セマングム開発庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大韓民国の旗 韓国の行政官庁
Emblem of the Government of the Republic of Korea.svg セマングム開発庁
새만금개발청
役職
庁長 李哲雨(イ・チョルウ)
次長 金景旭(キム・ギョンウク)
概要
所在地 全羅北道群山市セマングム北路466
定員 133人
年間予算 歳入:12億6500万ウォン
歳出:2561億8100万ウォン
設置 2013年9月12日
前身 文化体育観光部セマングム開発課
農林畜産食品部セマングム開発課
ウェブサイト
セマングム開発庁
テンプレートを表示
セマングム開発庁
各種表記
ハングル 새만금개발청
漢字 새萬金開發廳
発音 セマングム ケバルチョン
日本語読み: せまんぐむ かいはつちょう
英語表記: Korea Agency for Saemangeum Development and Investment
テンプレートを表示

セマングム開発庁(セマングムかいはつちょう、Korea Agency for Saemangeum Development and Investment)は、大韓民国における国土交通部傘下の国家行政機関セマングム干潟干拓事業に関する業務を担当する。2013年9月12日設置。

設置根拠と所管事務[編集]

設置根拠[編集]

  • 「セマングム事業推進及び支援に関する特別法」第34条第1項

所管事務[編集]

  • セマングム事業の総括・調整
  • 基本計画樹立と変更
  • セマングム事業地域での行為許可
  • 開発計画の樹立と実施計画の承認
  • 造成土地等の供給計画の承認
  • 竣工検査
  • 前受金の承認
  • セマングム事業地域の災害・災難の管理
  • セマングム事業投資誘致などに関する事務

沿革[編集]

  • 2013年5月6日 - 国土交通部にセマングム開発庁設立準備団を設置。
  • 2013年9月12日 - 国土交通部の外庁としてセマングム開発庁を設置。
  • 2018年12月10日 - 全羅北道郡山市へ庁舎移転。

組織[編集]

庁長[編集]

代弁人室

次長[編集]

  • 運営支援課
企画調整官室
  • 企画財政担当官室
  • 革新行政担当官室
  • 情報民願担当官室
開発戦略局
  • 計画総括課
  • 新産業戦略課
  • 基盤施設課
  • 交流協力課
開発事業局
  • 事業総括課
  • 産業振興課
  • 国際都市課
  • 観光振興課

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]