セスナ 185

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セスナ 185

セスナ 185 スカイワゴン(Cessna 185 Skywagon)は、セスナ社が開発した軽飛行機

概要[編集]

初飛行は1960年7月セスナ 180を元に開発された機体で、ブッシュ・プレーン(未開地用の汎用機)を意図していたためエンジンや機体フレーム、降着装置が強化されていた。180の後期型と同様6座席で、キャビン窓は片側2つから3つに増やされ、降着装置はスキーフロートに変えることができた。大きく分けて基本型のスカイワゴンと、より発達したスカイワゴンIIの2種類が販売されている。農業機型のアグキャリオール(AGcarryall)も開発されたほか、軍用機としてもアメリカ空軍が海外へ提供する汎用機としてU-17の名称で採用し、各国の軍へ供与された。1985年まで生産され、総生産数は4,400機以上。

派生型[編集]

185
最初の量産型。エンジンはコンチネンタル製IO-470-F(260 hp)を搭載。275機生産。
185A
オプションで長距離燃料タンクを装備可能になった。275機生産。
185B
78機生産。
185C
89機生産。
185D
108機生産。
185E
110機生産。
A185E アグキャリオール
最初の農業機型。エンジンをIO-520-D(300 hp)に変更。薬剤散布装置が装着でき、人員及び資材輸送、農業パイロットの訓練などにも使用できた。723機生産。
A185F アグキャリオール
最終型。2,538機生産。
U-17A
185E相当の軍用型。262機生産。
U-17B
A185E相当の軍用型。205機生産。
U-17C
180HのエンジンをIO-470-L(260 hp)に換装した軍用型。7機生産。

採用国(軍用)[編集]


諸元(185)[編集]

  • 全長:7.85 m
  • 全幅:10.92 m
  • 全高:2.36 m
  • 翼面積:16.16 m2
  • 空虚重量:769 kg
  • 最大離陸重量:1,520 kg
  • エンジン:コンチネンタル IO-470-F 水平6気筒ピストンエンジン(260hp) × 1
  • 最大速度:286 km/h(海面高度)
  • 巡航速度:274 km/h(高度2,135 m)
  • 実用上昇限度:5,455 m
  • 航続距離:1,576 km
  • 乗客:5名
  • 乗員:1名

参考文献[編集]