ズート・シムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ズート・シムズ
Zoot Sims
Zoot Sims 1976.jpg
ニューヨーク市52番街ジャズ・フェアー(1976年7月6日)にて
基本情報
出生名 John Haley Sims
生誕 (1925-10-29) 1925年10月29日
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州イングルウッド
死没 1985年3月23日(1985-03-23)(59歳)
ジャンル ジャズ
職業 サクソフォーン奏者
担当楽器 テナー・サクソフォーン
ソプラノ・サクソフォーン
アルト・サクソフォーン
共同作業者 ウディ・ハーマンアル・コーンスタン・ケントンバディ・リッチジェリー・マリガンオスカー・ピーターソンジャック・ケルアックボブ・ブルックマイヤーカウント・ベイシーアート・ペッパージム・ホール、アニー・ロス

ズート・シムズZoot Sims1925年10月29日1985年3月23日 ニューヨーク・シティ)は、アメリカ合衆国ジャズサクソフォーン奏者。主にテナー・サクソフォーンとソプラノ・サクソフォーンを吹いた[1]。本名はジョン・ヘイリー・シムズ(John Haley Sims)といい、ズートは渾名である。この渾名は、カリフォルニアでケニー・ベイカー楽団に在籍中に付けられたものである。シムズにちなんで、あるテレビ番組のキャラクターにも「ズート」の名が取り入れられた。

略歴[編集]

カリフォルニア州イングルウッドに生まれる。ヴォードヴィル芸人の家庭に生まれ、タップダンサーだった父親から、さまざまなステップを仕込まれる。後に当時を回想して父親の指導を自慢した。また、少年時代にドラムスクラリネットの演奏を習い覚えた。

レスター・ヤングの足跡を追ってサクソフォン奏者となり、生涯を通じてベニー・グッドマンアーティ・ショウスタン・ケントンバディ・リッチらの著名なビッグ・バンドと共演し、テナー・サクソフォーン演奏の改革を繰り広げた。また、第2期ウディ・ハーマン楽団の「フォー・ブラザーズ」の一人に数えられ、ジャズ・ミュージシャンの間ではスウィング様式による最強のサクソフォーン奏者として知られた。シムズはしばしば自身のコンボを結成し、また時にはジェリー・マリガン・セクステットや後にはマリガン・コンサート・ジャズ・バンドと演奏旅行を行なった。

1950年代1960年代には、アル・コーンと共同で長期にわたってクィンテットのリーダーを務め、「アルとズート」名義で録音を行なった。このクィンテットはニューヨークのクラブ「ザ・ハーフ・ノート」が贔屓にした。ズートはいつでもテナー・サックスの高い音域を好んでおり、それでアルト・サックスや、後年(ノーマン・グランツのパブロ・レーベルに一連のアルバムを録音していた時期)になると、ソプラノ・サックスを好んで吹くようになる。また、ジャック・ケルアックのいくつかの録音にも参加した。

また、1962年、世界で初めて、ジャズとボサノヴァを結合したアルバム『New Beat Bossa Nova』を録音した。

脚注[編集]

  1. ^ allaboutjazz Archived 2012年7月6日, at the Wayback Machine.