セバスチャン・リュエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セバスチャン・リュエット
Sébastien Ruette
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1977-06-22) 1977年6月22日(41歳)
出身地 カナダの旗 カナダ
ケベック州の旗 ケベック州 ニコレ
ラテン文字 Sébastien Ruette
身長 200cm
体重 93kg
選手情報
ポジション OP
利き手
スパイク 362cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示

セバスチャン・リュエット(Sébastien Ruette, 1977年6月22日 - )は、フランスの男子バレーボール選手。カナダニコレ出身。ポジションはオポジット。元フランス代表カナダ代表

来歴[編集]

カナダのシャーブルック大学を卒業後、2000年にフランス・プロAパリ・バレーへ入団。翌年欧州チャンピオンズリーグで優勝し、4度のリーグ優勝(2000年、2001年、2002年、2003年)に貢献した。

2001年カナダ代表に選出。2002年世界選手権2003年ワールドカップのほか、2004年アテネオリンピック世界最終予選[1]など、カナダ代表として通算86試合に出場した[2]

2004年、スペインのパルマ・デ・マヨルカへ移籍。カナダとフランスの二重国籍問題を経てフランス代表に選出され、2006年ワールドリーグに出場。準優勝に貢献するとともにベストスコアラー賞を獲得した[2]。同年スペインでリーグ優勝とカップ優勝を飾ったのち、フランスへ戻り、トゥールVBへ移籍した。

2007年、手や肘、肩にできた多数の血栓によって右手の感覚機能が低下する病気を発症し、29歳で現役を引退した[2]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]