セトランス (エトルリア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セトランスSethlans)はエトルリア神話における鍛冶工芸の神。語源は共通しないが、ギリシャ神話ヘーパイストスエジプト神話プタハおよびローマ神話ウゥルカーヌスに相当する。

エトルリア固有の神々の一柱で、鍛冶の道具一式と尖り帽子を着用している姿で描かれる。

興味深い点として、ピアチェンツァの肝臓(Liver of Piacenza)には記載が無い。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Noted in this context by H.J. Rose, "The Cult of Volkanus at Rome", The Journal of Roman Studies 23 (1933:46-63) p. 49