セティボス (衛星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セティボス
Setebos
セティボス発見時の画像。
セティボス発見時の画像。
仮符号・別名 S/1999 U 1
Uranus XIX
分類 天王星の衛星
発見
発見日 1999年7月18日[1][2]
発見者 ジョン・J・カヴェラーズ
ブレット・J・グラドマン
マシュー・J・ホルマン
ジャン=マルク・プティ
ハンス・ショル[1]
軌道要素と性質
平均公転半径 17,418,000 km[3][4]
離心率 (e) 0.5914[4]
公転周期 (P) 2225.21 日[4]
軌道傾斜角 (i) 140.11° (天王星の赤道面に対して)
158.16° (局所的なラプラス面に対して)
146.25° (黄道面に対して)[4]
天王星の衛星
物理的性質
平均半径 24 km[3]
表面積 7,238.23 km2[1]
体積 57,906 km3[1]
質量 7.5×1016 kg[5]
平均密度 1.3 g/cm3 (仮定値)[5]
表面重力 0.063 m/s2
脱出速度 0.0204 km/s
アルベド(反射能) 0.04 (仮定値)[5]
表面温度
最低 平均 最高
~65 K (推定)
■Template (■ノート ■解説) ■Project

セティボス[6]またはセテボス[7][8] (Uranus XIX Setebos) は、天王星の第19衛星である。天王星の衛星の中ではほぼ最外縁を周っており、これより遠ざかる衛星はファーディナンドのみである。

発見と命名[編集]

発見報告と確定[編集]

セティボスは、1999年7月18日にジョン・J・カヴェラーズらによってカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡を用いた観測によって発見された[1][2]。この時の観測では、別の天王星の衛星ステファノー (発見時の仮符号は S/1999 U 2) も発見されており[9][10]、さらに同日にプロスペロー (S/1999 U 3) も発見されている[11]。発見は7月27日に国際天文学連合のサーキュラーで公表され S/1999 U 1 という仮符号が与えられたが、この段階では確実に天王星の衛星であるという確証は得られず、ケンタウルス族の天体だとしても観測された位置を説明することができた[9][10]。しかし天王星の見かけの動きと似たケンタウルス族天体はそれまで発見されていなかったため、S/1999 U 2 と共に天王星の衛星である可能性は高いとされた[9][10]

発見報告後も継続的に観測が行われ[11]2000年には S/1999 U 2 と共に天王星の衛星であることが確実視された[12][13][14]

命名[編集]

最終的に軌道が確定したことを受け、2000年8月21日にウィリアム・シェイクスピア戯曲テンペスト』に登場する人物に因んで命名され[1]Uranus XIX という確定番号が与えられた[15][16][17]

名称の由来[編集]

セティボスという名前は、ウィリアム・シェイクスピア戯曲テンペスト』に登場する怪物キャリバンと母である魔女シコラクス、その母子の信仰する神セティボスにちなんで付けられた。題材となった『テンペスト』では、母のシコラクスからして息子キャリバンや主人公のプロスペロー等、数人の登場人物の口からしか出て来ない故人であり、その神セティボスに至ってはキャリバンの台詞のみ、それも数度しか出てこない。

なお、ウンブリエルには同じくセティボスに因んで命名された同名のクレーターが存在するが、そちらは綴りが Setibos と異なる。

特徴[編集]

セティボスの軌道要素はシコラクスプロスペローと類似しており、同じ力学的な集団に属していると考えられる。従って軌道要素の観点からは、これらの衛星は共通の起源を持つことが示唆される[1][18]。しかし観測されている表面の色には違いが見られ、色の観点からは異なる起源を持つ可能性もあるとされる[1]。セティボスの色指数は B-V = 0.77、R-V = 0.35 と可視光では中間的 (灰色) でプロスペローとは似ているが、淡い赤色を示すシコラクスとは似ていない[19]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h In Depth | Setebos – Solar System Exploration: NASA Science”. アメリカ航空宇宙局 (2017年12月5日). 2019年1月17日閲覧。
  2. ^ a b Planet and Satellite Names and Discoverers”. Planetary Names. 国際天文学連合. 2015年1月11日閲覧。
  3. ^ a b Sheppard, Scott S.; Jewitt, David; Kleyna, Jan (2005). “An Ultradeep Survey for Irregular Satellites of Uranus: Limits to Completeness”. The Astronomical Journal 129 (1): 518–525. arXiv:astro-ph/0410059. doi:10.1086/426329. ISSN 0004-6256. 
  4. ^ a b c d Jet Propulsion Laboratory (2013年8月23日). “Planetary Satellite Mean Orbital Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  5. ^ a b c Jet Propulsion Laboratory (2015年2月19日). “Planetary Satellite Physical Parameters”. Jet Propulsion Laboratory Solar System Dynamics. ジェット推進研究所. 2018年12月25日閲覧。
  6. ^ 天文年鑑 2019年版』 誠文堂新光社、208頁。ISBN 978-4416718025。
  7. ^ 衛星日本語表記索引”. 日本惑星協会. 2019年3月9日閲覧。
  8. ^ 太陽系内の衛星表”. 国立科学博物館. 2019年3月9日閲覧。
  9. ^ a b c Brian G. Marsden (1999年7月27日). “IAUC 7230: Prob. NEW Sats OF URANUS”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月17日閲覧。
  10. ^ a b c 天王星にまた2個の衛星を発見”. 国立天文台・天文ニュース. 国立天文台 (1999年7月29日). 2019年1月17日閲覧。
  11. ^ a b Brian G. Marsden (1999年9月4日). “IAUC 7248: Prob. NEW Sats OF URANUS”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月17日閲覧。
  12. ^ Brian G. Marsden (2000年3月24日). “IAUC 7385: S/1999 U 1, S/1999 U 2, S/1999 U 3”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月17日閲覧。
  13. ^ Brian G. Marsden (2000年7月8日). “IAUC 7450: S/1999 U 1; C/1998 K16, 1998 K17, 2000 M2”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月17日閲覧。
  14. ^ Gladman, B (2000). “The Discovery of Uranus XIX, XX, and XXI”. Icarus 147 (1): 320–324. doi:10.1006/icar.2000.6463. ISSN 00191035. 
  15. ^ Daniel W. E. Green (2000年8月21日). “IAUC 7479: COMET C/2000 O3 (SOHO); C/2000 P1, C/2000 P2; Sats OF URANUS; EDITORIAL NOTICE”. Central Bureau for Astronomical Telegrams. 国際天文学連合. 2019年1月17日閲覧。
  16. ^ 天王星の衛星3個に命名”. 国立天文台・天文ニュース. 国立天文台 (2000年8月24日). 2019年1月17日閲覧。
  17. ^ 天王星の衛星3個に命名”. アストロアーツ (2000年8月24日). 2019年1月17日閲覧。
  18. ^ Grav, Tommy; Holman, Matthew J.; Gladman, Brett J.; Aksnes, Kaare (2003). “Photometric survey of the irregular satellites”. Icarus 166 (1): 33–45. arXiv:astro-ph/0301016. doi:10.1016/j.icarus.2003.07.005. ISSN 00191035. 
  19. ^ Grav, Tommy; Holman, Matthew J.; Fraser, Wesley C. (2004-09-20). “Photometry of Irregular Satellites of Uranus and Neptune”. The Astrophysical Journal 613 (1): L77–L80. arXiv:astro-ph/0405605. Bibcode 2004ApJ...613L..77G. doi:10.1086/424997.