セイコーフレッシュフーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社セイコーフレッシュフーズ
seicofreshfoods, Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
003-0030
北海道札幌市白石区流通センター7丁目9-35[1]
設立 1940年6月[1]
業種 卸売業
法人番号 8430001023833
事業内容 総合酒類食品卸、ポランタリーチェーン「ハマナスクラブ」
代表者 代表取締役社長 本田 竜也[1]
資本金 4億9,263万円[1]
売上高 1030億0400万円(2017年12月31日時点)[2]
営業利益 4億0900万円(2017年12月31日時点)[2]
経常利益 5億0700万円(2017年12月31日時点)[2]
純利益 2億5200万円(2017年12月31日時点)[2]
総資産 363億9200万円(2017年12月31日時点)[2]
従業員数 正社員112名、嘱託・契約社員19名、パート社員283名(2014年12月末現在)[1]
外部リンク セイコーフレッシュフーズ
特記事項:株式会社セコマの子会社
テンプレートを表示

株式会社セイコーフレッシュフーズとは、北海道札幌市白石区に本社を持つ物流・総合卸企業。「ハマナスクラブ」のボランタリー・チェーン本部。セコマのグループ企業。

本項では丸ヨ西尾時代に設立したスパーの北海道におけるボランタリー・チェーン本部であった北海道札幌市中央区に本社を持つ北海道スパー株式会社についても記述する。

セイコーフレッシュフーズ[編集]

現社名を名乗るセコマグループ企業としては2代目。

1895年9月に味噌、醤油、酒類などを販売する丸ヨ西尾商店として開業。法人化されたのは1940年。1965年に株式会社丸ヨ西尾に改称。

1974年に東部食品株式会社が設立され、1995年にセイコーフレッシュフーズ株式会社(初代)に改称。

2002年に丸ヨ西尾を存続会社としてセイコーフレッシュフーズを合併。

2009年に丸ヨ西尾が株式会社セイコーフレッシュフーズ(2代目)に改称。2012年には道東セイコーフレッシュフーズを合併している。

2016年4月よりコンビニエンスストアハマナスクラブのポランタリー本部機能を有する。(後述)

ハマナスクラブ[編集]

ハマナスクラブゆうべつ芭露店
紋別郡湧別町

ハマナスクラブはセイコーフレッシュフーズが運営する、コンビニエンスストアのボランタリー・チェーン[3]。2016年9月1日に北海道スパーから営業を譲渡された。店舗は約50店ありハマナスの花びらをあしらったマークとハマナスクラブのブランドで営業する。

基本的な営業内容はスパー時代と変わらないが、セイコーマートのクラブカード(ポイントカード)については使用できない。今後チェーンの新規加盟を募って行くという。全店舗かは定かではないが、楽天ペイ端末を契約して各種クレジットカードや電子マネーに対応した店舗が複数出てきている。スパー時代は現金しか使用出来なかった。

沿革[編集]

  • 2016年(平成28年)4月 - 北海道スパーがスパー本部との契約更新を行わないため、受け皿としてセイコーフレッシュフーズが「ハマナスクラブ」のボランタリーチェーン本部を設置[4]
  • 2016年(平成28年)6月 - 北海道スパーから転換したハマナスクラブ1号店として「ハマナスクラブ拓北店」(札幌市)が開店[5]
  • 2016年(平成28年)9月1日 - 北海道スパーから営業を譲渡され、「ハマナスクラブ」単独で営業を開始する。


北海道スパー[編集]

北海道スパー株式会社
Hokkaido Spar Company, Ltd.
Hokkaido-SPAR.Maeda-Hattori01.JPG
店舗例(スパー前田店服部、北海道札幌市
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
064-8620
北海道札幌市中央区南9条西5丁目421番地
パーク9・5ビル[6]
設立 1977年8月[6]
業種 小売業
事業内容 コンビニエンスストアチェーンの運営(ポランタリー)
代表者 代表取締役社長 牧野諭[6]
資本金 3,000万円[6]
支店舗数 60店(2015年12月末現在)[6]
特記事項:スパーの北海道におけるボランタリー
テンプレートを表示

北海道スパーは、北海道札幌市にあったコンビニエンスストアの運営(ボランタリー)を行っていた企業。丸ヨ西尾(後のセイコーフレッシュフーズ)が出資する形で設立された。スパーの北海道の地区本部で、2008年までは全日本スパー本部を通じて、2008年以降は単独で国際スパー本部に加盟していた。加盟店は世界各国のスパーと同じ看板を掲げており、生鮮品の品揃えを強化したスーパーマーケットタイプ (例 スパー緑ヶ丘店など) と一般的なコンビニエンスストアタイプの店舗を展開しており、セイコーマートのクラブカード(ポイントカード)が使用できた。

「スパー」と名乗っていたものの、末期にはセイコーマートと遜色ない店舗構成となっていた。「スパー加盟から約40年経過し、ノウハウを十分に吸収できた」として、2016年8月31日をもってスパーとの契約を終了した。契約満了に伴い、営業を続ける全店舗のボランタリー契約をセイコーフレッシュフーズに譲渡し、2016年9月1日にブランド名がハマナスクラブへと変更された。一部店舗はセイコーマートへ転換している。

日本においては最後までスパーに加盟していた地区本部で、契約終了によって日本からスパーは姿を消した[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 会社概要”. 株式会社セイコーフレッシュフーズ. 2016年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 株式会社セイコーフレッシュフーズ 第80期決算公告
  3. ^ a b “北海道から「スパー」消滅!ピンク色の「ハマナスクラブ」に転換へ”. 北海道ファンマガジン. (2016年8月29日). https://pucchi.net/hokkaido/funlog/201608spar.php 2018年12月25日閲覧。 
  4. ^ “コンビニ「スパー」8月末で営業終了 「ハマナスクラブ」が新チェーン名に”. リアルエコノミー. (2016年3月31日). http://hre-net.com/keizai/ryutu/18295/ 2018年12月25日閲覧。 
  5. ^ 「ハマナスクラブ」登場!「スパー」から転換第1号の札幌・拓北店 - リアルエコノミー 2016年6月3日掲載 2016年9月13日閲覧
  6. ^ a b c d e 会社概要”. 株式会社北海道スパー. 2016年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月1日閲覧。

関連項目[編集]