セデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セデス』(SEDES)は、シオノギヘルスケアから発売されている一般向けの鎮痛解熱薬である。名前は「鎮痛」を意味する英語 sedative に由来し、読みやすく印象に残る名称ということで回文スペルの「SEDES」となった[1]

製品概要[編集]

1939年(昭和14年)に塩野義商店(現・塩野義製薬)から「セデスシオノ」の名称で医療用医薬品として発売される。しかし間もなくして第二次世界大戦突入に伴う原料不足もあり、限られた量しか生産されることなく終戦を迎える。第二次世界大戦終了後、日本が徐々に活力を取り戻し始めた1950年(昭和25年)に「セデス」に品名を改め一般用医薬品としても発売される。

1960年(昭和35年)から、当時日活の女優として知られた清水まゆみを宣伝キャラクターに起用。歯痛用の包帯を頭の上で結んだ画像[2]と「頭が痛い ときすぐセデス」のキャッチコピーで一般に知名度を浸透させると共に、同社の一社提供番組「ミュージックフェア」でもテレビCMが放映されるようになる。

1976年11月には「セデス」から「セデスA」に品名が変わる。

非ピリン系の「新セデス錠(1987年4月2日発売)」、ピリン系の「セデス・ハイ(1993年7月26日発売)」があるが、2005年7月1日には、イブプロフェンを配合し、生理痛などを主眼とした若年女性向けに非ピリン系の「セデス・キュア」を発売。また2006年7月19日には、解熱鎮痛成分に加え、ビタミンB1誘導体(ジセチアミン塩酸塩水和物)を配合し、肩こりからくる頭痛や緊張型頭痛を主眼とした非ピリン系の「セデスV」が発売された。なお医療用のフェナセチンを含む組成の異なる「セデスG」もあったが、服用しつづけることによるフェナセチンによる腎障害などの副作用があり、2001年で製造中止になっている。

2009年春に既存の「セデス」全商品のパッケージデザインをリニューアルし、全商品が同一デザインとなった。また、2010年9月に「セデス・ハイ」と同一処方である「セデス」初の顆粒タイプである「セデス・ハイG」と「セデス」初の鎮痛消炎剤である「セデスV FR」を発売。さらに、翌月には服薬コンプライアンスの視点に立った「セデス・ファースト」を発売した。

2015年7月には、「新セデス錠」と「セデス・ハイ」に、プロモーションの連動企画としてドレスをモチーフとした期間限定パッケージ品を発売した(2016年1月末までの期間限定)。どちらも小容量の10錠入りでの発売だが、通常の「新セデス錠」は最少容量が20錠入りの為、「新セデス錠」の10錠入りは今回の期間限定パッケージ品に合わせて設定されたものである[3]

2016年4月に日本国内におけるコンシューマーヘルスケア事業の子会社設立による分社化に伴い、シオノギヘルスケアへ移管された。

ラインナップ[編集]

新セデス錠【指定第2類医薬品】
「ACE処方(アセトアミノフェン・無水カフェインエテンザミド)」にアリルイソプロピルアセチル尿素を配合した非ピリン系。青のパッケージ。2009年9月に大容量サイズの60錠を追加。
セデス・ファースト【指定第2類医薬品】
「新セデス錠」の処方をベースに、アリルイソプロピルアセチル尿素を胃粘膜保護成分の酸化マグネシウムに差し替え、フィルムコーティングを施した非ピリン系。現行の「セデス」シリーズで唯一、眠くなる成分(鎮静成分)無配合である。水色のパッケージ。
セデスキュア【指定第2類医薬品】
イブプロフェンにアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合した非ピリン系。ピンクのパッケージ。当初、他の「セデス」と異なり、イラスト入りのデザインとしていたが、2009年春のパッケージリニューアルに伴いデザインが統一され、内容量も変更された(従来設定されていた8錠・16錠を廃止し、10錠を新設定、30錠はパッケージを変更し継続販売)。
セデスV【指定第2類医薬品】
「新セデス錠」の処方をベースに、ビタミンB1誘導体(ジセチアミン塩酸塩水和物)を追加配合した非ピリン系。白のパッケージ。
セデス・ハイ【指定第2類医薬品】
イソプロピルアンチピリン(IPA)とアセトアミノフェンの2種類の解熱鎮痛成分に、アリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェインを配合したピリン系。銀のパッケージ。2009年8月に大容量サイズの40錠を追加。
セデス・ハイG【指定第2類医薬品】
「セデス・ハイ」と同一の有効成分を配合した顆粒タイプのピリン系。金のパッケージ。

販売終了品[編集]

セデスV FR【第2類医薬品】
シリーズ初の外用鎮痛消炎薬(外用鎮痛プラスター)。1枚にフェルビナク35mgを配合し、全方向伸縮タイプのテープを採用している。また、ナチュラルベージュの色調で微香性、3分割ピースを採用している。容量は16枚入りと32枚入りで大容量重視の構成となっている。VとFRの間にスペースが空いてあるのはホンダ・VFRとの商標侵害を回避させる為だと思われる(製造販売元:大石膏盛堂)。

関連医薬品[編集]

塩野義製薬が発売する処方箋医薬品の「SG配合顆粒」は、「セデスG」の成分をフェナセチンからアセトアミノフェンに変えたものである。シオノギヘルスケアが発売する一般用医薬品の「セデス・ハイG」は「SG配合顆粒」と同一処方(適応症)・同一剤形(顆粒状)の製品である。2016年現在、後発品はない。

CM出演者[編集]

現在
過去

※ なお現行のCMソング(痛くなったら、すぐセデス)は、荻野目洋子が出演し、1987年から放映されたCMで使われたものが、アンジェラ・アキが出演したCMを除き、今日まで使用されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シオノギ歴史館
  2. ^ 「歯痛用の包帯を頭の上で結んだ(女性の)画像」自体は、1950年代後半から既に新聞広告において使われていた(また、これに似た女性の画像は、同じ会社が製造販売していた感冒薬「ムルチン」の広告にもあった)。この画像のモデルは清水を始め、1960年代の一時期には渚まゆみが、1960年代末から1970年代には長きにわたり松谷紀代子が、それぞれ務めていた。
  3. ^ “解熱鎮痛薬「新セデス錠」「セデス・ハイ」の期間限定パッケージ品発売のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 塩野義製薬株式会社, (2015年7月8日), http://www.shionogi.co.jp/company/news/2015/qdv9fu000000qe3q-att/150708.pdf 2016年4月25日閲覧。