ※メドレーの1曲として収録。
    愛に向かって

    シングル[編集]

    ズッコケ男道
    • 24thシングル『涙の答え』(通常盤 初回プレス分)
    ※リミックス音源のメドレーの1曲として収録。
    ※バンドバージョンを収録。

    映像作品[編集]

    ズッコケ男道
    愛に向かって
    • 4thライブDVD『47』
    • 44thシングル『Re:LIVE』(期間限定盤B 特典DVD)
    Explosion
    • 4thライブDVD『47』

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c d e “関ジャニ∞、演歌・歌謡ランキング記録3部門制覇!”. ORICON NEWS. (2007年4月17日). https://www.oricon.co.jp/news/43823/full/ 2021年9月6日閲覧。 
    2. ^ “関ジャニ∞単独ドームコンサート「感激フィナーレ」”. スポニチアネックスOSAKA. (2007年2月26日). オリジナルの2007年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070228135918/http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200702/26/ente203049.html 2021年9月3日閲覧。 
    3. ^ “関ジャニ∞13万5千人動員!初ドーム公演閉幕”. スポーツ報知. (2007年2月26日). オリジナルの2007年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071017155829/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070226-OHT1T00084.htm 2021年9月3日閲覧。 
    4. ^ a b c d e f g 関ジャニ∞(エイト) / ズッコケ男道”. CDJournal (2007年). 2021年9月3日閲覧。
    5. ^ a b “関ジャニ∞ニューシングルはオロナミンC&キャンジャニ曲”. (2015年6月29日). https://natalie.mu/music/news/152261 2021年9月3日閲覧。 
    6. ^ ズッコケ男道”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2007年). 2021年9月3日閲覧。
    7. ^ “関ジャニ∞、次は全国制覇や!5月からジャニーズ初47都道府県ツアー”. SANSPO.COM. (2007年2月26日). オリジナルの2007年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070227160253/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200702/gt2007022610.html 2021年9月3日閲覧。 
    8. ^ “関ジャニ8があなたの街にやって来る”. デイリースポーツ. (2007年2月26日). オリジナルの2007年2月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070228101317/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/02/25/0000252346.shtml 2021年9月3日閲覧。 
    9. ^ “人気グループ「関ジャニ∞」ニッポン制覇や~”. 中日スポーツ. (2007年2月26日). オリジナルの2007年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070308140206/http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20070226/ftu_____tkhou___000.shtml 2021年9月3日閲覧。 
    10. ^ “THE イナズマ戦隊、9thアルバムに関ジャニ∞カバーも収録”. 音楽ナタリー. (2012年12月2日). https://natalie.mu/music/news/80924 2021年9月14日閲覧。 
    テレビアニメ忍たま乱太郎エンディングテーマ
    前作:
    関ジャニ∞
    桜援歌(Oh!ENKA)
    関ジャニ∞
    愛に向かって
    次作:
    NYC
    勇気100%