セリエA (サッカー) 2014-2015

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セリエA (サッカー) 2014-2015は、現在の形になった1929-1930シーズンから83シーズン目のセリエA。2014年8月30日に開幕し、2015年5月31日まで行われる。

順位表[編集]

チーム 出場権または降格
1 ユヴェントス 38 26 9 3 72 24 +48 87 UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16グループステージに出場
2 ローマ 38 19 13 6 54 31 +23 70
3 ラツィオ 38 21 6 11 71 38 +33 69 UEFAチャンピオンズリーグ 2015-16プレーオフに出場
4 フィオレンティーナ 38 18 10 10 61 46 +15 64 UEFAヨーロッパリーグ 2015-16グループステージに出場 1
5 ナポリ 38 18 9 11 70 54 +16 63
6 ジェノア 38 16 11 11 62 47 +15 59
7 サンプドリア 38 13 17 8 48 42 +6 56 UEFAヨーロッパリーグ 2015-16予選3回戦に出場 1
8 インテル 38 14 13 11 59 48 +11 55
9 トリノ 38 14 12 12 48 45 +3 54
10 ミラン 38 13 13 12 56 50 +6 52
11 パレルモ 38 12 13 13 53 55 −2 49
12 サッスオーロ 38 12 13 13 49 57 −8 49
13 ヴェローナ 38 11 13 14 49 65 −16 46
14 キエーヴォ 38 10 13 15 28 41 −13 43
15 エンポリ 38 8 18 12 46 52 −6 42
16 ウディネーゼ 38 10 11 17 43 56 −13 41
17 アタランタ 40 7 18 15 38 57 −19 39
18 カリアリ 38 8 10 20 48 68 −20 34 セリエBへ降格
19 チェゼーナ 38 4 12 22 36 73 −37 24
20 パルマ 38 6 8 24 33 75 −42 19 セリエDへ降格

最終更新は2014-2015シーズン終了時の試合終了時
出典: セリエA
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.
1 コッパ・イタリア2014-2015の優勝チームのユヴェントスがUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得しているため、5位のナポリにUEFAヨーロッパリーグ グループステージ出場権が与えられた。また6位のジェノアがUEFAライセンスを有していなかったため、7位のサンプドリアにUEFAヨーロッパリーグ予選3回戦への出場権が与えられた。
2 パルマには、選手に対する賃金未払いのペナルティとして勝点-7の処分が科せられている[1]。またシーズン終了後の2015年6月22日の締め切りまでに新スポンサーが決まらなかったため、規定によりセリエB(2部)ではなく、3階級下のセリエD(4部)に降格された。

脚注[編集]