セリエA (サッカー) 1951-1952

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
セリエA (サッカー)  > セリエA (サッカー) 1951-1952
セリエA
Serie A
シーズン 1951-1952
優勝 ユヴェントス(9回目)
降格 ルッケーゼ
パドヴァ
レニャーノ
試合数 380
ゴール数 1101 (1試合平均2.9)
得点王 デンマークの旗 ヨン・ハンセン(30得点)

セリエA 1951-1952は、1898年に創設されてから50回目のイタリアサッカーリーグのトップディビジョンであり、1リーグ制で開催された20回目のシーズンである。前年優勝チームはミラン

概要[編集]

1950-1951年シーズンのセリエAからローマジェノアセリエBへ降格し、代わりにスパルレニャーノがセリエAへ昇格した。

当初、1952-1953年シーズンの参加チーム数を18に削減するために今シーズン終了時にセリエAの下位3チームが降格し、セリエBの優勝チームのみが昇格するレギュレーションが予定されていた。しかし、イタリアサッカー連盟のオットリーノ・バラッシ会長によって、前年に降格したローマとジェノアに配慮したレギュレーションに変更され、セリエAの最下位から4番目のチームとセリエBの2位チームが入れ替え戦を行うことになった(最大2チームが昇格)。

ユヴェントス1949-1950年シーズン以来通算9回目のスクデットを獲得した。ユヴェントスのヨン・ハンセンが得点王に輝いた。

1951-1952年シーズンのセリエAのクラブ[編集]

チーム名 前年成績 セリエA通算在籍年数
アタランタ 14位 09シーズン連続10回目
ボローニャ 06位 20シーズン連続20回目
コモ 08位 03シーズン連続03回目
フィオレンティーナ 05位 10シーズン連続17回目
インテル 02位 20シーズン連続20回目
ユヴェントス 03位 20シーズン連続20回目
ラツィオ 04位 20シーズン連続20回目
レニャーノ 昇格 18シーズンぶり02回目
ルッケーゼ 15位 05シーズン連続08回目
ミラン 01位 20シーズン連続20回目
ナポリ 06位 02シーズン連続17回目
ノヴァーラ 12位 04シーズン連続08回目
パドヴァ 18位 04シーズン連続07回目
パレルモ 10位 04シーズン連続08回目
プロ・パトリア 10位 05シーズン連続09回目
サンプドリア 12位 06シーズン連続06回目
スパル 昇格 01回目
トリノ 15位 20シーズン連続20回目
トリエスティーナ 15位 20シーズン連続20回目
ウディネーゼ 09位 02シーズン連続02回目

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 ユヴェントス (C) 38 26 8 4 98 34 +64 60 ラテン・カップ 1952に出場
2 ミラン 38 20 13 5 87 41 +46 53
3 インテル 38 21 7 10 86 49 +37 49
4 フィオレンティーナ 38 17 9 12 52 38 +14 43
4 ラツィオ 38 15 13 10 60 49 +11 43
6 ナポリ 38 17 8 13 64 44 +20 42
7 サンプドリア 38 16 9 13 48 40 +8 41
8 ノヴァーラ 38 16 8 14 62 62 0 40
9 スパル 38 12 13 13 52 50 +2 37
9 プロ・パトリア 38 12 13 13 47 62 -15 37
11 パレルモ 38 11 14 13 43 51 -8 36
12 アタランタ 38 13 8 17 54 61 -7 34
12 コモ 38 15 4 19 53 70 -17 34
12 ウディネーゼ 38 11 12 15 43 62 -19 34
12 トリノ 38 12 10 16 39 58 -19 34
16 ボローニャ 38 11 11 16 45 55 -10 33
17 トリエスティーナ 38 11 10 17 47 68 -21 32 プレーオフに出場
18 ルッケーゼ (R) 38 11 10 17 39 49 -10 32
19 パドヴァ (R) 38 10 9 19 45 73 -28 29 セリエB 1952-1953へ降格
20 レニャーノ (R) 38 4 9 25 37 85 -48 17

出典: Italy 1951/52 - RSSSF(英語), フランコ・チェレッティ 『セリエAの20世紀』 横山修一郎(訳)、ビクターブックス、2000年3月9日、328頁。
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

プレーオフ[編集]

順位決定戦[編集]

17位タイのトリエスティーナとルッケーゼは中立地で順位決定戦を行った。

チーム #1 スコア チーム #2
ルッケーゼ 3-3
延長戦
トリエスティーナ
再試合
トリエスティーナ 1-0 ルッケーゼ


勝者(17位)のトリエスティーナは入れ替え戦に出場、敗者(18位)のルッケーゼはセリエB降格が決定した。

セリエA/セリエB入れ替え戦[編集]

セリエAで17位のトリエスティーナセリエBで2位のブレシアが中立地で入れ替え戦を行った。

チーム #1 スコア チーム #2
トリエスティーナ 1-0 ブレシア

勝利したトリエスティーナのセリエA残留が決定した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • フランコ・チェレッティ 『セリエAの20世紀』 横山修一郎(訳)、ビクターブックス、2000年3月9日。ISBN 4-89389-163-4。 120、122、328頁。