セガ・ロッソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セガ > セガ・ロッソ

株式会社セガ・ロッソ(Sega Rosso ltd.)は、かつて存在したセガ(後のセガゲームス)の開発子会社。AM研究開発部分室が第12AM研究開発部、第5ソフトウェア研究開発部を経て独立し2000年7月1日に設立された。社長は佐々木建仁。社名の「ロッソ」はイタリア語で「赤」を意味するが、これはセガのコーポレートカラーである「青」イコール「クール」というイメージを「赤くホットなものに変えたい」という意味が込められていた。

2003年10月1日のグループ再編により、ヒットメーカーに吸収合併され、佐々木はヒットメーカーの取締役に就任した。

作品[編集]