セファゾリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 セファゾリン
Cefazolin.svg
Cefazolin ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
発音 [sɪˈfæzələn][1]
販売名 セファメジンα, Ancef, Cefacidal, other
Drugs.com monograph
胎児危険度分類
法的規制
  • JP: 処方箋医薬品
  • (Prescription only)
投与方法 点滴静注・筋肉内投与
薬物動態データ
生物学的利用能 NA
代謝 ?
半減期 1.8 hours (given IV)
2 hours (given IM)
排泄 主として尿中へ排泄される
識別
CAS番号
25953-19-9 チェック
ATCコード J01DB04 (WHO) QJ51DB04 (WHO)
PubChem CID: 33255
DrugBank DB01327 チェック
ChemSpider 30723 チェック
UNII IHS69L0Y4T チェック
KEGG D02299  チェック
ChEBI CHEBI:474053 チェック
ChEMBL CHEMBL1435 チェック
化学的データ
化学式 C14H14N8O4S3
分子量 454.51 g/mol
物理的データ
融点 198 - 200 °C (388 - 392 °F) (dec.)
テンプレートを表示

セファゾリン(Cefazolin, またはCefazolilne, またはCephazolin)は、多くの細菌感染症の治療に使用される抗生物質である[2]。具体的には、蜂巣炎尿路感染症肺炎心内膜炎関節感染症胆道感染症の治療に用いられる[2]。分娩前後や手術前のB群レンサ球菌感染症の予防にも用いられる[2]。投与法は筋肉注射または静脈注射が一般的である[2]

一般的な副作用は、下痢、嘔吐、イースト菌感染症アレルギー反応などがあげられる[2]ペニシリンの服用によるアナフィラキシーの既往歴がある人への投与は勧められない[3]妊娠中や授乳中の人への投与は比較的安全である[2][4]

セファゾリンは、第一世代のセファロスポリン系の薬であり、細菌の細胞壁を阻害することにより効果がある[2]

セファゾリンは、1967年に特許認可され、1971年に商品化された[5]世界保健機関の必須医薬品モデル・リストに掲載されており、医療制度に必要とされる最も効果的で安全な医薬品である[6]後発医薬品として入手できる[2]開発途上国の卸売価格は1日分当たり約1.20から1.41米ドルである[7]。米国での一貫の治療にかかる費用は$25~$50米ドルである[4]

効能・効果 [編集]

  • 適応菌種
  • 適応症
  • 敗血症感染性心内膜炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、関節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、腹膜炎、胆のう炎、胆管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎、眼内炎(全眼球炎を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎

出典[編集]

  1. ^ "Cefazolin". Merriam-Webster Dictionary. 2016年1月21日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h Cefazolin Sodium”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2016年12月8日閲覧。
  3. ^ WHO Model Formulary 2008. World Health Organization. (2009). p. 106. ISBN 9789241547659. オリジナルの13 December 2016時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161213060118/http://apps.who.int/medicinedocs/documents/s16879e/s16879e.pdf 2016年12月8日閲覧。 
  4. ^ a b Hamilton, Richart (2015). Tarascon Pocket Pharmacopoeia 2015 Deluxe Lab-Coat Edition. Jones & Bartlett Learning. p. 84. ISBN 9781284057560 
  5. ^ Fischer, Janos; Ganellin, C. Robin (2006) (英語). Analogue-based Drug Discovery. John Wiley & Sons. p. 493. ISBN 9783527607495. オリジナルの2017-09-10時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170910171829/https://books.google.com/books?id=FjKfqkaKkAAC&pg=PA493 
  6. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月8日閲覧。
  7. ^ Single Drug Information | International Medical Products Price Guide”. 2020年1月8日閲覧。