セルゲイ・ボドロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
セルゲイ・ボドロフ
Сергей Бодров
セルゲイ・ボドロフСергей Бодров
2009年のヴェネツィア国際映画祭にて
生年月日 1948年6月28日(68歳)
出生地 ハバロフスク
国籍 ロシアの旗 ロシア
配偶者 Carolyn Cavallaro

セルゲイ・ボドロフ(Sergei Bodrov,ロシア語;Сергей Бодров, 1948年6月28日 - )はロシアハバロフスク出身の映画監督脚本家プロデューサー

来歴[編集]

1970年代後半から映画製作をはじめ、これまで20本以上の作品を監督している。

監督デビュー作である1985年の『Neprofessionaly』にてトリノ国際映画祭の審査員賞を受賞。続く1989年の『自由はパラダイス』にてモントリオール世界映画祭の最優秀作品賞を受賞、更にはベルリン国際映画祭のウォルフガング・シュタウデ賞(新人賞)を受賞するなど、国際的な評価を確実なものにした。

近年では1996年の『コーカサスの虜』、2007年の『モンゴル』と2度、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた。

2002年に俳優である息子セルゲイ・ボドロフ・Jrが映画撮影中の雪崩で死亡している。

2009年には第66回ヴェネツィア国際映画祭の審査員を務めた。

主な作品[編集]

監督[編集]

  • Neprofessionaly (1985) デビュー作
  • 自由はパラダイス S.E.R. - Svoboda eto rai (1989) 兼・脚本
  • モスクワ・天使のいない夜 Ya khotela uvidet angelov (1992) 兼・脚本
  • コーカサスの虜 Kavkazskiy plennik (1996) 兼・脚本
  • ランニング・フリー ~アフリカの風になる~ (1999)
  • ベアーズ・キス Bear's Kiss (2002)
  • レッド・ウォリアー Көшпенділер (2005)
  • モンゴル (2007)
  • ヤクザガール(原題) Дочь якудзы (2010)(第3回したまちコメディ映画祭in台東にて上映)
  • セブンス・サン 魔使いの弟子 Seventh Son (2014)

脚本のみ[編集]

  • サムバディ・トゥ・ラブ Somebody to Love (1994)
  • イースト/ウェスト 遙かなる祖国 Est - Ouest (2000)