セブン・フィナンシャルサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セブン&アイ・ホールディングス > セブン・フィナンシャルサービス
株式会社セブン・フィナンシャルサービス
Seven Financial Service Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-8437
東京都千代田区二番町4-5
設立 1975年12月
法人番号 3010001088493
事業内容 金融サービス事業、総合ファイナンス業
代表者 代表取締役社長 水落辰也
資本金 75百万円
発行済株式総数 75万株
売上高 345億9900万円(2019年02月28日時点)[1]
営業利益 45億5800万円(2019年02月28日時点)[1]
経常利益 48億6400万円(2019年02月28日時点)[1]
純利益 31億6900万円(2019年02月28日時点)[1]
純資産 616億2600万円(2019年02月28日時点)[1]
総資産 2613億0900万円(2019年02月28日時点)[1]
決算期 2月末日
主要株主 株式会社セブン&アイ・ホールディングス 100%
主要子会社 セブン・カードサービス
外部リンク https://www.7fin.jp/
テンプレートを表示

株式会社セブン・フィナンシャルサービスSeven Financial Service Co.,Ltd.)は、セブン&アイグループ金融関連事業の会社。

概説[編集]

2008年3月に、セブン&アイグループの金融関連事業を集約するために、中間持株会社として設立された株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループが事実上の前身会社である。その際に傘下に収めた事業子会社との間で、2011年3月に再編・合併し、株式会社セブン・フィナンシャルサービスとなった。現在は、以下の事業会社を子会社としている。また、ライフネット生命保険株式会社にも9.64%出資している。

2012年3月に、子会社のヨークインシュアラスを吸収合併し、リース事業と保険代理店事業の統合をした。

傘下子会社[編集]

かつての子会社[編集]

  • 株式会社ヨークインシュアラス(保険代理業・100%出資、2012年3月に吸収合併)

沿革[編集]

セブン&アイ・フィナンシャル・グループ[編集]

  • 2008年3月1日
    • 株式会社セブン&アイ・ホールディングスが、完全子会社として株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループを設立。
    • 株式会社セブン&アイ・ホールディングス及び株式会社セブン-イレブン・ジャパンが、それぞれ金融関連事業管理事業について会社分割(吸収分割)を実施し、株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループに承継させて、グループの金融関連事業管理事業を集約。これにより、株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループは、株式会社アイワイ・カード・サービス、株式会社ヨークインシュアランス、株式会社SEキャピタル、株式会社セブン・キャッシュワークスの4社を子会社化。
  • 2010年9月10日 - 株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループと株式会社そごう・西武が、株式会社クレディセゾンとの間でカード事業について包括的業務提携契約を締結。
  • 2010年9月17日 - 業務提携に基づき、株式会社クレディセゾンが、カード事業統合準備会社として株式会社セブンCSカードサービスを設立。
  • 2010年10月1日 - 子会社の株式会社アイワイ・カード・サービスが、株式会社セブン・カードサービス商号変更。

セブン・フィナンシャルサービス[編集]

  • 2011年3月1日 - 株式会社SEキャピタルを存続会社として、株式会社セブン&アイ・フィナンシャル・グループと株式会社セブン・キャッシュワークスを吸収合併。同時に、株式会社SEキャピタルが、株式会社セブン・フィナンシャルサービスに商号変更。
  • 2011年4月1日 - 株式会社クレディセゾンが、カード事業について会社分割を実施し、子会社の株式会社セブンCSカードサービスが承継。同時に、株式会社セブン・フィナンシャルサービスが、株式会社セブンCSカードサービスの株式51%を取得し、合弁会社化。
  • 2012年3月1日 - 株式会社セブン・フィナンシャルサービスが、株式会社ヨークインシュアラスを吸収合併[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 株式会社セブン・フィナンシャルサービス 第44期決算公告
  2. ^ 合併に関するお知らせ 株式会社セブン&アイ・ホールディングス・ニュースリリース2012年1月18日

関連項目[編集]