セマルグル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セマルグル

セマルグル[1](Semargl。ウクライナ語: Симаргл, Семаргл、またはシマルグル (Simargl))は、スラヴ神話である。グリフォンに似た姿で表現されている[2]

概要[編集]

セマルグルの名前は、アヴェスター語パフラヴィー語ペルシア語で「聖なる鳥」を意味する単語に由来している[2]ウラジーミル1世の、キリスト教導入以前の宗教政策において、スラヴ外から持ち込まれた神であり、その起源はイラン神話に登場するシームルグである。キエフやリャザンで見つかった、12世紀から13世紀頃のものと考えられている銀製の腕輪には、体が鳥と動物の要素の入り交じった生き物が彫刻されたものがあるが、一部の研究者はその生き物をセマルグルだと考えている。その生き物は、古代ペルシアで作られた金製または銀製の皿に彫刻されたシームルグに似ている[3]

キエフの丘に祀られた神々の1柱であり[4]、しばしば女神モコシと関連付けられている。つまり、大女神に寄り添いその守護者でもある聖獣の類であるとか、大女神が「畑」に撒いた種子を神格化したものであるなどといわれ[要出典]、農耕と植物の生育にかかわる神だとされる[3]。一方、寒気と霜の神という説もある[5]

これとは逆にその名を「七つの頭」と解して、ペルーンダジボーグモコシストリボーグホルスなどの7柱の神を統合させた存在であるとする説もある[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤 (2002) ではセマルグル中堀 (2014) ではセマールグルワーナー,斎藤訳 (2004)では シマリグル清水 (1995) ではシマルィグル
  2. ^ a b 中堀 (2014), p.300.
  3. ^ a b ワーナー,斎藤訳 (2004), p.22.
  4. ^ 清水 (1995), p.49.
  5. ^ 清水 (1995), p.47.
  6. ^ 伊藤 (2002), p.54.

参考文献[編集]

  • 伊東一郎 「スラヴの神話伝説」『世界の神話伝説総解説』 吉田敦彦他共著、自由国民社〈Multibook〉、2002年7月、改訂増補版、pp.51-61。ISBN 978-4-426-60711-1。
  • 清水睦夫 「ロシア国家の起源」『ロシア史1:9世紀-17世紀』 田中陽兒、倉持俊一、和田春樹編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1995年9月。ISBN 978-4-634-46060-7。
  • 中堀正洋 「セマールグル」『神の文化史事典』 松村一男、平藤喜久子、山田仁史編、白水社2013年2月、p.300。ISBN 978-4-560-08265-2。
  • ワーナー, エリザベス 『ロシアの神話』 斎藤静代訳、丸善〈丸善ブックス 101〉、2004年2月。ISBN 978-4-621-06101-5。