セブンリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セブンリーグ(SEVEN LEAGUE)は、1995年山佐が開発・販売したパチスロ機である。

概要[編集]

山佐にとってはダイバーズXXに続く4号機第3弾であるこの機種は、ビッグボーナスシングルボーナスの集中を搭載したA-Cタイプである。

特徴[編集]

ゲーム性はA-Cタイプであるが、集中はパンク確率が設定1では21分の1、設定6でも38分の1と高くロング継続は期待できない。その代わりビッグボーナス確率は設定1でも252分の1、設定4以上は約241分の1と高く、当時山佐はこの機種のことを「AA-C」タイプ(ビッグボーナス主体のCタイプという意味)として宣伝していた。

ビッグ確率は設定差がさほどないものの、集中の確率は大きく開きがある(設定1が819分の1、設定6が241分の1)。レギュラーボーナスが搭載されていないため、集中役でしのぎつつビッグボーナスに期待するゲーム性である。

ビッグボーナス絵柄には7と緑色の怪獣で名前は「パーキー君」。キーパーの格好をしている。

リーチ目はボーナス絵柄を主体とする山佐パターンで構成されている。レギュラーボーナスが無いためリーチ目出現=ビッグボーナス確定である。

左リールにはチェリーの形に似た「シューズ」が0枚役として存在し、これがこれまでのパルサーシリーズでいうチェリーの働きをした。チェリー付きリーチ目は本来ならボーナス成立後でないと出現しないが、この機種では0枚役なので即出現することもある。

集中役に関してはリーチ目や告知がない。また、パンク確率が高い。

本物のチェリーも存在するが、引き込み率の関係で抽選確率が低い(約241分の1)。左リールにはボーナス絵柄から離れた位置で2連の形で配置してある。3枚がけでは絶対に2連チェリーが枠内に停止することはないため、成立した場合は必ず角チェリー(4枚)で停止する。

7枚役のホーンはビッグボーナス中は10枚役に変化する。このように通常時とボーナス中で獲得枚数が違うというのはこの機種が最初である。

基本的に適当押しで構わないが、ハサミ打ちなど中リールを最後に押す場合や中段にシングルを揃える時に、1ヶ所だけ取りこぼす位置がある。

ボーナス確率・機械割[編集]

設定 BIG 集中 パンク 機械割
 1 1/252.06 1/819.2 1/21.28  94.5%
 2 1/248.24 1/585.14 1/25.17  96.8%
 3 1/244.54 1/455.11 1/27.72  99.1%
 4 1/240.94 1/372.36 1/29.68 101.4%
 5 1/240.94 1/315.08 1/34.35 103.7%
 6 1/240.94 1/273.07 1/38.55 106.1%

※ 機械割はメーカー発表のもの