セイバイン・ベアリング=グールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S・ベアリング=グールド

セイバイン・ベアリング=グールド(Sabine Baring-Gould、1834年1月28日 - 1924年1月2日)は、イングランド国教会牧師考古学者民俗学者聖書学者。孫の一人はシャーロキアンのウィリアム・ステュアート・ベアリング=グールド(William Stuart Baring-Gould)である。

生涯[編集]

エクセター州セント・シドウェル(St Sidwells)教区に生まれる。ファーストネームのセイバインは遠縁の北極探検家エドワード・サビーンにちなんで名づけられた。ケンブリッジ大学を卒業後、1881年からデヴォン州トレンチャードで牧師をする。著作は本職の聖書研究から、考古学・民俗学・伝説研究・民謡研究にまでおよぶ[1]

著作[編集]

  • The Book of Were-Wolves, being an account of a terrible superstition (1865)
  • Curious Myths of the Middle Ages (1866)
  • The Lives of the Saints - a sixteen-volume collection (1872 and 1877)
  • Mehalah, A Story of the Salt Marshes (1880)
  • The Village Pulpit (1886)
  • Red Spider (1887)
  • Grettir the Outlaw: a story of Iceland (1890)
  • In Troubadour Land: A Ramble in Provence and Languedoc (1890)
  • In the Roar of the Sea (1891)
  • The Tragedy of the Caesars (1892)
  • Dartmoor Idylls (1896)
  • The Broom-Squire (1896)
  • Curiosities of Olden Times (1896)
  • A Book of The West: Being An Introduction To Devon and Cornwall (2 Volumes, 1899)
  • Pabo, The Priest (1899)
  • A Book of Dartmoor (1900)
  • A Book of Ghosts (1904)
  • Songs of the West: Folksongs of Devon & Cornwall (1905)
  • Devon (1907)
  • The Life of Napoleon Bonaparte (1908)
  • Cornish Characters (1909)
  • The Vicar of Morwenstow, being a life of Robert Stephen Hawker (1913)
  • Cliff Castles and Cave Dwellings of Europe
  • Devon Characters and Strange Events
  • A First Series of Village Preaching for a Year
  • A Second Series of Village Preaching for a Year
  • Bladys of the Stewponey (1919)
  • Court Royal
  • Domitia
  • Eve
  • John Herring
  • Iceland, Its Scenes and Its Sagas
  • Noemi
  • Sermons to Children
  • Sermons on the Seven Last words
  • Old Country Life
  • The Preacher's Pocket
  • The Mystery of Suffering
  • The Pennycomequicks
  • The Gaverocks
  • Urith
  • Village Preaching for Saints' Days

邦訳[編集]

  • 今泉忠義・訳『民俗学の話』(1955年、角川文庫
  • 村田綾子、佐藤利恵、内田久美子・共訳、池上俊一監修『ヨーロッパをさすらう異形の物語―中世の幻想・神話・伝説』上・下(2007年、柏書房
  • ウェルズ恵子、清水千香子・共訳『人狼伝説―変身と人食いの迷信について』(2009年、人文書院

脚注[編集]

  1. ^ 今泉忠義・訳 『民俗学の話』 角川書店1955年、210p。