セク・オリセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セク・オリセー Football pictogram.svg
Sekou Oliseh 6598.jpg
名前
本名 セク・オリセー
ラテン文字 Sekou Jabateh Oliseh
基本情報
国籍 リベリアの旗 リベリア
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1990-06-05) 1990年6月5日(27歳)
出身地 モンロビア
身長 178cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 中華人民共和国の旗 大連一方足球倶楽部
ポジション MF / FW
背番号 22
利き足 右足
ユース
ナイジェリアの旗 エベデイ
2006-2008 デンマークの旗 ミッティラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2008-2009 デンマークの旗 ミッティラン 5 (0)
2009 ロシアの旗 CSKAモスクワ (loan) 5 (1)
2010-2015 ロシアの旗 CSKAモスクワ 65 (3)
2013-2014 ギリシャの旗 PAOK (loan) 23 (4)
2014-2015 ロシアの旗 クバン・クラスノダール (loan) 12 (4)
2015 カタールの旗 アル・ガラファ 6 (2)
2016 ルーマニアの旗 アストラ・ジュルジュ
2016- 中華人民共和国の旗 大連一方 10 (0)
代表歴2
2010-2014 リベリアの旗 リベリア 17 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年10月22日現在。
2. 2016年1月26日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

セク・オリセーSekou Jabateh Oliseh, 1990年6月5日 - )は、リベリアモンロビア出身のサッカー選手。元同国代表。ポジションはMF(SH)、FW大連一方足球倶楽部所属。

叔父は元ナイジェリア代表サッカー選手のサンデー・オリセー

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

1990年、リベリアの首都モンロビアで生まれた。1999年にはリベリア内戦が勃発し多くの友人を亡くす[1]。2002年にナイジェリア軍によって救い出されてナイジェリアへ逃れた[2]。難民キャンプで過ごしていた時にチャーチル・オリセーと出会い、フットボールクラブのF.C. Ebedeiに入団した。元々の名前はSekou Jabatehであったが、コーチのチャーチル・オリセーの養子になった事からOlisehが与えられた[3]。2006年、デンマークのFCミッティラントに入団し、2008年にトップチームに昇格をした。2008年10月26日に同クラブでデビューを果たした。

PFC CSKAモスクワ[編集]

2009年8月、ロシアのPFC CSKAモスクワへレンタル移籍をした。同年12月、CSKAモスクワと5年契約を結び完全移籍した[4]

代表[編集]

2010年9月5日、アフリカネイションズカップ2012予選ジンバブエ代表との試合でリベリア代表デビューをし、この試合で代表初ゴールを挙げた。

所属クラブ[編集]

ロシアの旗 PFC CSKAモスクワ 2009 (loan)
  • ロシアの旗 PFC CSKAモスクワ 2010-2015
ギリシャの旗 PAOKテッサロニキ 2013-2014 (loan)
ロシアの旗 FCクバン・クラスノダール 2014-2015 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Секу Олисе: "Футбол спас меня от гибели"sport-express、2012年1月14日閲覧。
  2. ^ CHURCHILL OLISEH:SEKOU was rescued by the Nigerian Armyallnigeriasoccer.com、2012年1月17日閲覧。
  3. ^ Армия Олисеsports.ru、2012年1月14日閲覧。
  4. ^ СЕКУ - АРМЕЕЦ НА ПЯТЬ ЛЕТsport-express、2012年1月14日閲覧。
  5. ^ Sekou Oliseh sub comanda lui Șumudică”. AFC Astra Giurgiu (2016年3月24日). 2016年4月10日閲覧。(ルーマニア語)