セルゲイ・ヤホントフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セルゲイ・エヴゲニエヴィチ・ヤホントフСергей Евгеньевич Яхонтов1926年12月13日 - 2018年1月28日)は、ソ連ロシア言語学者中国語の文法・音韻の研究で知られる。

生涯[編集]

ヤホントフはレニングラードに生まれた。1945年にレニングラード大学に入学して中国語を学んだ。1953年に大学院を修了し、同大学の中国文献学講師に就任した。1954年に論文「中国語の動詞範疇」で博士の学位を取得した。1956年に准教授に昇任した。

ヤホントフは『言語学百科事典』の多くの項目を執筆した[1]

2018年に没した[2]

主要な著作[編集]

  • Категория глагола в китайском языке (中国語の動詞範疇). Издательство Ленинградского университета. (1957). 
邦訳:ヤーホントフ, С.Е.『中国語動詞の研究』橋本萬太郎訳、白帝社、1987年。[3]
  • Фонетика китайского языка 1 тысячелетия до н.э. (система финалей)紀元前1千年紀の中国語の音声、韻母の体系)”. Проблемы востоковедения 2: 137-147. (1959). 
  • Фонетика китайского языка 1 тысячелетия до н.э. (лабиализованные гласные)(紀元前1千年紀の中国語の音声、円唇母音)”. Проблемы востоковедения 6: 102-115. (1960). 
  • Сочетания согласных в древнекитайском языке(古代中国語の子音連結)”. Труды XXV Международного конгресса востоковедов. 5. Доклады делегации СССР. (1960). 
中古音二等韻上古音で -l- を持っていたと主張した有名な論文。
  • Древнекитайский язык (古代中国語). Издательство Наука. (1965). 

1986年に主要な論文が中国語に翻訳出版された。

  • 『漢語史論集』唐作藩・胡双宝、北京大学出版社、1986年。

脚注[編集]

  1. ^ Лингвистический энциклопедический словарь”. Советская энциклопедия (1990年). 2015年4月13日閲覧。たとえば漢字(Китайское письмо)の項など
  2. ^ Alain Peyraube (2019). “Sergei Evgenyevich Yakhontov (1926-2018)”. Journal of Chinese Linguistics 47 (1): 315-320. doi:10.1353/jcl.2019.0013. 
  3. ^ 1959年以降『中国語学』に連載していたもの
略伝