セバスティアン・ビダル (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
メハン・ガーデンにかってあったビダルの像

セバスティアン・ビダル(Sebastián Vidal y Soler、1842年 - 1889年7月28日)は、スペインバルセロナ出身の森林技術者、植物学者である。フィリピンに赴任し、フィリピンの植物の分類学に貢献した。

略歴[編集]

バルセロナで生まれた。1871年に当時スペイン領であったフィリピンに森林技術者として赴任し1873年までフィリピンで働いた。1876年に "Comisión de la Flora Forestal de Filipinas"の主任としてフィリピンに渡り、1878年から没する1889年まで、マニラ植物園(現在のメハン・ガーデン、1858年に創立)の園長を務め、フィリピン各地の植物、多くの標本集めた。そのマニラで保存されていた重要な標本は1897年の火災で失われたが、ヨーロッパに運ばれた標本はイギリスのキューガーデンやマドリード王立植物園に保存されている。

フィリピンの植物の本格的な分類学的な研究を行ったパイオニアで当時、イギリスのキューガーデンの職員であったロバート・アレン・ロルフェを含む植物学者と協力して分類、記載を行った[1]。マドリード王立植物園の標本は、ビダルの没後ベンハミン・ラグーナ(Benjamín Máximo Laguna y Villanueva)によって研究された。

キキョウ科の植物、Azorina vidaliiスイカズラ科の植物、Lonicera vidaliiなど多くの植物に献名されている。

S.Vidalは、植物の学名命名者を示す場合にセバスティアン・ビダル (植物学者)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

  • 1886. Revision de plantas vasculares Filipinas ... Estab. tipo-litográfico de M. Perze. 454 pp.
  • 1885. Phanerogamae Cumingianae Philippinarum: ó, Índice numèrico y catálogo sistemático de las plantas fanerogamas coleccionadas en Filipinas. M. Pérez Hijo. 217 pp. ヒュー・カミングと共著
  • 1883. Sinopsis de familias y generos de plantas leñosas de Filipinas: introducción á la flora forestal del archipelago filipino. Chofré y ca. 414 pp.
  • 1880. Catálogo metódico de las plantas leñosas silvestres y cultivadas observadas en la provincia de Manila. 48 pp. Reimprimió Kessinger Publ. 2010. 48 pp. ISBN 1162433973
  • 1874. Memoria sobre el ramo de montes en las Islas Filipinas ... Aribau y C.a. 454 pp. Reimprimió BiblioBazaar, 2010. 472 pp. ISBN 1147782954
  • 1874. Breve descripción de algunas de las maderas más importantes y mejor conocidas de las islas Filipīnas. M. Minuesa. 35 pp.
  • 1874. Estudio sobre el clima de Filipinas. M. Minuesa. 48 pp.

参考文献[編集]