セルゲイ・セマク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
セルゲイ・セマク Football pictogram.svg
Sergei Semak 2011.jpg
名前
本名 セルゲイ・ボグダノヴィッチ・セマク
Sergei Bogdanovich Semak
ラテン文字 Sergei SEMAK
ロシア語 Сергей Богданович Семак
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1976-02-27) 1976年2月27日(42歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦・シチャンスケ
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992 ロシアの旗 プレスニャ・モスクワ 19 (4)
1992 ロシアの旗 ペトロザヴォドスク 3 (0)
1993-1994 ロシアの旗 アスマラル・モスクワ 21 (3)
1994-2004 ロシアの旗 CSKAモスクワ 289 (69)
2005-2006 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 26 (1)
2006-2007 ロシアの旗 FCモスクワ 64 (13)
2008-2010 ロシアの旗 ルビン・カザン 61 (12)
2010-2013 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク 49 (10)
通算 532 (112)
代表歴2
1997-2010[1] ロシアの旗 ロシア 64 (5)
監督歴
2013-2016 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク (アシスタント)
2014 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク (暫定)
2014-2016 ロシアの旗 ロシア (アシスタント)
2017-2018 ロシアの旗 FCウファ
2018- ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
1. 国内リーグ戦に限る。2013年10月21日現在。
2. 2010年3月4日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

セルゲイ・セマクロシア語: Сергей Богданович Семак, 1976年2月27日 - )は、ウクライナ出身の元ロシア代表サッカー選手。サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。現在はロシアサッカー・プレミアリーグFCゼニト・サンクトペテルブルクの監督を務めている。

経歴[編集]

セマクは、ウクライナルハンシク州・シチャンスケ村で生まれた。1992年、FCプレスニャ・モスクワでプロデビュー。同年の後半には、FCカレリア・ペトロザヴォドスクでプレーするが、1993年にFCプレスニャ・モスクワに復帰する(後にプレスニャ・モスクワはアスマラル・モスクワと改称している)。1994年、PFC CSKAモスクワへ移籍。キャプテンとして、ロシア・リーグ1回、ロシア・カップ2回、2004-05シーズンのUEFAカップ制覇に貢献した。2005年、フランスパリ・サンジェルマンFCへ移籍。それなりの出場機会を与えられたものの、わずか1年でロシアへ帰国し、2006年、FCモスクワへ移籍。2008年、FCルビン・カザンへ移籍。1年目ながらも、キャプテンとしてルビン・カザン躍進の立役者として初のリーグ優勝に貢献した。2010年8月、ルビン・カザンでチームメイトであったアレクサンドル・ブハロフと共にFCゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍。

2013年夏に現役を引退、2014年3月11日、古巣ゼニト・サンクトペテルブルクの暫定監督に就任した[2]

代表歴[編集]

セマクは1997年に国際試合初出場を果たし、2002 FIFAワールドカップにも出場した。

2006年にフース・ヒディンクが代表監督に就任すると、セマクは居場所を失い、EURO2008予選では代表から外された。しかし、本大会直前に代表チームに呼び戻された。EURO2008開幕前の親善試合であるカザフスタン戦では初めてロシア代表のキャプテンを務めた。EURO2008のオランダ戦では、代表通算50試合出場を達成した。

2009年に入ってからは、キャプテンの座をアンドレイ・アルシャーヴィンに譲っているが、アルシャーヴィン不在時にはキャプテンを務めている。

人物[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Sergei Bogdanovich Semak - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/semak-intl.html 
  2. ^ ゼニト、スパレッティ解任を正式発表”. Goal. 2014年3月12日閲覧。