セゾングループの映画事業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かつて日本に存在した流通産業を中心とするセゾングループ(西武セゾングループ)は、総帥の堤清二を頂点として、加盟各社により1983年頃より1990年代末にかけて、製作から興行の分野にかけて映画・映像の事業展開がなされていた。なお、事業への指向はビジネス的側面と文化事業的な側面が事業を行う各社及び、その案件、個別の状況で行われていた。安部公房武満徹など、堤と個人的に関係のある人物が関与することも多かった。

前史[編集]

テレビドラマ[編集]

セゾングループは「西武スペシャル」および、「セゾンスペシャル」という冠名で、1979年から1987年(1985年より「セゾンスペシャル」に名称変更)の期間に単発のテレビドラマへの提供を行い、下記のリストにある様に日本テレビTBSフジテレビMBSにて製作され、全国のネット局にて放送されていた。

内容的には、同グループの主事業の流通業の顧客が女性であることから、女性が主人公、女性を取り巻く物語が比較的に多数であった。また、大型の出店・催事などに連動した、いわゆる“ご当地物”とする傾向もあった。

作品リスト[編集]

※ 番組のタイムCMには、セゾングループ各社の特別に制作された長尺のCFが放映されていた。

映画[編集]

施設[編集]

  • スタジオ200 - 西武百貨店池袋店(現:池袋本店)内にて1979年より1991年の期間に運営されていた多目的ホール。アート系映画、実験映画、アニメーションなどの展示も企画・運営。1983年にオープンの シネ・ヴィヴァン・六本木やシネセゾンにその映像部門の一部がスピンアウト。

製作事業[編集]

エクゼ、西友、セディック、パルコなどが映画製作を展開。

エグゼ[編集]

シネセゾン[編集]

西友[編集]

セゾングループ[編集]

  • 「火まつり」(1985年/監督:柳町光男)※共同製作:シネセゾン=プロダクション群狼
  • 「人間の約束」(1986年/監督:吉田喜重)※共同製作:西友=キネマ東京
  • 友達」(1989年/監督:シェル・オーケ・アンデション)※共同製作:SFI=西武美術館=新潮社

セディック[編集]

パルコ[編集]

協力・その他[編集]

映像制作事業[編集]

セディック[編集]

映画[編集]

  • BU・SU」(1987年/監督:市川準)
  • 「クレープ」(1993年/監督:市川準)
  • 「乳房」(1993年/監督:根岸吉太郎)

テレビほか[編集]

  • 中村敦夫の地球発22時 マニラ緊急報告・いま日本人が危ない!?」(テレビ/1987年/毎日放送) ※第24回ギャラクシー賞選奨受賞
  • 松本清張サスペンス 六畳の生涯」(テレビ/1987年/読売テレビ/脚本:大野靖子/監督:富本壮吉)※第25回ギャラクシー賞奨励賞受賞
  • 「秋のシナリオ」(テレビ/1987年/日本テレビ/脚本:倉本聡/演出:石橋冠
  • 「江夏八重子の生涯」(テレビ/1988年/鹿児島テレビ放送、セディック、読売テレビ/脚本:井沢満/演出:和田勉)
  • 「恋の仕事人 シュラバ★ヤ★ランコ」(Vシネマ/1996/監督:水谷俊之/松竹ホームビデオ)

配給事業[編集]

  • シネセゾン ※1984年2月に設立、アート単館系の洋画・邦画の映画配給が主な事業。又、西友、西武百貨店が運営する映画館の番組編成の協力及び、友の会の運営などを行った。1998年に活動を終えている。
  • 東京テアトル ※1988年より“バビット”レーベルで洋画の買付・配給業務を開始。 また、日本のアニメーション映画の配給も行う。

興行事業[編集]

各企業が運営するショッピングセンターなどの商業施設内には映画館が設営され、当該企業が経営・運営に当たった。尚、1993年に各社が運営していた映画館のほとんどは、当時グループ内企業であった東京テアトルに移管又は譲渡された。

西武百貨店[編集]

西友[編集]

東京テアトル[編集]

・セゾングループに帰属前より運営されている施設。

・セゾングループに帰属中に新館オープンした施設。

パルコ[編集]

映画祭 等[編集]

