セイヴィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セイヴィア
Savior
監督 ピーター・アントニエヴィッチ英語版
脚本 ロバート・オー
製作 オリバー・ストーン
ジャネット・ヤン
製作総指揮 シンディ・コーワン
音楽 デヴィッド・ロビンス
撮影 イアン・ウィルソン
編集 ガブリエラ・クリスティアーニ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年11月20日
日本の旗 2000年4月8日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
セルビア・クロアチア語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 $14,328[1]
テンプレートを表示

セイヴィア』(原題: Savior)は、1998年公開のアメリカ合衆国の映画ボスニア紛争の悲惨さを描いた戦争映画オリバー・ストーン製作作品。

ストーリー[編集]

ジョシュア・ローズ(デニス・クエイド)はパリのアメリカ大使館に勤務していた。ある日、彼の妻(ナスターシャ・キンスキー)と息子がイスラムテロリストによって殺害される。家族の葬儀の後、ジョシュアはモスクでイスラム教徒を射殺する。ジョシュアは逮捕を回避するためにフランス外人部隊に参加し、名前を「ギイ」と名乗る。

舞台はボスニア。町のイスラム教徒を分離する橋に駐留する。セルビアの女性囚人であったヴェラは明らかに妊娠していた。彼女はイスラム教徒の力によってレイプされたのだ。ギイはゴランを連れてゴランの車で彼女の村に向かった。

ゴランはトンネルで車を停止させ、車からヴェラを降ろし蹴り始める。ギイはゴランを射殺する。子供を出産したヴェラと共に移動するギイは、赤十字のある安全なスプリットを目指すが、ヴェラはクロアチア軍に捕まり殺される。無事だった赤ん坊を連れたギイは何とかバスに乗り込みスプリットにたどり着く。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Savior” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年8月5日閲覧。