ズヴァールトフィス級潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズヴァールトフィス級潜水艦
英SBSと合同訓練を行なうズヴァールトフィス級
艦級概観
艦種 潜水艦
建造期間 1966年 - 1972年
就役期間 1982年 - 1995年
前級 ドルファイン級潜水艦英語版
次級 ワルラス級潜水艦
性能諸元
排水量 基準:2,408t
水中:2,640t
予備浮力:
全長 66.9m
全幅 8.4m
全高
吃水 7.1m
機関 ディーゼル・エレクトリック推進
(水上1,400Ps 水中5,100Ps)
Stork-WerkspoorRUB 215型ディーゼル 3基
交流発電機 2基
Holec主電動機(出力5,100 hp) 1基
5翼スキュード・スクリュー 1軸
速力 水上13ノット / 水中20ノット
乗員 79名(士官8名、下士官兵71名)
兵装 533mm魚雷発射管
魚雷20発
6門
ソナー 統合式
type 20026
潜水艦
指揮管制
装置
DUUX-5
レーダー type 1001
言語 表記
日本語 ズヴァールトフィス級潜水艦
英語 Zwaardvis Class Submarine

ズヴァールトフィス級潜水艦(-きゅうせんすいかん、オランダ語: Onderzeeboot van de Zwaardvis klasse)は、オランダ王立海軍通常動力型潜水艦である。1966年から1972年までに2隻が建造された。“ズヴァールトフィス”はオランダ語で“メカジキ”の意。

概要[編集]

ドルファイン級潜水艦英語版の後継としてオランダ王立海軍が建造した。本級は海上自衛隊うずしお型潜水艦と同じく米海軍バーベル級潜水艦を元に涙滴型船体で建造された。1987年ハープーン対艦ミサイルを搭載可能にする等の近代化改装を受ける。後にワルラス級潜水艦と交代し除籍となった。

除籍となったズヴァールトフィスとテーヘルハイは1997年マレーシア海軍に売却される予定でマレーシアまで運ばれたが、フランススコルペヌ型潜水艦の採用を決定。再整備等の為、2005年にオランダに返却された[1]

同型艦[編集]

建造:RDM
起工:1966年7月14日
進水:1970年7月2日
竣工:1972年2月18日
就役:1972年8月18日
除籍:1994年
建造:RDM
起工:1966年7月14日
進水:1971年5月25日
竣工:1972年10月20日
就役:1972年10月29日
除籍:1995年
準同型艦

脚注[編集]

  1. ^ Mindef.nl :: RDM verplicht tot sloop suikboten Archived 2007年2月25日, at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

  • Conway's All the World's Fighting Ships 1947–1995