  • フランス新作映画祭 - 1984年、フランス大使館、シネセゾン、西武美術館が主催し「チャオ・パンタン」など11作品を紹介。
  • イタリア映画祭 - 1986年9月、シネ・ヴィヴァン・六本木、シネセゾン渋谷ほかを会場に、西武百貨店のイタリア展に併せて開催。
  • 北欧映画祭 - 1987年11月、シネ・ヴィヴァン・六本木、シード・ホールなどでスカンジナビア5カ国の10作品を紹介。
  • キューバ映画祭`89 - 1989年8月、シードホール、キネカ大森にて。主催は西友。
  • サンダンス映画祭in東京 - 1980年代後期から1990年代後期、西友が主幹して開催。
  • ソビエト映画祭'90 - 1990年4月に銀座テアトル西友、キネカ錦糸町にて開催。
  • ソビエト女性映画人週間'91 - 1991年4月に開催。
  • 新ラテンアメリカ映画祭'90 - 1990年10月に銀座テアトル西友、キネカ錦糸町にて開催。ガルシア・マルケスなどが来日した。
  • さっぽろ映画フェスタ - 1990年代中期〜後期に西友が毎秋、札幌にて開催。初期は「さっぽろ北方圏映画祭」が名称であった。
  • さっぽろ映像セミナー - 1990年代中期〜後期に西友が札幌の地で国際映画学校(未開校)の開設の準備していた経緯で、さっぽろ映画フェスタと同時期に開講していた合宿式の映画脚本塾。このセミナーに参加脚本より「Focus」、「月とキャベツ」が映画化している。また、榎本憲男 、佐藤毅、佐藤佐吉三原光尋吉田玲子 等を輩出。

関連人物[編集]

  • 阿部嘉昭 - 評論家。立教大学特任教授。 ※西友映画製作事業部
  • 荒井曜 - 小説家。映画宣伝プロデューサー。
  • 一瀬隆重 - 映画プロデューサー。 ※エクゼ プロデューサー
  • 伊藤高志 - 映像作家。京都造形芸術大学教授。 ※シネセゾン 宣伝部
  • 宇佐美昭次 - 元西友文化事業部長。 ※シネセゾン代表取締役
  • 榎本憲男 - 映画監督、脚本家、映画プロデューサー。 ※銀座テアトル西友 支配人
  • 紀国憲一 - 元西武百貨店文化事業部長。 ※シネ・ヴィヴァン・六本木の開館を推進。
  • 黒井和男 - 映画プロデューサー。 ※西友映画製作事業部 顧問
  • 佐藤佐吉 - 映画監督、脚本家。俳優。 ※サンダンス映画祭in東京 企画担当
  • 高丘季昭 - 元セゾングループ代表幹事。
  • 堤康二 - セゾン文化財団 理事 ※エクゼ、セディック プロデューサー
  • 堤清二
  • 中川陽介 - 映画監督。SSコミュニケーションズ 編集。
  • 中澤敏明 - 映画プロデューサー。 ※セディック プロデューサー
  • 門間貴志 - 映画研究者、明治学院大学文学部芸術学科准教授。 ※シードホール 担当
  • 山口一信 - 書籍・雑誌編集者。映画プロデューサー。 ※西友映画製作事業部 事業部長
  • 柳下美恵 - サイレント映画伴奏ピアニスト。 ※スタジオ200 担当
                                ※ 在職時の役職など

その他[編集]

  • エイゼンシュテイン記念国際シンポジウム 〜映画100年にむけて〜 - 1993年10月にキネカ錦糸町にて開催。
  • キネマ旬報社 ※1991年にセゾングループの出版会社SSコミュニケーションズの関連会社となり、2001年までグループ内企業であった。
  • さっぽろ国際映画学校(仮称)  ※未成校。英国国立映画テレビ学校 (NFTS: National Film and Television School) の提携校として、フジサンケイグループ石田達郎の企画に西友が参画していた。
  • さっぽろ映像セミナー ※未成校となった、さっぽろ国際映画学校(仮称)のプレ企画として、1993年〜1990年代後期に毎年秋に開講されていた合宿式のシナリオセミナー。毎回、著名な映画監督、脚本家、プロデューサーを講師に招き1週間に渡り講義を行っていた。なお、映画「Focus」、「月とキャベツ」は、このセミナーに参加したシナリオの映画化作品。

参考文献[編集]

  • 『映画年鑑』1984年〜1990年版(刊:時事映画通信社)
  • 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』 (刊:リブロポート / 1991年)
  • 『セゾンの活動 年表・資料集 (S´erie SAISON)』 (刊:リブロポート / 1991年)
  • 『Cine Saison 1984-1998』 (刊:シネセゾン / 1998年)
  • 『SAISON JOURNAL』