セルゲイ・グリンコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
セルゲイ・グリンコフ
Sergei GRINKOV
Russian figure skater pictogram 2.png
世界フィギュアスケート殿堂 1995Gordeeva and Grinkov on a Stamp of Azerbaijan 507.jpg
切手に描かれたグリンコフとゴルデーワ
選手情報生年月日 (1967-02-04) 1967年2月4日没年月日 (1995-11-20) 1995年11月20日(28歳没)代表国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic (1954–1991).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ死没地 レークプラシッド元パートナー エカテリーナ・ゴルデーワ元コーチ スタニスラフ・ジューク
スタニスラフ・レオノビッチ元振付師 マリナ・ズエワ
タチアナ・タラソワ引退 1990年、1994年記録 世界選手権 ペア最年少優勝
受賞
 
大会成績
国際スケート連盟主催大会 1 2 3
オリンピック 2 0 0
世界選手権 4 1 0
欧州選手権 3 1 0
世界ジュニア選手権 1 0 0
合計数 10 2 0
国内大会 1 2 3
ロシア選手権 2 1 0
フィギュアスケート
オリンピック
Olympic rings with transparent rims.svg
1988 カルガリー ペア
1994 リレハンメル ペア
世界選手権
1986 ジュネーヴ ペア
1987 シンシナティ ペア
1988 ブダペスト ペア
1989 パリ ペア
1990 ハリファックス ペア
欧州選手権
1986 コペンハーゲン ペア
1988 プラハ ペア
1990 レニングラード ペア
1994 コペンハーゲン ペア
世界ジュニア選手権
1985 コロラドスプリングス ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

セルゲイ・ミハイロヴィチ・グリンコフロシア語: Сергей Михайлович Гриньков[1]1967年2月4日 - 1995年11月20日)は、旧ソビエト連邦出身の男性フィギュアスケート選手。1988年カルガリーオリンピック、1994年リレハンメルオリンピックペア金メダリスト。1986年、1987年、1989年、1990年世界フィギュアスケート選手権ペアチャンピオン。パートナーは妻でもあったエカテリーナ・ゴルデーワ。歴史の中で最も影響力があり、有名で、多くの人がこれまでで最高のペアであると考えられています[2]

経歴[編集]

1981年Vladimir Zaharovコーチの指示で4歳下のエカテリーナ・ゴルデーワとペアを組む。1983年ナデジダ・ゴルシコワがコーチ、マリナ・ズエワが振付師になる。

1985年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。同年秋、シニアに転向し、スタニスラフ・ジュークにコーチ変更し、1986年世界フィギュアスケート選手権優勝。

1986年7月スタニスラフ・レオノビッチにコーチ変更する。1987欧州選手権は失格。1987世界フィギュアスケート選手権優勝。

1988年カルガリーオリンピックで金メダルを獲得。

1989年、1990年と世界フィギュアスケート選手権優勝。直後アマチュアを引退し、プロに転向。1991年4月、エカテリーナ・ゴルデーワと結婚。

1993-1994年シーズンのプロ解禁に伴いリレハンメルオリンピックに出場し金メダルを獲得。オリンピック後には再びプロスケーターとして活動を始めた。

1995年11月20日、レークプラシッドで心臓発作のため死去。同年世界フィギュアスケート殿堂入り。


主な戦績[編集]

大会/年 83-84 84-85 85-86 86-87 87-88 88-89 89-90 90-91 91-92 92-93 93-94
オリンピック 1 1
世界選手権 1 1 2 1 1
欧州選手権 2 WD 1 1
スケートカナダ 1 2 1
モスクワ国際 4 1
NHK杯 1
ロシア選手権 6 2 1 1
世界Jr.選手権 5 1
世界プロ選手権 2 1 1 1

脚注[編集]

  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Sergei Mikhailovich Grinkov
  2. ^ Right on Target”. International Figure Skating (July–August 1996). 2009年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月12日閲覧。