セネシオニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セネシオニン
識別情報
CAS登録番号 130-01-8
PubChem 5280906
日化辞番号 J2.941F
KEGG C06176
RTECS番号 VT5710000
特性
分子式 C18H25NO5
密度 1.25 g/cm3
融点

236 °C

危険性
安全データシート(外部リンク) Chemicalbook.com
EU分類 有毒 T
引火点 294.7 °C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

セネシオニン: Senecionine)はピロリジジンアルカロイドの一種。アウレイン(Aureine)とも呼ばれる。分子式はC18H25NO5。類縁体にセネシオニンN-オキシドがある。

ナルトサワギクなどのキオン属及び、ヤコブボロギク (Jacobaea vulgaris L.) などの近縁種の成分であり、下痢嘔吐肝障害の原因となる。家畜がセネシオニンを含む植物を食べることによる中毒死がオーストラリアでは多く報告されている。

ピロリジジン環が縮環していないセンキルキン (Senkirkine) は強い肝毒性を示し、発がん性の虞れがある。

関連項目[編集]

ヤコブボロギクの花